FC2ブログ
2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2017/10/14

日経平均、21年ぶりの2万1000円台。メルト・アップ?


株がとにかく、高いのです。

日経平均は、9日連騰で、1996年12月、20年ぶりの2万1000円台、

2万1155円で終了。

これは、米国の株高(トランプラリー)に引きづられているだけ、と思います。

(日産や、神戸製鋼による、日本の製造業の屋台骨をゆるがすような、

悪事が公になっている現在、 株高になるのは、どうか)


ダウは、2万2871ドル、史上最高値を連日のように更新し、

2万3000ドルが射程に入ってきています。

株高は、米国、日本だけでなく、ヨーロッパでも(ドイツでも史上最高値)、

アジアの諸国でも(タイではトムヤムクン・ショック以来の最高値)起こっています。


基本的には、世界の経済成長が確認されていることがあるでしょうが、

成長率3.6%に上振れ IMF世界予測、日本1.5%

IMF世界経済見通し ―新興国主導の経済成長へ - 野村アセットマネジメント

なんといっても、とどまることを知らない、「トランプラリー」のためでしょう。

北朝鮮と軍事行動、一触即発の舌戦を繰り広げても、

国内で、歴史上最大の銃乱射殺人事件がおきても、

トランプラリーは止まりません。

それを支えている現在のポイントは、大減税政策への期待です。

共和党の重鎮とケンカしたりなど、

その実現が危惧されるようなことが様々に報道されても、

マーケットは(メディアには、もう)動かされないようです。


もう、これは、「メルト・アップ」の始まりだ、という意見もあります。

Some investors see signs stock market ‘on verge’ of a melt-up


メルト・ダウンは、ご存知、大暴落のことですが、

メルト・アップとは、その逆で、一気の上昇、大暴騰ですが、

とくに、「株価が上昇するとは考えられない理由が十分あるにもかかわらず、

大幅な株高が上昇する状況を指す」とのことです。

まさに現状を言い当てている、のではないでしょうか。

驚くことに、今、株がバブルだ、と言う意見は見かけません。

いつまで、続くののか、

トランプ大統領が元気なうちは、続く、のでしょうか。

その元気度について言えば、

トランプ改革の目玉のひとつ、「オバマケア法案」を廃して、

「トランプケア法案」を導入することは、

議会で多数派の共和党であっても、長い間かけて実現できず、

(共和党内で、意見一致しない)

手こずり、あきらめて、

「税制改革法案」に重点を移したかに見えていたのですが、

これをこのまま放置しては、「税制改革案」の成功にも影響すると考えたのか、

議会を通さずに、「オバマケア」を「骨抜き」にする「大統領令」を発する、

という手段に打って出ました。

これで、今、トランプ大統領は、意気、高々ですね。


株は、一方的に上がり続けていますが、

為替については、動きがあります。


10月6日の米国雇用統計で、平均時給が、

前月 0.1%、予想 0.3%、結果 0.5%

という上昇を得て、12月利上げ観測が高まり、

ドル円が113.44円まで上がったあと、

112円台で推移してましたが、

13日(金曜日)に(株価は上昇しながらも)、111円台に下落しました。

これは、CPIが予想値に達しなかったためで、

12月利上げの期待に水をかける結果となったのです。

このところ、113円台、112円台となっていたので、

来週からは、111円台のレンジになるのかなぁ。。。

株価の上昇に引っ張られて、株高・円安で、ドル円が112円台に戻すのか、

為替の方が、すなおに、政治・経済の不透明感に押されて、下落するのか、

興味をもっています。

今まで、北朝鮮危機をもとに、ドル円の「ショート」を持っていたのですが、

北朝鮮の動きが急に静かになったので、

「ショート」を維持することがきつくなっていました。

マイナスのスワップ・ポイントが積算してくるので。

それで、CPI予想未達で、いっきょに下落したときに、

「ショート」を精算したのです。

ところが、今になって、早まり過ぎたかなぁ、と。

北朝鮮の動きがあっても、たとえ無くても、

ドル円は、下落するのではないか、という思いが、

だんだん強まっているのです。

もう1週間、ショートを保持していれば、良かったかなぁ、と。


今年は、予想がほとんど当たりません。

今年は、ロスカットを2度しました。

それぞれ、100万以上のロスカットでしたので、

毎月、ほそぼそとプラスを重ねても、

一挙に利益を失う結果になってしまっています。

株の投資と合わせると、月平均、ほどほどのプラスには

なっているのですが。。。


今年最後の勝負が、円安で行くか、円高で行くか、

だったのですが、

小心の故に、「円高オプション」を捨ててしまいました。

なんだか、また、後悔しそうです。。。

今年は、後悔の連続で、終わってしまうのでしょうか。

来週が、

こわいか、

楽しみか。





^O^

ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

日本株は割安

株価が割高なのか?割安なのか?
判断材料として、PERとか、PBRという概念があります。
一番使われるのが、PER(株価収益率)です。
PERを見ると、9月末時点で、米国が22倍と先進国平均の20倍より買われています。
一方、日本は15倍とかなり割安です。
ただし、この数字(下記サイト)は、「実績PER」であり、「予想PER」ではないので、あくまで参考程度ですが。
http://myindex.jp/global_per.php
日本株について言うと、予想PERベースではまだ14倍であり、先進国ではかなりの割安です。
先進国平均の20倍まで買われたら、日経平均株価は28,400円くらいになりそうです。
日本企業の業績は好調で、2018年3月期の業績は増益です。
円安が進めば、更に業績の拡大が続き、株価は上昇しやすくなります。
個人的には、今年は半導体関連小型株で、買値から5倍以上になった銘柄が3つも出ました。
株の世界では「テンバーガー」と言って、買値の10倍になる銘柄を探せ!と言われますが、今年は2つも出ました。(今年に買ったものでなく過去に買ったものですが)
米国市場はFRBの超金融緩和(金余り)で業績以上に買われていますが、FRBのテッパリングは始まりましたが、インフレ率が2%に届かず、金利の引き上げが遅れており、しばらく金余りによる株価の上昇が続くかも?
株が暴落するのは、いつも、金利が急上昇するときですが、今はそんな兆候は見えません。
金利指標である米国10年物国債の利回りをよくウオッチしておくといいでしょう。

Re: 日本株は割安

南浜 さん、
コメントありがとうございます。
まだまだ日本株、上がる余地があるということですね。

> 日本株について言うと、予想PERベースではまだ14倍であり、先進国ではかなりの割安です。
> 先進国平均の20倍まで買われたら、日経平均株価は28,400円くらいになりそうです。
> 日本企業の業績は好調で、2018年3月期の業績は増益です。
> 円安が進めば、更に業績の拡大が続き、株価は上昇しやすくなります。


> 個人的には、今年は半導体関連小型株で、買値から5倍以上になった銘柄が3つも出ました。
> 株の世界では「テンバーガー」と言って、買値の10倍になる銘柄を探せ!と言われますが、今年は2つも出ました。(今年に買ったものでなく過去に買ったものですが)

すごいですね。どうすればそういう銘柄を見つけることができるのでしょう。すばらしい。

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。