2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/03/27

名残り雪が・・・   稀勢の里横綱優勝


いや~驚きました。

朝目覚めると、TVで成田空港で雪が降っている様子が報じられていました。

しばらくすると、我が家の回りにも雪がちらつき始め、

やがて、ボタン雪に変わって、

ふわふわと庭の木々や隣家の屋根に舞い降りてくるのでした。

先週は、東京で桜が咲いた報告があり、本来はお花見気分に浸るはずの

今週なのですが、まさに名残り雪です。

・・・・

季節はずれの雪がふってる

東京で見る雪はこれが最後ね、と

きみがつぶやく

いま春が来て君はきれいになった

去年よりずっときれいになった、

でも、君は東京を去り、ぼくは残る、

春なのに別れの歌です。

伊勢正三さん、名曲です。


今日はゴルフの予定だったのですが、天気予報を知り、

急きょ、火曜日に振り替えて、今日はキャンセル。

あしたから本格的な春の天気にもどってくれそうです。


大相撲、稀勢の里の相撲にこころ打たれました。

13日め、あれほどのケガをしたので、もう休場してほしい、

これ以上に体を傷めないで、

あせらずに、横綱人生を長く保つことに専心してほしい、

と願っていました。

14日めに、鶴竜に負けたときは、さらにその思いを強くしました。

千秋楽の照ノ富士戦はみたくありませんでした。

ケガがもっと大事になるような、不安が大きかったからです。

しかし、女子ゴルフ・トーナメントの中継が5時20分には終わったので、

大相撲をみてしまいました。

そこに、信じられないように、本割と優勝決定戦の2番、

稀勢の里が勝利する瞬間をリアルタイムで見ることができました。

ちょっと感動しました。

稀勢の里に、先場所優勝したあとに、インタビューした内容に、

いままで一番悔しかったことはなんですか、という質問があったそうです。

答えは、何年か前に一日休場したこと、ということだった。

師匠の隆の里の教えが、相撲取りは土俵にあがることが一番大事な勤めなのだ、

と教えられていたからなのでしょう。

ケガで出場できないことが、相撲取りとして一番の恥、という考えなのでしょう。

その精神があっての、逆転優勝だった、と思えます。

また、照ノ富士相手に、勝機はあると読んでいたのかもしれません。

終始、あわてることなく、思い切りのよい、相撲内容でした。


こんな稀勢の里が、なぜ今まで、優勝できなかったのでしょう。

驚いたのは、昨年の12月だったと思うのですが、

エキジビションとして、相撲トーナメントというのが行われます。

白鵬とか、前場所優勝した力士などなど、けっこう取りこぼして、

勝ち抜きトーナメントの優勝者にならないことが多いのですが、

なんと稀勢の里が「初優勝」したというのです。

こんなお楽しみトーナメントのようなものでも、

一度も「優勝」したことがないとういう事実に驚きましたし、

ようやく「勝ちぬく」ことのヒント、とまではいわなくても、

「慣れ」が出来てくるのではないか、とふと思ったのです。

それが、初場所、優勝、

そして横綱になり、

また春場所、2場所連続優勝。。。

優勝後のインタビューで、「今なにを一番したいですか」という問に、

「ゆっくり休みたい」でも「親に感謝をつたえたい」でもなく、

「稽古、ですかね」

と答えていましたね。


それにしても、日馬富士、今場所はけいこ不足のためでしょう、

身体が軽くて、前半に負けが重なっていたのですが、

ここぞという稀勢の里戦では、親の敵を殺すかという集中心で、

稀勢の里を圧倒しました。(先場所も勝っています)

稀勢の里、高安 対 日馬富士、照ノ富士、

という部屋対抗戦に発展しそうな来場所です。

大相撲、妻のゴイも大好きで、面白がって見ています。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる