2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/09/24

秋雨前線、ってこんなに長かった?


木曜日は、大雨が千葉を直撃するとの予報で、

特に、勝浦、御宿、いすみ、鴨川などの地域には避難勧告がでました。

その対象は、例えば、

御宿、3300世帯、7600人

いすみ、626世帯、1200人。

一世帯あたりの家族の員数、

御宿の場合は2.3、いすみにいたっては1.9です。

老人世帯、独居世帯の多さが、透いてみえます。

地方創生どころか、地方衰退、いや生活衰退を如実にあらわす数値ではないか、

これでは非難行動を迅速にとることさえ、容易ではないような気がするのですが。。。


大雨の被害、その影響を恐れながら、翌日は鴨川CCにゴルフへ。

大雨の被害は実際には無かったようで、安心しましたが、

予報では、千葉エリアは終日、雨。

降雨確立は80%。

それでも、出かけたのは、

自分でアメダスの推移を予想して、終日雨でも、大雨が降り続けるわけではない、

と読んだからです。

ゴルフのレインウェアの準備は先月から整えていました。

なんといって、妻のゴイが、雨なんかへいっちゃら、

かなりの雨でも、ゴルフをしたい、というタイプだからです。

心配した雨も、一時レインウェアを着ただけで、

ほとんどは曇り空のなかで、プレーすることができました。

お客さんは、少なかったけれど・・・。


最近気が付くのは、けっこうなゴルフ・ブームなのではないか、と。

木更津の練習場、アタック・ゴルフに行くと、

もう一杯の人です。

もちろんシニアが半分以上、占めてはいますが、

女性や、働き盛りに年齢層も、かなりいます。

ハイ・シーズンの9月、だからかもしれないけれど、

ゴルフ場の予約も、いっぱいで、入れることが難しい状況です。


小雨のスタートが災いした、というのは言い訳でしょうが、

(言い訳はもうひとつ、昨晩為替FXをやっていて、

眠れなくなり、睡眠時間が3時間だった、ということ)

前半のスコアは、9オーバーの45、

後半はビールを飲んで元気を出して79、

トータル84で終了。

ハーフ70台は出ましたが、全体のゴルフは満足できるものではなかった。


それでも、プレーの後、お風呂に浸かって、

外庭にみえる、木々の緑や、流れる雲をみていると、

なんだかジーンと、今、こうしていることの幸せ感が溢れてきました。

「今日で、お別れね、もう会えない」

というのは、生きている一瞬一瞬が再びは経験のできない、

有り難い一瞬なのだ、

これからどのくらい、命があるのだろう、

という形而上学的な問題が頭をもたげそうになって、

あわてて、湯船からあがったりしました。

思えば、雨が降ったとはいえ、良い一日だったのでしょう。


ゴルフの愉しみ方は、ひとそれぞれでしょうが、

今の僕は、時流に逆らって、(あるいは自分の年齢に逆らって)、

難しいと思われるクラブセッティングをし、それを使いこなすこと、

ドライバーは、キャロウェイ X460 DGX100 9.5度、43インチ、

(さらに鉛を貼って、重くしてあります)

ウッドはこれ一本で、

あとは2番からピッチングまでMP37マッスルバック DGX100、

P/S、S はJs Joeモデルで、FCM6.5、

あとは60度のロブウェッジで組み立てています。

シャフトはみなスチールですので、キャディバックが重い。


今日のゴルフで嬉しかったのは、

例えば、2番アイアンでのティ・ショットを200ヤード、きれいに打てたこと。

3番アイアンで、フェアウェイから180~190ヤード、思ったところに打てたこと。

もちろん、まだまだ失敗も多いのですが、うまく打てたときの感触は格別です。


ただ、飛距離を求めているわけではありません。

昔から持っている、使いきれなかったアイアンが、少しづつ打てるようになっている、

そのことがうれしいのです。

先日、練習場にあったゴルフ雑誌に、「インプレス UD+2」というクラブの

宣伝記事が載っていました。

従来のクラブより、2番手大きい「ぶっ飛び」を与えてくれる、というキャッチコピーです。

セミプロのクラブコーディネーターという職業の人が、実際に使ってみた実績を紹介しています。

アゲインストの185ヤードを7番アイアンでナイスオン!

とあります。

調べてみると、やっぱり、ストロングロフトにして、シャフトも長くしてあるのです。

例えば、インプレスの7番アイアンのスペックは、ロフト26度、長さ37.5インチです。

これを僕が今使っているMP37と比べると、MP37では 35度、36.75インチ。

MP37の5番アイアンで、ロフト27度、37.75インチ。

インプレス7番のロフトは、MP37の5番のロフトより、立っているのです。

それなら、従来のクラブと比較して「飛ぶ」はずです。

ヘッドに工夫を入れて、スーパー低重心・深重心とかを実現し、

新しい素材で、反発係数をSLEルール限界の0.815という高い数値にしたりで、

より簡単に使えるようにした、というのでしょう。

それで、何が得られたかというと、7番で従来の5番の飛距離が得られた。

それでは、アイアンで得られる最大飛距離は上がったのか、というと、

面白いことに、従来の3番アイアン、4番アイアンは製造していないのです。

インプレスUD+2のアイアンセットは、5番までしかありません。

その5番のロフトはすでに22度で、MP33の3番のロフト22度と、同じです。

ロフト22度以上のアイアンは、インプレスのテクノロジー(?)をもってしても

難しいクラブになってしまう、ということでしょう。

つまり、インプレスは従来のアイアンで出来ていたことを、番手を下げてできるようにした、

というだけの価値しかないといえます。

代償として、クラブの打感や、クラブの美しさや、

技術の上達を図る楽しさを奪ってしまうのではないか。

まぁ、大げさに構えなくてもいいのですが、

そういうことで、今の僕は、いわゆる易しいクラブで、飛距離を出す、

ということになんの楽しみも感じないのです。

一時代昔の、良いクラブ、と言われたクラブに親しんで、

少しずつでも技術がうまくなるよう努力して、

合理的な(願わくば美しい、とさえいえる)スイングを身に付け、

もっと高齢になってもゴルフを継続できて、

最後は、エイジ・シュートを達成してみたい、

そんな先の長い、

愉しみ方をしているつもり、

です。

(新しい日銀の金融政策スキームについてなど、

書くつもりでいましたが、いっぱいになりました。

次回、書いておこうと思います)






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる