2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2016/06/28

「終わりの始まり」? それは英国? EU ? 


英国のEU離脱の余震がまだまだ冷めないようです。

国民投票を、もう一度やるべきだという請願が380万票集めた、

とかいうニュースもあるが、その請願の中身は、

「投票率が75%以下で、残留派か離脱派の得票が60%に達して

いない場合は2度目の国民投票を行うべきだ」という内容だ。

これは、60%の賛成がなければ、事は決まらない、ということになり、

今回行った国民投票とはまったく違うルールであり、

合理性がまったくないように見える。

(何回国民投票しても、どちらの側も60%は得られず、

堂々巡りしてしまうだろう)


メデイアの対応をみていると、いかにも英国の終わりであるかの

ようなトーンの報道が多い、ように思う。

それでも、なかには、返す刀で、EUもただではすまない、

EUの理想への実現が遠のくのみならず、

その崩壊へむけて、ドミノ現象が起きる可能性がある、

という意見もあるようだ。


そもそも、EUがそんなに健全で、理想的で、希望があるのか?


記憶に新しいのは、ギリシャで、

国民投票でEU離脱を決定、それをバックに誕生した離脱政権が、

こともあろうか、国民投票結果にたいして寝返り行為、

EUから突き付けられた残留条件を丸のみして、残留となった、

ということがあった。

(ぼくは、ギリシャはEUから離脱し、借金をチャラにして、

出直した方がいい、と思っていた)

その後、ギリシャはどうなったか。

残って、良かった、と心底喜んでいるギリシャ人はいるのだろうか?

債務の削減は与えられず(裏切ったギリシャ首相はこれを期待した)

国の宝ともいえる資産は、次々に処分を求められ、

今でも、要求される構造改革は後を絶たない。


いったい、EUの実態はなんだろう。

ドイツの独り勝ち、なのではないか。

ドイツの専横を抑えるため、フランスは英国に親しみをもっていた、

はずである。

とにかく、英国は、アメリカについで利上げをするだろう、

と言われていたくらい、経済は好調だった。

一方のEUは、ECBが巨大な金融緩和を行わねばならないほど、

経済が低迷している。

金融緩和で、ユーロは価格を下げている。

ところで、世界で今、一番の黒字国はどこか?

ドイツである。

先のG7で、安倍首相は、金融緩和だけでは経済成長を実現するのは

難しいから、次の策の、財政出動の必要を他国に訴えた。

成長が縮小している世界経済を、先進国がけん引しよう、

という提案である。

もちろん、もっとも財政出動をできるのは、最大黒字国であるドイツである。

しかし、ドイツは、軽くいなして、逆に緊縮財政をにおわせた。

 その国の経済が強く、黒字がたまれば、その国の通貨は高くなって、

調整する機能がるのだが、

これが今のドイツには効かない。

弱い経済のEUを陰に、ドイツの実力にとっては極端に安いユーロのもとに、

稼ぎまくって、EUの中の巨大な債権国になり、

EUを思いのままに動かしているのである。

EUの実態は、英国なきあとは、

一人の巨人と、あとは小人だけの集合体となる、

のではないか。


そんなEUに、本当に未来はあるのか、

希望はあるのか、

そんな心配もしているのです。


英国のEU離脱が、英国の終わりでも、EUの終焉でもなく、

ともに、新しい時代に入ったのだ、

「出発」なのだ、

という出来事にしてほしいと願っています。








^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。