2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/09/11

ゴルフの話、大村智、孫正義


近頃、日経新聞からの記事で、関心したことが二つあった。

ゴルフの話なのだが。。。

ひとつは、ノーベル賞受賞者の大村智さん、

もうひとつは、ソフトバンクの孫正義社長のことである。


大村智さんの「私の履歴書」を読んでいると、

仕事が非常に忙しくなり、体調を崩したとき、

身体的な異常は発見されず、

心療内科で「気晴らし」のパインコかゴルフでも始めたら、と勧められ、

ゴルフに夢中になって、

5年でシングルになってやる、と計画をたてて、

そのとおり、ハンディキャップ 5まで上達した、

という話である。

ゴルフへの取り組み方に、いかにも科学者らしい性格が表れている、

と感心した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大村智(26)ゴルフ――体の異変が契機、夢中に、芝生で交流、多彩な人脈築く(私の履歴書)

2016/08/26 日本経済新聞 

 抗生物質の研究、北里研究所の経営立て直し、新病院の建設――。よくこれだけのことをしてきたと思うが、体を壊しかけたこともある。北里大学の教授になり、大村室が独立採算で運営を始めた頃、目がさえて夜も眠れなくなった。検査を受けても体の異常はみつからなかったが、食欲がなくなり目まいもした。
 家内が何度か温泉旅行を計画してくれたが治らない。最後は心療内科を受診し、医師から「このままでは体が参ってしまう。パチンコでもゴルフでもいいから、仕事以外に打ち込めることを見つけなさい」と言われた。教授がパチンコにはまるわけにもいかないので、ゴルフを始めた。
 さっそく、家内のお母さんが伊勢原市に近いゴルフ場の会員権をプレゼントしてくれた。自分で車を運転して結構よく通った。ハンディキャップ18でスタートし、5年後にはシングルになるという「5カ年計画」を立ててのめり込んだ。
 私のやり方の大きな特徴は多くの人がするようなプレーの前ではなく、終わってから必ず練習したことだ。たとえ飲んでも、帰りにどこかの練習場に寄った。ヘマをしたところを、その日のうちに振り返り、原因を突き止めるためだ。
 もう一つは、どんな場面でも決して投げ出さなかった。バンカーに入ろうが何だろうが最後まできちんとプレーする。結果的に大逆転することもあり、「大村とプレーしたら風呂に入るまで勝負はわからない」なんて言われた。
 へたな人とプレーしても仕方ないので、ハイレベルな人たちとやるようにした。教えるのが大好きな「教え魔」とも一緒に回らなかった。教えられすぎると、その人を超えられないからだ。
 しばらくして本厚木カンツリークラブの会員になると、ハンディが0とか1の人ばかりの「練成会」に入らないかと誘われた。当時、私はハンディ12~13だったが、練成会でもまれたおかげで本当にゴルフを始めて5年ほどでハンディ5まで上達した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

孫さんのゴルフの話は、日経新聞の特集記事、

ソフトバンク再起動(1)「これがラストチャンス」(迫真) 2016/08/30

日本経済新聞 朝刊 2ページの中にあった。

英国のアーム社を買収したソフトバンクの今後を見据えようとする、

全5回の特集の一回目である。

ここで、孫さんは、特集担当記者に、

ゴルフでべストスコアの68もマークした、と話し、それが記事になったのだ。


□   □
 7月4日、トルコ南部のマルマリス。港を見下ろすレストランの2階を借り切った孫の前にシガースが現れた。隣には会長のスチュアート・チェンバース(60)。地中海を家族とヨットで航海中、孫から「すぐに会いたい」と電話を受け急行したため半ズボン姿だ。
 「アームを買収したい」。名物のイカ料理もほどほどに孫が切り出すと、2人は大口を開けて驚いた。従業員は倍増させブランドや経営陣はそのまま。孫に言わせれば「断れない提案」。その後、買収額もつり上げ3兆3000億円超に。交渉は2週間で終わった。
 7月18日に買収を発表。日本企業で最大の買収劇だが、孫はゴルフなら「ピッチングウエッジで刻んだようなものかな」と余裕をみせる。周到な短期決戦は過去の大型買収と比べ資金集めが首尾良く進んだからだ。買収に反対だった後藤が水面下で動いていた。
 8月3日、孫は久々にゴルフ場に出た。スコアは自己最高の68。満足げな表情を浮かべたが、遠くの空では雷鳴が響いていた。これから始まる挑戦の厳しさを暗示しているように。
◇   日経新聞 8月30日

週刊現代9月16日号に、

この記事を読んで、多くのゴルフ愛好家が驚き、

「本当だろうか」「あんな忙しい経営者にできるはずがない」

という思いからの記事が載っていた。

孫さんを知る元日本マイクロソフト社長の成毛真氏は、

「59歳で68は異常ですが、孫さんならありえない話ではない。

10数年前の時点でハンデ5以下だったはずです。

あの腕前ならプロ試験も合格して、シニアツアーで優勝も

できますよ」という。

孫さんがゴルフを始めたのはソフトバンク株を公開した94年ごろ、

どうせなら本格的に、ということで、

1年で90台、2年で80台、3年で70台、

という目標をたて、達成した。

当時孫さんをそばで見てい元社長室長の三木氏は、

・練習熱心だった

・自分が達成したいことがあると、すでにそれを達成している人の方法を徹底して研究する

・クラブを握る前に、半年間一流選手のスイングをビデオで見続けた

・常に最短距離をさがし、客観的にゴールまでの距離を計算する

・結果、無駄な努力もなく、目標に到達できた



ユニクロの柳井社長と、孫さんと一緒にコースを回ったことのある弁護士の

名取勝也氏は、ふたりのプレースタイルの特徴を、

とにかく「せっかち」で、

常にスピードを大事にする経営精神が身についている、という。

「孫さんがゴルフがうまいのも結果にたいする執着がすごいからだと思う。

普通の人ならある程度達成すると満足して飽きるものだが、

彼は夢中になり続ける能力が高い」


大村さんにしても、孫さんにしても、

その個性、本性の強靭さを、ゴルフに展開してうまくなった、

要は、科学的なアプローチと、精神力の強さ、

ということだと思う。


環境の整え方、ということもある。

シングルを目指すなら、ゴルフ場の会員になって、

そのコースで、月例会にでたり競技にも参加し、

上級者に揉まれて、学び、上達する、

ということが必要な気がする。


しかし、ストレスになりそう、

ですねぇ。




^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる