2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/08/05

ゴルフの話、です。



最近、観るゴルフとしては、愉快なことが二つあった。

ひとつは、全英オープンで、スウェーデンのヘンリク・ステンソンが優勝したこと。

2度(3度?)のスランプを克服して、初のメジャーの優勝である。

40歳での達成、に感慨深いものがある。

ベテランの有名選手で、メジャーに勝っていないのが、

セルジオ・ガルシアとリー・ウェストウッドがいる。

この二人の、メジャー優勝の場面も見てみたい。



二つ目は、女子の全英オープンで、タイのエリア・ジュタヌガーンの勝利。

この5月に、LPGAで初優勝したと思ったら、3週連続の優勝、

そして今度、初のメジャー優勝である。

こちらは、まだ20歳。

これから、どれだけ勝つかわからない。

TV中継で、解説していた樋口久子と、戸張捷が、

何度もドライバーをバッグに入れないでプレーしていることに

驚いていた。

ドライバーならどれくらい飛ぶのか、見てみたい、ものだ、

や、ドライバーは英国に持ってきていないそうだ、

と聞くと、さらに驚いていた。

実は、英国に持ってきていない、だけではなく、

そもそもドライバーを持っていないのである。

タイに居た時に、ゴルフ・チャネルで30分のゲスト番組で、

マリアとエリアのキャディ・バッグの中身、

という特集をしていたが、ドライバーはない、

と言っていた。

全英オープンでも、パー5を、

ティーショットも、セカンド・ショットも2番アイアンで攻めるのだった。


この二つに次いで、今年のPGAの最後のメジャー全米プロで、

米国の遅れてきた名選手、という感じのジミー・ウォーカーの優勝した試合も、

見ごたえがあった。

長い間低迷していたがブッチ・ハーモンにコーチを師事してから、

どんどん勝てるようになった選手だそうだ。

今年は、これまで勝てなかったのだが、パッティングにあるヒントを得て、

優勝につながったそうだ。


この全米プロでは、松山選手も、

今年になって自信を持てなくなっていたアイアンが復活して4位に入った。

これまで使っていたキャビティ・アイアンを、

もとのマッスル・タイプに戻して、切れが復活したという。

パッティングが決まっていたなら、4位どころではなかった試合ぶりだった。


一番刺激だったシーンは、最終の18番、パー5、

2位で追っていたジェイソン・ディが、ティーショットを2番アイアン、

セカンドも2番アイアンで打って、3メートルくらいに2オン、

そのパットを決めてイーグルを取った瞬間だったかな。

最近は、女子プロでも、アイアンは5番まで、

あとはユーティリティ、というクラブ・セッティングが多くなっている、

そして男子プロにおいても、

ロング・アイアンをユーティリティーに変えている選手が多そうだ。

なんとなく、安易に走っているのではないか、

と思われる中、

ヘンリク・ステンソンも、エリア・ジュタヌガーンも、ジェイソン・ディも、

2番アイアンでのシーンが記憶に残る。


3か月ほど前から「Dマガジン」に加入している。

月額400円で、大半の週刊誌がPCやスマホで読めるサービスである。

週刊文春、週刊新潮、サンデー毎日、週刊現代、週刊エコノミスト、

プレジデント、から女性週刊誌、趣味・旅行誌、

さらにゴルフ週刊誌が、ゴルフ・ダイジェスト、パー・ゴルフと読めるので、

400円では、安い、と感じている。


そのゴルフ・ダイジェストに、

「70歳でも230ヤード超のワザと工夫」

という記事があって読んだ。

4人目の方は、70歳で260Y飛ばす、別府一男さん。

クラブが身体に巻き付くらいのトップをつくって、

あとは、スイング中、

軸ブレしない、ボールから目を離さない、右わきを締める、

の3点を守る。

試打のデータ写真をみると、ヘッド・スピード41.3、距離263Y、ミート率1.51。

日々の訓練は、「寝起きトレーニング」で、

体は硬くなる、だから毎日少しずつの運動で防ぐ、

ため。

30分ほど、

首、腕、肩甲骨、前屈、腹斜筋、屈伸、開脚、四股踏み、

柱を使った体伸ばし、柱開脚、柱背伸び、柱腕立て、スクワット、

こうしたメニューをこなす。


ぼくがめざすべきは、別府さんゴルフの精神だな、と感じた。

健康ゴルフを目指しているので、

筋肉をつける努力をしようとしている、

それとともに、柔軟性を維持・強化するためにも、

別府さんトレーニングを参考にしよう、

と決心している。

こちらの方は、お金がかからないのだから、

できるかどうかは、意志の強さ次第である。

言い訳は、できないなぁ。


筋トレは、少しやっていて、これが最近のアイアンの結果の良さに

つながっているのではないか、と良い感触をもっているのだ。


この間、打ちっぱなしにいくと、

家のリフォームをしてくれた建設会社の社長さんも、

友人と練習に来ていた。

4月だったか、同じく、練習場で会ったときは、

連休は、福島・会津にいくんですよ、

と言っていたが、

こんども旅行の話になり、

夏休みは北海道に行くのだ、といって僕をうらやましがらせる。

僕の方は、どこへもいく予定ないんですよ、と答えるのみ。。。

実際、旅行の予定はなくて、

この8月は、千葉のゴルフ場をあちこち、行ってみる計画。


なかで、きみさらずゴルフリンクス、

ピート・ダイ設計で、浮島ホールもあって、美しいゴルフ・コースだと思う。

サラリーマン時代、一度だけプレーしたことがある。



今度も行きたいな、と思って調べると、

日を選べば9000円ほどでプレーできるのだが、

なんと2サムは、一切受け付けない、となっている。

残念、至極。

どなたか、一緒に行ってくれませんか?









^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる