2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/10/07

土曜日は、カオマンガイ。平々凡々な一日。。。

また、土曜日がやってきた、速い。

週末は、サマゴーンの入口近くにウィークエンド・マーケットが

オープンする。

マーケット内にある小食堂でカオマンガイを食べ、

果物や、野菜や、魚、などを買ってくる、

というのが、わがサマゴーン生活のパターンになっている。


さて、いつもは自転車で行くのだが、いま、パンクしていて、

今日は、歩いていくことになった。

1Kmほどの距離で、15分ほどだろうか、

急いでいるときは、結構な距離に感じるものだが、

(それで、モーターサイを利用する)、

ゆっくり、朝の散歩のつもりでいくと、

なんの距離感も感じないうちに、着いてしまった。


201710072051
これがぼくのカオマンガイ。
ショウガと、タレがたっぷりかかっています。
けっこう辛い、と思います。
食べ終わるころには、くちびるがヒリヒリします。

201710072052
これが妻のゴイのカオマンガイ。
ショウガすこ~し、タレすこ~し。
これだけでも、ゴイは辛い、辛いとフーフー言ってます。
ゴイは、タイ人にしては、別格といえるほど、辛いものが苦手です。
ぼくの方が、タイ食の辛さに慣れてしまっていますね。

朝食の後は、マーケットに寄って、

湯でとうもろこし、2本、40バーツ、

(ぼくがタイに来た頃は、1本、10バーツでした)、

梨ひとふくろ(6個入り)、100バーツ、

魚一尾(売り子いわくタイのサーモン)、120バーツ、

これだけ買って、また、ぶらぶらと、歩いて戻りました。


サマゴーンは、大きなムーバーンで、5000戸あると、言われています。

(実際の数は、本当かどうか、知らないのですが)

大きいなりに、ぼくの意識としては、

ラムカムヘン道路まで歩いて行ける地域と、

とても歩けない距離の地域に、分かれます。

ぼくの住んでいるあたりが、歩いて行ける距離の限界地点、

とでもいえるでしょうか。

そこまでの地域には、富裕層の大きな家から、

中流家庭、あるいは中流の下クラスの家が、

混在していて、いわゆる「町」のような雰囲気があります。

ぼくの住む家は(妻のゴイの家ですが)、中流の下クラスかな。

お店や、食堂も、喫茶店も、点在しています。

歩けない距離の地域は、どちらかというと、

広くて、大きな家が圧倒的に優勢です。

もう、お店が点在している、という地域ではありません。


朝のマーケットから、家に帰って、TVで日本のゴルフを見たあと、

ちょっとまどろむと、もうお昼の時間です。

ぼくが、まどろんでいたあいだに、ゴイが自転車のパンクを

直してきてくれていました。

ゴイは、働き者、といってもいいのは、こういうことを

(歩いて自転車を修理屋さんまで転がして行ってくれること)

全然嫌がらずに、やってくれることです。

ぼくに、あなたの自転車なんだから、あなたが行けば?

ということは、暗示にも言いません。

始めから、自分が直してきてあげる、と言います。

怠け者のぼくは、こんなとき、

若い妻と結婚できて、よかったぁ、と感じます、

いいものですよ、皆さん?


せっかく直してくれたので、お昼は、レークサイド・ヌードル・ショップに行こう、

と僕が、言います。

こうして、朝も、昼も、外食、となります。

外食が結構、多いのです。

しかし、その外食も、朝や昼なら、二人で200バーツを越えることはありません。

自宅で調理するより、安上がりになります。

こうして、タイでは、大家族でもないかぎり、

家庭で調理することは重要視されなくなっているのではないでしょうか。


でなことで、ヌードル・ショップで鶏のから揚げとおそばを食べていると、

うしろでサマゴーンの不動産についての会話が

ゴイの耳に入ってきました。

サマゴーンの戸建ての値段が(とくに土地の値段が)

かなり高くなっているようだ、と言う話です。

その人の調査では、(現在売りに出ている物件を調べたのでしょうか)

大体、1タランワー(4㎡)、10万バーツしてるとか。

サマゴーンの人気は、高まっていて、

(これは以前、サマゴーン内のあるコンドを見に行ったときも、

そこの管理人に、言われたことです。

その人曰く、投資の目的で買っておいても絶対安心よ、

とのことでした)

その理由は、

・病院がある、

・学校がある、

・モールがある(ピュアプレースという)

・マーケットがある

・レストランがある

・オレンジ・ラインがやってくる!

ということだそうです。

ぼくが、上に付け加えるとする、

湖が数個あり、公園豊で、コミュニテイ・プールがある。

ロイヤル・プロジェクトで開発されたムーバーン、

ということもあってか、セキュリティも、管理も、

長い間、高度に保たれていて、安心できます。

上のレストラン、というのは、そこそこ「高級レストラン」を

意味しているのですが、

僕に言わせると、そういう「レストラン」だけではなく、

朝、昼、気軽に行ける、安くて、おいしい「小食堂」が多い、

ということが良いことだと感じています。

とくにそういうところが、歩いていけるところにある、

ということ。

いわゆる、タイにおける庶民生活が送れます。

。。。。。

と、こう書いてきて、

自分がいかにサマゴーンの家に満足しているか、

ということに気が付かされます。


水道事件をきっかけに、一戸建てをタイで保持するのは難しい、

と考えて、

コンドミニアムを探したり、

北タイ移住を考えたりしているのですが。。。

なんだか、こうなったら、

(1) サマゴーンの一戸建て

(2) クロンチャン・プレースのコンドミニアム

(3) 北タイ、チェンライの移住地

みんな持っちゃおうかな、

という気になったり。。。

2以外は、将来にわたって価値が落ちない物件への投資、です。

もし、そうなら、(3)は急いで実行する必要はない、ことになります。

今現在、円安で、1万円=2965円、1バーツ=3.37円。

ぼくがサマゴーンの戸建てを買ったときは、

円高で、1万円=3500円、1バーツ=2.85円。

やはり、望むべくは、1万円=3300円、1円=3.03バーツ、

くらいの為替の状態で、買いたいものですね。


(あっ、ここで一言。

何回か前に、基本的には、円高にそろそろ回帰して欲しいかな、

という気持ちが中心で、今度の選挙のことについて書いたところ、

いくつかのコメントが寄せられました。

すべてを、一言でいうと、強く、小池氏の正体を知らないのか、

ひどい目にあうぞ、というものです。

このぼくのブログで、政治について語り合いたいとは思っておりません。

ネットで政治について議論しだすと、きりがなくなってしまいます。

政治は結局、目糞鼻糞を笑う、ということになってしまします。

こんどの安倍氏にしろ、小池氏にしろ、目糞鼻糞、です。

そういうことで、ぼくが政治状態に、ちょっとでも触れてしまった

記事を書いてしまっても、

自分の日記記録として触れてしまっただけのことなので、

それについて、コメントをお寄せ頂いても、

それがコメントに欄に、反映されることはありません。

このブログはぼくの意見を表明したり、

読者と、どんなことでも、議論したいという気持ちは、

さらさらない(小池氏ぶっているわけでは。。。)ので、

ご容赦、ご理解ください。)


さて、さて、今日の記録の最後は。

コンパクト・カメラをベルトにぶら下げる、黒革製の「袋」が、

裂けてしまったのです。

ゴイに見せると、それなら作ってあげる、といって、

今日は朝からデザインを始め、

午後にミシンに取りついて、

出来上がってのが、これです。

201710072057
全体にふっくりと。

201710072058
閉じ蓋もちゃんとついてます。

201710072059
ベルト掛け部分。


なんだか、ぼこぼこしてますが、

(早くも)使い古したような、

人肌の感触あって、良いですね。


愛用いたします。

ゴイさん、

ありがとうね。






^O^

ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる