2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/07/31

誰が新都知事になると、面白いか。


東京都知事選、2週間の選挙戦もあっという間に終わって、

いよいよ今日が投票日。

立候補者が出そろうまでの、自民党や野党野合のドタバタぶりが、

いかに政治不信をつのらせたか、政党自身は不感症だろうが、

いざ残った候補者をみると、力弱さが目立つ結果なのではないか。

まず、野合連合の代表は、紆余曲折し、

途中、名が出たのは、俳優石田純一氏、

そして「官僚改革」の必要性を訴えて有名な古賀茂明氏、

さらに可能性を残していた前回投票獲得2位の宇都宮

最後に悪名高き「後出し」候補は、なんと前者たちに比べて

最悪としかいえない、76歳の鳥越俊太郎である。

単なる、反安倍政治が目標で、国家政治の問題を都政に持ち込む

トンチンカンさは、

いかにも野合野党の状態を表しているので、

まぁ、もっとも相応しい選択だったのかもしれない。

選挙演説などを聞いている都民がまず心配するのは、

この人、4年間、激務に、健康持つの?

ということで、

また1年後に、50億円かけて都知事選挙が必要となる、

そんな暗黙の心配を感じているのではないか。


自公の公認となった増田寛也氏、

実務に実力あり、ということで買われたといわれているが、

建設省では官僚のエリートでもなく、

岩手県知事にしても、東京出身でありながら、

岩手のキング小沢一郎に呼ばれてなっただけで、

在任中に県の予算赤字を2倍にし、

その非ををみとめて、知事給与返上まで行うまでの体たらく、

小沢に見限られて、4期の出馬はあきらめた、

という過去に傷ある身である。

その岩手知事時代の経験からもあるのだろう、

東京一極の弊害を訴える第一人者となり、

第一次安倍内閣で総務大臣となり、

東京の税金を一度国庫にすいあげ、地方にばらまくという政策を実現、

最近の著書でも、

「地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書)」

のなかで、東京一極集中の弊害を強烈に説いている、

そんな、東京の力を削ぐ方向での思想に凝り固まっている人間を、

都民は何を期待、するのだろうか。

東京には、16万人にも及ぶ優秀な官僚・実務者がいるのだから、

都民は、さらなる実務者を欲してはいない、と思う。

とにかく、増田氏が都知事になっても、

なにも改革されることはなく、面白いことはなさそうだ。


自民党都連会長?の石原伸晃氏が、

「出たいひとより、出したいひとを」などと言って、

自分では良いセリフだと感じているようだが、

まぁ、これも逆効果で、

「政党」が出したいと選んだ人より、

自分で、出たい、大抵抗があっても、出ます、

という政治家の方に、政治家のスピリットを庶民は感じるのではないか。

いやがおうでも、流れは、女性の時代である、

ドイツのメルケル首相、英国のメイ首相、

そして今年11月には、米国でクリントン大統領が生まれようとしている、

そもそも安倍政権の一億総活躍なんとかの主役は女性だとしているのではないか、

その自民党が、小池百合子を推さない、ということに、

面白さを感じる。

小池百合子に都知事になってもらっては困るのである。

都議会の改革(内田というドンがいるそうな)

オリンピック組織委などの見直しなど(森元総理以下、魑魅魍魎の顔)、

これらに手を付けられては、困る、

と思っているのである。

だから、誰が都知事になると一番面白いか、と言えば、

小池百合子氏であろう。

橋本徹が、大阪府や大阪市に乗り込んで、

様々な改革を行った、

それと同様なことが起これば面白い、と思う。

小池氏が知事当選のあと、

自民党が歩み寄らなければ、

(本人を除名したり、応援者を除名したりすれば)、

最近言われているように、

小池新党を結成し、それが橋本徹氏の「おおさか維新の会」のように、

展開していくかもしれない、

という面白さがあるだろう。


もう一人、どのくらいの票を得るか、興味をもっているのは、

上杉 隆氏である。

様々な政策を示していて、首肯する点が多いのだが、

そのひとつには、やはりオリンピック組織、予算の見直しがある。

オリンピックは、始めの都の予算では、4500億円で実施しようというものであった。

それが、オリンピック組織委員会ができ(森元総理が出てきて以降?)、

いつの間にか、2兆円、3兆円と膨らんでしまった。

たとえば、ゴルフの試合は、都のパブリック、若洲ゴルフリンクスを使用する

計画だったのが、

オリンピック組織委員会ができてから、

埼玉県の高級ゴルフ場、霞が関カンツリーに変更された。

(なにか、利権がからんでいるにおいがするーぼくの感想)、

都内のパブリック・コースで、オリンピックを行えば、

本当のレガシー(遺産)になるでしょう、

と上杉氏は、訴えます。

非常に合理的な考えであり、

そもそも東京オリンピック開催を申請して、他国と闘ったときは、

現行施設を最大活用し、過大な予算が必要ない、というのが

売り文句の一つではなかったのか。

これは、他国の訴求点でもあった、と思う。

それが、なにやら、エムブレムの盗作問題がでてきたり、

メーン・スタジアムの建設予算が膨大になりすぎ、

設計からやり直し、ということになり、

そのやり直し案で安心決定かと思いきや、

その案には聖火台がない、という目を覆うような体たらくぶり。

それらのアクシデント?が一体、どのに問題があり、

誰が責任者なのか、いつまでも曖昧で、

だれかが責任を取って辞めた、とか、罰を受けた、

という話はでてこない。。。


とにかく、オリンピックからみが、東京の重要課題である、

という主張は、元労相の山口敏夫氏の主張でもある。


(山口敏夫は、長尺ドライバーが世に出たころ、

50インチのドライバーの愛用者だった、

という変なことが記憶にある政治家で、

政界の牛若丸、などとも呼ばれていたらしいのだが、

今度の都知事選で久しぶりに元気な姿を見ることができた)

この山口氏、

先日石原慎太郎が増田応援の演説で、

「厚化粧の大年増の、ウソツキ」と小池非難して、

女性たちの逆鱗に触れて、増田人気の急低下につながる結果となったことをうけ、

親ばか、子ばかを痛烈に批判したりしています。


いずれにしろ、

千葉住民の僕には選挙権はない都知事選挙ですが、

一番面白いことが起こりそうな人物に、

当選してほしいと、願っています。


そのあとの、さまざまな人の動きが、また興味深い。


今、ちょうど、お昼です。

雨が降ってきました。

雨が降ると、浮動票が減るといわれています。

一方で、今度の選挙は、都民の関心がたかく、

投票率は60%に届くかもしれない、

という予測もあります。


さて、

今夜が楽しみですね。










^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 坂道を転げ落ちている?

 私の独断と偏見ですが灯台出が科挙で通ってこの変化の多い、大きい時代に色褪せて全く時代遅れのケアンズ理論で国をメッチャクッチャにぶち壊しているのではと思います。
 東京都知事選にしてもどうにか新しいホープが当選したようですが都議会は昔のままの如何でもいい老害で政策面では苦労するんでしょうね。
 オリンピック云々で老害の最たる半惚け以上の首相経験者がバラ撒けバラ撒けの昔のままの考えで予算の上限はなくやっているようですが本当に空恐ろしいです。
 私らリタイア組にはそう関係ないので何でもやってくれですが孫、子のことを思うと暗然たる気持ちになるんですよね。本当に何でも全て先送りで改革と言うか改善はなしですから。
 私はこうしてタイに移住して悠々自適にただ惚けないようにと変化を求めて幸せに暮らしているので・・・。
 まったく的外れのコメントやもですが・・・失礼致しました。

Re:  坂道を転げ落ちている?

トマックスさん、

本当に安倍内閣、「改革」する気があるのか、心配限り無し、です。
改造内閣をみても、派閥のバランスと、仲良しグループ選択で、
なんの覇気も感じられません。一億総活躍担当の、加藤???、
なにかやってんでしょうか。。。^O^
都政の方は、石原、内田含む都連トップ5が辞任するそうで、
今後の推移が興味あり、です。



>  私の独断と偏見ですが灯台出が科挙で通ってこの変化の多い、大きい時代に色褪せて全く時代遅れのケアンズ理論で国をメッチャクッチャにぶち壊しているのではと思います。
>  東京都知事選にしてもどうにか新しいホープが当選したようですが都議会は昔のままの如何でもいい老害で政策面では苦労するんでしょうね。
>  オリンピック云々で老害の最たる半惚け以上の首相経験者がバラ撒けバラ撒けの昔のままの考えで予算の上限はなくやっているようですが本当に空恐ろしいです。
>  私らリタイア組にはそう関係ないので何でもやってくれですが孫、子のことを思うと暗然たる気持ちになるんですよね。本当に何でも全て先送りで改革と言うか改善はなしですから。
>  私はこうしてタイに移住して悠々自適にただ惚けないようにと変化を求めて幸せに暮らしているので・・・。
>  まったく的外れのコメントやもですが・・・失礼致しました。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる