2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/03/26

保育園落ちた日本死ね

なんとなくすっきりしない、保育園落ちた日本死ね。

政権側は、今夏の選挙に影響ないよう、

おっとり刀で、短期、中期、長期の対策をまとめたようだ。

短期策は、とにかく詰め込みができるような応急対策、

中期は保育士の待遇改善、などだそうだ。


すっきりしないのは、保育園問題は、ながい懸案問題で、

政府の対策も、他の諸問題に鑑みてバランス的には手厚い手が打たれていた、

と思う。

共働きの保育の問題は、日経DUALという専門誌で、すでに様々に論じられており、

今回の匿名ブログの内容など、

それらのことを自分ができない、ヒステリー女の、便所の落書きにすぎないことが、

わかる。

それに便乗して、ヒステリックに騒ぐ野党の政治家も、それなら君たち、

いままで何をしてたのか、という自省のかけらもない。


そもそも待機児童が多いのは、大都会、東京の現象にすぎない。

それは、彼らが、東京に一極集中して、住みたいと思うからである。

地方創生、という観点からも、

東京に集中している保育所不足を、国税をかけて解消しようとするのは、

どうかと思う。

東京でなければ、仕事がない、というのか。

そもそも、保育所落ちた、と叫んでいる女性たち、

どんな仕事なのかなぁ。


子供を育てるより、仕事をしている方が、楽だ、

なんてやからはいないでしょうね。


子供を育てる、大変なことで、それを他人といえる保育所に任せる、

というのは、

子育てに自信がない、楽をしたい、ということの表れではないのか、

という疑問が払底えきない。

頼べば、居ないこともない、親の援助を、

同居や、干渉やが嫌で、あえて頼もうとせず、

公的なサービスに過大な期待を寄せているのではないか。

育休のあと、仕事を継続し定年まで働くのと、

退職し、一時子育てに専念し、

子育て終わってパートや非定期社員として働くひととの、

生涯賃金の差はは8000万円という。

それほど恵まれているのだから、保育にかかる金額は、

低額の認定保育所ではなく、高い料金はらっても、いいんであって、

それなら保育所、あるんだろうと。

東京に住みたい、仕事は続けたい、安い保育所に入れろ、

それじゃ、公的サービスが偏向してる。

今回の問題、僕がなんとなく、すっきりしないのは、

かれらの家庭の形が、目に見えてこないからだと思う。

なにから何まで、公的サービスに頼る、というわけにはいかないだろう、

と思わないのか。


ぼくは、今回の保育所問題は、東京都の問題で、

国は結構やっている、

もっと深刻な問題は、9万件といわれる児童虐待の方が、

緊急だ、と思っている。



女が働く、といっても、

1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから、30年たって、

何が、変わったろう。

フェミニズム運動などにも後押しされて、女性の活躍が期待されたが、

実態は、ただ結婚しない、結婚しなくてもひけめの感じない女を増やし、

少子化の原因をつくっただけ、

あいかわらず、女性への期待は大きく、

再度、4、5年前からダーバーシティと言われ、

女性活用を促進しようという運動が起きているが、

あいかわらず、働く女性の意識調査をすれば、

管理職にはなりたくない、という数字が圧倒的である。

女性が職場で活躍できないのは、男性の意識が変わらないからだ、

というのがお定まりに論だが、

男の意識を変えるのは、女が女の力で、変えなくてはいけない

はずだ。


70年代後半から80年代、アメリカの企業で女性が台頭してきた

時代を、ぼくはニューヨークに赴任しているとき、見た。

彼女たちの働きぶりは、モーレツで、

男と同等に評価されるには、男の1.5倍働かなければならない、

アメリカは偏見の塊りよ、

今に見てろ、と思って働いていると、笑って言っていた。

そんな女性でいっぱいだった。


ひるがえって、日本はどうか。

今でも、女性活躍の場を実現するには、男性が変わらなければならない、

女性管理職の割合を、国で目標設定しなければならない、

なんてことを言っている。

ということは、そんなことは起こらない、

とうことだ。


せめて、女ができることは、

時々、ヒステリックな叫びをあげ、

「保育園落ちたぐらいで、日本死ね」といったりするので、

やれやれ女を怒らせると、怖いから、

とにかく応急処理はしなくちゃ、

ということなのだろうか。


ぼくは、男尊女卑、

ではないですよ、

決して。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

反日の仕業

今回の問題は、どうも保育園ではないようですね。

単純に「日本国&国民」を誹謗・中傷したかっただけ、という説が強いようです。

https://www.youtube.com/watch?v=BIHFUbP6OD4

https://www.youtube.com/watch?v=fF_YvjJCyxk

https://www.youtube.com/watch?v=FBVbM1YhQrch

Re: 反日の仕業

武田さん、

面白いサイトを紹介くださり、ありがとうございました。
それにしても、舛添知事、保育所建設の可能性が高かった旧都立高校の跡地を、
韓国学校へ貸し出し決定って、なんなんでしょう。
北朝鮮制裁の必要性のある、まっただなかで、保育待機児童問題はほったらかしで、
舛添氏は、韓国シンパなんでしたっけ。


枡添要一は韓国シンパ

>舛添氏は、韓国シンパなんでしたっけ。

その通りです。

彼の母親は朝鮮人です。

父(日本人)が庄屋の家系で裕福でしたが、若い頃に炭鉱経営に失敗し、市議に立候補するも朝鮮人票では当選できずにいろいろと仕事を転々としたようです。
父は中2で他界しますが、その後の朝鮮籍の母親は苦労したと言います。

東大へは韓国教育財団もしくは朝鮮奨学会の奨学金で進学します。(返済義務が無いため)

姉の生活保護問題で揉めており、家とは断絶しています。

フランス人も含めて3人の元女性と結婚し、またその他に二人の女性との間にもそれぞれ子供がいます。

巷を賑わしている「絶倫・乙武洋匡」と似ていますね。

外国人参政権には積極的賛成のスタンスです。

韓国人学校は定員割れの状態なのに、更に土地を貸し出すとは呆れるばかり!

東京都知事選では石原慎太郎が突然辞任したので、自民党には玉が無く、野党に知事を取られるのが嫌で、桝添を候補にしましたが、大失敗でしたね。

http://matome.naver.jp/odai/2138674697028477201

訂正

>東京都知事選では石原慎太郎が突然辞任したので・・・・

石原慎太郎ではなく、2014年は猪瀬直樹でした。
医療法人「徳州会」から不明朗な金を貰って、説明がつかなくなり突然辞任しました。

Re: 枡添要一は韓国シンパ

片山さん、
コメントありがとうございました。
私は初めて知りました。
多くの人が、乙武に驚いたように(このニュースは私も知っています)、
舛添に関しては、目を開くニュースでした。
さてかれは、このまま4月に都立高跡地を朝鮮学校に貸与するでしょうか。
強烈な運動が起こることを期待します。
デモでもあれば、参加してみよう、という気分です。


真相が判明

舛添要一が都有地を韓国人学校に貸与する理由が判明しました。
外交は国家(政府)の所管なのに、勝手に、しゃしゃり出て余計なことをしたもんですな。

http://news.livedoor.com/article/detail/11379155/

SEALS(日本を自由で民主的な国家であるように守る組織?)が都庁に数万人規模のデモをかけて貰いたいものですが・・・・


自作自演?

「保育園落ちた・・・」ブログは、民進党の政調会長である山尾志桜里(しおり)の自作自演ではないか?という疑いがあるようです。本当なんでしょうか?
http://www.bllackz.com/?m=c&c=20160407T1657300900
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる