2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/07/07

白き瓶 藤沢周平 長塚節の一生 絶唱


クロンチャン・プレースのコンドミニアムの購入、

3週間になろうとしていますが、NHA(National Housing Association)から

うんともすんとも言ってきません。

来週には日本に戻るのですが、その前に何か返事があるとも、

思われなくなってきました。


そういうわけで、時間はたっぷりあって、

思いのほか、読書欲が湧いてきています。


2日かけて、藤沢周平の「白き瓶」-小説 長塚節 を読了。

結核のために、37歳で早逝した、歌人・小説家の一生を

丹念に描きあげた、というより絶唱した、作品でした。

壊れやすい身体で、莫大な借金を生み続る政治病の父を抱え、

家産を死守する辛苦の中、子規門下の歌人間で、特に怪人

伊藤左千夫との葛藤に耐えながら、歌人として成長し、

名作を生んでいく背景に、常に、失恋や、死病との

闘争、人生への悲傷があったこと、などなどを、

細かく、まるで追体験をするかのように描き切れたのは、

著者自身の、田舎生まれで、文学に目覚め、

同じ肺結核で死闘した経験と洞察、同情の念が

基礎にあったからだろうと思います。

最後に、妻なく子をもたず生涯を終えた節に対し、

「三十七歳で世を去った歌人は童貞だったという説がある。

聖僧のおもかげがあるといわれた清潔な風貌と

こわれやすい身体を持っていたという意味で、

この歌人はみずから好んでうたった白埴の瓶に似ていたかも

知れないのである」

と結んでいます。


201707061319

歌詠みが成長する、その過程を味わうために、

もう一度、読み直しています。


さて、読書で頭が疲れたので、

散歩がてら、ヌードル屋さんに、

ランチに出かけました。

201707061320
前庭の樹の下で、食事するのが一番気持ち好いのですが。。。


201707061322
近所の通りです。
古いムーバーンですが、だからこそ、かな、
緑が多いのが良いですね。

201707061325
ヌードル屋さん、けっこう人が入ってるでしょ。
仕入れた食材が売れつくしたら、閉店。
一度、2時に行ったらもう売り切れ、でした。

201707061326
湖から風が吹いて。
暑いけど、きもちだけさわやか。


コンド購入の進捗があると期待して、3週間、自宅に居続けました。

がっかりしていますが、

残された1週間、

ちょっと旅行でもしようかな、

と考え始めています。








^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる