2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/08/11

鴨川カントリー・クラブ、評価はB。


8月10日、予定通り、鴨川カントリー・クラブでプレーする。

午後スルーのプレーで、スタートは12時47分。

昼食付きで、2バックの割り増し無し、4700円。

ロッカーを使ったので、プラス330プラスで、総額5030円。

朝、10時半までにチェックインして、昼食を取り、

前金で清算し、プレーして、お風呂に入って帰る。

12時47分のスタートでも、十分時間はある。


初めてだったので、木更津の家からどのくらいの時間がかかるか

分からず、11時に着く目標で、安全を見積もって、

朝の9時半に出発すると、着いたのは、10時45分くらい。

1時間少しで、亀山湖CCに行くのと、大差はなかった。


鴨川に入ると、「2020年、東京オリンピックのサーフィンを鴨川で!」

という招致の垂れ幕があちらこちらに。。。

それが実現すると、大きなイベントだけれど、

どんな場所が候補地になっているのだろうか、と思う。


到着すると、クラブハウス前に、ゴルフ場スタッフの姿は見えない。

看板が出ていて、「この時間は、ゴルフバッグは自分でバッグ置き場まで

運んでください」とある、

運ぶ距離は、ほんの10メートルほどで、別に問題はない。


クラブハウスは上階が「鴨川カントリホテル」になっていて、

レストランは内装やら見栄えも立派で、雰囲気良く、

ゴルフをしない家族連れが、二組ほどいた。


食事を注文しながら、

鴨川カントリークラブのパンフレットを読むと、

なんと東京湾カントリー・クラブと同じ、アコーディア・グループに属するゴルフ場、

これで先ほどのエントランスの省力化の理由もわかるような気がした。

ちょっと、ゴルフ場のメインテナンスも悪くて、またラフがぼうぼうなのか、

と心配になったが・・・。


実際には、それは杞憂に終わり、パンフレットに謳っている、

「温暖な気候に恵まれた南房総・鴨川。その緑豊かな山裾に広がる

高低差9mのフラットな丘陵コース。周囲の自然との調和、をテーマに

設計されたコースは、自然のアンジュレーションを活かしたレイアウト。

池やクリークやバンカーが随所に配され、変かに富んだ構成です」

という全体としての印象は守られているようです。


丘陵コースに高低差があるのは当然ですが、

フェアウェイに打っても、きつい前上がり、前下がり、つま先あがり、つま先さがりが

連続してやってくると、素人には難しいコースになります。

鴨川CCは、その高低差が7mということ、

またブラインド・ホールがほとんどなく、ティ・グランドからグリーンまで、

攻め口が見渡せるのも、安心して、気持ち良く、プレーできます。


20160810kamogawa1
一番ホール。
良い天気です。
タイでプレーしているのとほぼ同じ服装ですね。


20160810kamogawa2
この日は、好調さが持続し、
INの11番ホール、パー3では、二人ともバーディ・チャンス!
結果はふたりとも、パー、
でした。


レストランや、ロッカー、お風呂場などのアメニティも良く、

コースものびのびプレーできて、満足。

男女のプレーヤー、若いプレーヤーも多い様子でした。

アコーディアは、省力化してプレー代を安価にする、と同時に、

宣伝のうまいのかもしれないですね。


もう一度、プレしたいか、

という僕のコース評価の基準でいくと、

妻のゴイの判断に大きく影響されもしますが、

鴨川CC、評価はBです。


とくにゴイは、すぐにも、もう一度来たい、

と言っています。

それもそのはず、彼女、ベスト・スコアでした。


20160810kamogawa3
ついに、ハーフ、39で回りました。
バーディでスタートしています。
ぼくも38。
気持ちに良い、一日でした。


ありがとう。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる