2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2017/01/05

パックチョンに泊まる。


甥をコラートのバス・ターミナルに送り届けて(置き去りにして?)、

妻のゴイとぼくは一路、パックチョンに向かいます。

ここ数日、美味しい食べ物を口にしていないので、

ゴイの愉しみにしているチョクチャイ・ステーキハウスに行こう、

という目論見です。

たった90キロなので、たかをくくっていたのですが、

なんと帰省帰りのピークが始まっていたのでしょう、

ひどい渋滞で、結局、4時間近くかかってしまいました。

ゴイの田舎の家からコラートまで200キロ、これを約3時間半、

コラートからの90キロを、これに4時間、

家を出発してから、ほとんど休憩なしで運転を続けていたので、

チョクチャイ・ファームに5時過ぎについたときは、

もうへとへとになっていました。

新年の休みで、夕食時間なので、

チョクチャイ・ステーキハウスが満員で、待たされることを覚悟していたのですが、

幸いなことに、待たずに入店できました。

これには、本当にホッとしました。

注文したのは、チョクチャイ自慢のエイジング・テクニックを使っているという、

プレミアム・ステーキ、1000バーツ。

(売れきれずにありました)

もっとも高いステーキは、和牛、3250バーツ。

オーストラリア輸入肉は、1000バーツほどですから、

和牛がいかに高いか。。。

まったく食べたいとは思いませんが。


食後、最後の力をふりしぼって、10キロほどにところにある、

パックチョンの予約してあるホテルへ。

泊まるのは3度目。

今回は、中国人グループがずいぶん多く泊まっているなぁ、

という感想をもちました。

一泊して、明日は、サー・ジェイムズCCでゴルフをして、

そのあと、バンコクに戻る予定です。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる