2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/06/12

井上靖 「孔子」 読了

最近読書欲が、以前ほど強くなくなってしまって、

顕著な形として、一冊の本を読み終わるまで、

とんでもない時間がかかってしまいます。

掲題の「孔子」を読み始めたのは、今年の始めだったのではないか、

と思いますが、本日、ようやく読了しました。


この本の前に、桑原武夫の「論語」を読んでいて、

論語の解釈にも、様々な、深い形があることを知り、

興味が高まり、

続きとして、孔子の人となり、生きざまを、まず理解したい、

と思って、井上靖のこの本を手に取ったのです。

孔子が故郷の魯を、政争の末、追い出されるように出奔、

流浪の旅を続ける14年を、

そばに使える無名の従僕の目から描いた作品です。

孔子を語るに、歴史家でも、思想家の目からでなく、

作家として、あるいは詩人として、語るには、

こういう形で、当時の、春秋時代という、多分中国の歴史の中でも、

もっとも栄枯盛衰が厳しかった時代を、なまなまと呼び出して見せながら、

孔子の行跡を語る、という方法が、

ふさわしかった、と納得されます。

ますます、孔子に対して興味が湧いて、

今度は、もう一度もどって、

「論語」を語る本を読み継いでいこう、という気になりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私などが感ずる子(孔子)の魅力は、

人間への愛情、正しいことへの情熱、そして、

不幸な人間を、たとえ一人でも少なくしようという執念の如き意志。

こういったところにあるのではないかと思います。

そして、この世に生まれてきた人間が、やはり生まれて来てよかった、

そう思うような社会を造るために、真剣に努力する人間の養成、

ー これが子の教団が陽に、陰に掲げていた旗印でじゃなかったかと

思います。                      P128

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子はいつも、人間のことばかりお考えになっておられました。

人間の倖せついて、不幸について、そして人間が、特にこの乱世に

生まれ合わせた人間が、少しでも倖せになるにはどうすればいいか。

人間が不幸になるのを防ぐには、どうすればいいか。    p327

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ー 朝に道あるを聞かば、夕べに死すとも可なり。

子は本気で、そのようにお考えになっておられました。

あしたに、道徳の支配する理想社会が生まれたと聞いたら、

ゆうべに自分は死んでもいい。  p126

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


例えば、上に掲げた最後の、有名なフレーズ、

朝に道を聞かば、夕べに死す可なり。

岩波文庫の、金谷治訳注、よるとこう訳されています。

朝(正しい真実の)道が聞けたら、その晩に死んでもいいね。

いままでは、ぼくも、この訳のように理解していて、

いや、理解できなくていて、この観念論的な解釈では、

じゃ、道とは何?

注をつけた(正しい、真実の)というのは、

観念に、観念を重ねた、より具体性の欠けた内容になってしまっています。

孔子は、きっと観念論は嫌いだった、

いつも現実に即した発想の人だった、という気がします。


その今まで抱いていた解釈のもやもやが、

今回の井上靖の表し方で、たやすく溶けてしまいました。


孔子は、弟子を育て、弟子とともに、この乱れた戦乱の世に、

道徳を基本とした理想社会を築こうとした、

もし、その社会が実現したと聞いたらならば、自分の使命も

達せられたのだから、即死んでもいいよ、

という、抽象論ではない、具体的内容をもって言っていたのだ、

と理解させられました。


ぼくが最も心動かされた部分は、最終章にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮方、自分の古里に燈火の入るのを見て、

ああわが古里にも、いま燈火が入りつつある。

村人たちは、昼の労働の時間が終わり、今や、これから夜の休息の

時間が始まろうとしている。 - こういう思いを持って、古里の村に

点りつつある燈火を眺めることは、人間の数少ない倖せの中の一つ

であるに違いありません。

ーーー

そうではありませんか。父が、母が、祖父が、祖母が、兄弟が、姉妹が、

叔父が、叔母が、隣近所が、生きている人も、死んだ人も、

それから村の街道、小川、森、何もかもが、総出で、自分を迎えてくれて

いるのであります。

古里に燈火が入るのを見ているということは、そういうことであり、

これ以上贅沢なことは世に中にあろうとは思いません。

ーーー

いかに世が乱れようと、人間から古里というものだけは、奪りあげては

ならない。もし奪りあげてしまったなら、当然、替わりのものを返さなければ

ならぬ、それが政治というものである。      p404

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぼくの古里の友人だちは、どうしているだろう。

桜のトンネル並木のしたをくぐって通った、

高清水小学校、高清水中学校は、すでに廃校になって久しい、

と聞く。

あの丘に吹いていた風はどうなったか、

こんなぼくを好いてくれて、

初恋を教えてくれたあの少女は健やかか、、、。


ぼくは、完全に古里喪失人間です。

替わりの古里を、

作る、力を、

我に、与えたまえ。。。








^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる