2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/02/04

JACKミシンとは。

この写真、なんだかわかりますか。

m795


わからないですよね、^O^、実は2台のミシンです。

妻のゴイが裁縫スクールに通いだしたことは、

なんどかブログに書いています。

それまで、家には1台のミシンがあって、

それで以前に、ぼくのシャツなどを作ってくれてことがあります。

裁縫スクールに通って、より高度な技術を身につけると、

その技術を使う、ミシンが必要になるのだそうです。

今までのミシンはごくごく初歩のことしかできないものだと。

それで、新しいミシンを買うことにしました。

裁縫スクールの先生と一緒に、ミシンの販売店に行ったのですが、

その先生のお勧めは、最初が、日本製のジューキ(JUKI)というミシンでした。

3万バーツほどする、

ということで、ゴイも準備していきました。

ところが、その販売店では、日本製ジューキを勧めない、というのです。


より高度なことができて、丈夫で、半額ほどでJACKという中国製のものを、

お勧めです、と言います。

どうやら、その販売員の説明通りのようなので(裁縫の先生も納得)、

JACKというミシンを買ってきました。

そして、ここが僕にはわからなかったことなんですが、

ミシンというのは、用途にしたがって、1台ですますことはできなくて、

完全に仕上げるためには(商品として売れるほどに、という意味か)、

そのための仕上げ用の縫製をするミシンもいいるのだとか、

それが、この写真で言えば、左側のミシンになります。

右側が標準作業をするものです。

ぼくは、1台で万能型のミシンができないはずはないと思うんだがなぁ、

というと、その考えは否定されました。

今まで持っていたミシンさえも、

簡単にシャツのほころびを直したりするぐらいなら、便利なので捨てられない、

というのです。

ところで、このJACKというミシンを見て、感じたことは、

中国製ですから、

始めは日本のJUKIかブラザーかシンガーか蛇の目か、

どこかの会社から技術移転を受けて、やがて自社で開発できる力のつけ、

日本より良い製品を安価で、アジアの市場に売り出している、

という印象をもちました。

日本のミシン・メーカーは、日本の市場だけ見ていれば、

縮小一本道でしょうから、製品開発力も落ちざるをえない、

しかし中国は、中国国内だでけもミシン需要はまだ大きいでしょうし、

すでにアジアというマーケットを視野にいれて、製品開発をしている、

のではないでしょうか。

中国の経済担当者が、中国はすでに多くの分野で、日本の技術を凌駕している、

と自信に満ちた発言をしていて、

そんなことはないだろう、思っていたのですが、

案外、裾野を広くしてみれば、そういう分野も多いのではないか、

と感じてしまいました。

日本は本当に大丈夫なのか、

いやダメかもしれない、

という気持ちになりつつありますが・・・。



中国といえば、

最近のトランプ政権の「保護主義」の傾倒にたいして、

ダボス会議での習近平主席のスピーチを引用して、

中国でさえ、自由貿易を守らねばならない、と主張している、

ととなえるマスコミも目に付くのですが、

笑ってしまいます。

そもそもダボス会議なるシロモノ、

世界の大金持ちの国の政治家や、

大成功した企業のCEOやらが、

スイスの高級リゾートに集まって、

世界の貧困や格差是正についても話し合う、

なんということになっているけれど、

なんかおかしくないか。

そんなおかしな会議だから、

経済は自由主義で世界へ拡大し、

政治は共産主義で超保護主義、国際ルールも無視、

という「良いとこどり」の「身勝手な」国の元首の発言を、

世界経済NO.2の大国のいうことだ、ありがたや、ありがたや、

アメリカの暴走に歯止めがかけられる、

と喜んで拍手を送っている、

これっておかしい、と思わないマスコミって、どんもものか。

ぼくは、

今の今までの世の中の、「常識」や「正論」というものに、

巨大な「揺さぶり」をかけているトランプ大統領に、

いたく楽しませてもらっています。




^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる