2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/06/20

USオープン ダスティン・ジョンソン初メジャー優勝


USオープンをテレビで観たくて、

今のトゥルー・ケーブルの契約で可能かどうか調べると、

ゴルフ・チャネルはいつものようにダメ、

(ゴルフ・チャネルとは名前倒れで、メジャー・トーナメントは全く実況権がない)

トゥルーのアジア・スポーツではメジャーを観ることができることが多いのだが、

今年のUSオープンはダメらしい、、、、

とほぼあきらめかけていたところ、

妻のゴイが大発見。


トゥルーの顧客サービスで、1週間だけ、無料でアップグレードして

視聴できるチャネルを増やすことができると言うのだ。

そうすれば、FOXスポーツのチャネルが観れて、

そこでUSオープンの実況放送をする。

さっそく、申請をして、幸いにもUSオープンを初日から観ることができた。


今年のUSオープンは、ピッツバーグのオークモントというゴルフ場で行われ、

聞くところによると、最も難しいUSオープンの競技会場らしく、

前回行われた2007年の優勝者、アンジェラ・カブレラ選手の優勝スコアは5オーバーだった。


あらかじめコース・レイアウトなどを調べると、

288ヤードのパー3、231ヤードのパー3という超ロングのショート・ホールが

二つもある。

ちなみにこの2つのホール、最終日は、299ヤード、239ヤードで、

オークモントは、初日、二日目、三日目、最終日と、

段々だんだん難しくなるように、ホール・セッティングすると言う。


12番ホールは、初日、通常632ヤードのパー5のホール。

確か2日目は、TVの聞き間違いでなければ、700ヤードになった、と思う。

最終日は、ババ・ワトソンが、ティー・ショットをドライバー、2打目もドライバーで

打っていた。


とにかく、難しいことを上げれば、

ラフに入ったら、プロでもマイナス1は覚悟しなければならない、

数え上げたらきりがないほど、

らしい。


ということで、興味深々で、TV観戦に臨んだ。

もちろん、タイ時間では深夜(早早朝)である。


ところが残念なことに初日から天候が乱れ、ホールアウトできないプレーヤーが多く、

それが二日目も続き、

三日目も完全に回復はせず、

最終日になっても3日目のプレーを一部残して開始する、

という有様で、

TV観戦者としては、誰がどうなっているのか、

FOXスポーツの放送に仕方にも解りにくさがあって、

あまり放送を楽しむ、という気分にならなかったのは残念。


しかし、最終ラウンドの放送だけは、堪能した。

いかに、オークモントのコースが超一流のプロを泣かせる難しいコースが

良く理解でした。

最終日、1位でスタートしたアイルランドのシェーン・ローリーは、

6オーバーで、7アンダーから落ちて1アンダー、2位で終了。

その他、3日目までしのいできた世界の有望選手も、

マキロイ、ジェイソン・デイ、リー・ウェストウッド、などなど、

最終日に大きくスコアを落としていった。

しかし、ただ一人、

ダスティン・ジョンソンだけが、最終日、スコアを伸ばした。

彼には、メジャー・トーナメントに関して、

悲劇的な過去が続いていて、

メンタル的なもろさが語られていた懸念があった。

たとえば、昨年のUSオープン。

最終日、最終18ホールで、4メートルのイーグルを決めれば優勝、

という場面で、それをミス、

残り30センチのバーディ・パットを決めればジョーダン・スピースとの

プレイ・オフに臨めるところ、

そのショート・パットすらミスしてしまい、

優勝できなかった。


だから、ことしも多くの視聴者が、いつ彼が精神的にクラッシュするか、

そのショート・パットをかたずを飲んで、見ていたと思う。


さらに、5番ホールで、パットのアドレスに入ろうとしたとき、ボールが動いた、

ということで、ペナルティとなるかどうか、問題になり、

その場で競技員と話し合った結果、

無罰という判定で競技を続行したのだが、

12番ホールに入って、競技員からプレイ終了後に最終決定が下される、

と通告される、というハンディまで付加された。


ダスティン・ジョンソンは、それらすべてのプレッシャーを押しのけて、

最終ホール、バーディ・フィニッシュで優勝を飾った。


なにか、大きなドラマを見るような、勝利の瞬間。


最終日の実況、本当に堪能しました。

20160619uso1
最終18番ホール、セカンド・ショット。

20160619uso2
ピンまで6フィートへ。


20160619uso3
最後のパッティング。


20160619uso4
バーディを決め、優勝を決めても、小さなガッツポーズだけ。
彼のクールさが現れた瞬間。


20160619uso5
これがダスティン・ジョンソンのいつもの顔。


20160619uso6
笑顔なんかめったに見れない。
昔の日本の武士のように、笑っても片ほほだけで。
そんな風に、思っていたのでしたが。。。



20160619uso7
優勝が決まって、妻と息子の前に来たときのダスティン・ジョンソンの顔は、
まるで別人のようでした!こんか顔、見たことない。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる