2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/09/22

パヤオへ。


ナコンサワンのホテルの朝食は、6時半からなので、

6時に起床、一番客で、朝食ブッフェを採る。

ホテルを出発したのは、7時半。

パヤオまでの旅行記を読んだところ、ナコンサワンからは540Km、

とあったので、かなりタフな運転日を覚悟していたのですが、

実際に自分のナビゲーターでみると、460Kmとなっていて、

少しホットしました。

これなら、良くて5時間、悪くても6時間半、

7時半の出発ですから、午後1時前後の到着になるはずです。

事故のないように、安全運転に徹しながら、

走れるところは平均時速120Kmで走りました。

ナコンサワンから、ピッサヌローク、それからスコータイ方面に進路をとって、

ウッタラディ、そしてプレーを過ぎると、パヤオが道路標識に、

目的地として出てきます。

休憩は、2回。

ウッタラディあたり、山の上を運転中は、2度、3度と強い雨に降られましたが、

無事通過。

パヤオの中心まで、20Km近くなると、パヤオ大学が左に見えます。

ここら辺から、ゆっくりドライブ、

パヤオ湖畔のホテルを目指しました。

到着は、大体の予想通り、午後1時過ぎでした。

5時間40分ほどのドライブで、ホテル・チェックイン後、

近くのレストランで遅いランチとなりました。


201709221730
ぱたや湖に面した、このホテルです。

201709221751
チャックイン時に確認すると、
やはり3階の部屋は埋まっていました。

DSC_0479.jpg
スワンの対で、おもてなし。

20170922hotel2
パヤオ湖の水面に雲が映っています。

20170922hotel3
ウィンドウをオープンしてみる、妻のゴイ。

201709221728
われらの愛車、よく走ってくれました。

201709221729
早速に、外へ出ました。
ホテルの直前の湖のです。

201709221731
夜には、ナイト・マーケットで賑わう、とのこと。
レストランのある方へ、ぶらぶら。


201709221732
わが妻は、いつも元気です。

201709221743
ランチのあと、ホテルの隣のコーヒーショップに
寄って、旅の疲れをとりました。

夕方には、サンセットをみて、

夜はナイトマーケットをながめ、

美味しい夕食にありつけると、

今日も、

最高の一日になります。


感謝。







^O^

ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる