2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/03/11

「15の春は泣かせない」 に 泣きました



◤ある言葉読んで、ふいに涙があふれ出てくることがある。

年老いて、涙腺が弱くなった話ではない。

文芸評論家の、北上次郎氏が、

石井睦美著 『ご機嫌な彼女たち』読んで、こう語っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしてこんなところで涙があふれてくるんだろう。

それは何でもない場面である。

万起子が「やだ、美香ちゃん」

と言うシーンだ。

 本書は女性同士の友情を描く長編だが、

万起子は自分が谷本さんではなく美香ちゃんと呼んだことに気づきもしない。

しかし呼ばれた美香は、その言葉を耳にした瞬間、からだじゅうの血管が

ひろがってからだが膨れたような気がする、という場面である。

スタイリストの万起子は42歳、スーパー勤務の美香は29歳。

仕事も年齢も異なる。共通しているのは、シングルマザーであることと、

子供が同じ小学校の同級生であることだけ。

それでも心が開くときがある。奇跡のようなこの瞬間が美しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北上次郎氏の、涙の背景には、「孤独」ということについて、

重い経験があるのではないか、と想像する。


◤さて、「15の春は泣かせない」である。

今日の、「浪速風」を読む。

広島県の15歳で自殺した中学生についての短評のなかに、

「かつて京都府の蜷川虎三知事が高校入試について

「15の春は泣かせない」と言った」

という文がでてきて、なぜか涙がはらはら落ちたのだ。


◤中学1年のときに万引きした、という誤った記録が作成され、

3年次に担当になった女教師が、廊下の立ち話で、その件を

少年に問い合わせ、少年の不安そうな対応から、

それが事実であると、確信し、

「高校受験の推薦は出来ない」と少年に引導を渡し、

親にも言えない少年は、自殺した。

この女教師は、何を言ってもわかってもらえそうにない教師、

と少年は親に漏らしていたという。

◤1年生の時の万引きは、違う少年だったこと、

それが少年の名前で記録され、

2年間訂正もされずにコンピュータに保持されていたこと、

3年生時になって、

「過去にさかのぼって触法行為をみる」という新たな推薦方針にしたがって

疑わしい19人の生徒に、

各担当教師が、「いつ、どこで、なにをしたか」を本人から確認をとるように

との指示がだされたが、

自殺した生徒の担当は具体的なことを聞かないまま、

(上の立ち話で)「本人確認できた」と報告していた、

具体的な日時などを確認できえちなかったのは、

19人中、この少年だけだった、

学校側は、3か月間、少年が自殺だったことを隠していた、

などなど、

今は、全面的に、少年の自殺は学校側の責任であることを、

校長が認めた。

◤八重にも、十重にも、おろかな行為が積み重なって、

これを正すには、どうすればいいのか、途方にくれてしまうほどだ。

もっとも欠けているのは、

中学校をどう運営するかという考えだけで、

「教育」にかかわる深い理念がないことであろう。

高校推薦の条件が甘い、という評判を怖れてだろうが、

条件を厳しくすることが、生徒全員を公平に扱うことだ、

という思いで、

触法行為の履歴を、1年生にさかのぼって追及しよう、

という姿勢が、そもそもどうか。

たとえ、1年生のときの触法行為があったとしても、

2年間の間、立ち直って勉学に励むようになっていれば、

そのことのほうが、

なにもなかった生徒より、すばらしい経験をつんだ、

と言えるではないか。

ひとりひとりの生徒の成長を育むのが教育であって、

減点主義で生徒をしばって、ところてん式に「良い子」を

排出することではない。


そもそも、こども心につい手を出した「万引き」ごときが、

もしあったとしても、

これから先、長い一生を左右する問題とするのか、

教育者として、どう考えているのか。

相手は、15の春の、少年少女なのだよ。

いまここで、他者から、社会から、温かく扱われなかったら、

生涯、他者を社会を、温かいものとはみなせないだろう。

◤それにしても、この女教師、悪いと思う。

なぜ、名前を表さない。

よく、暴力教師が問題になって大騒ぎするが、

そんな時は、(大体男性教師であるが)、

前面に出てきて、避難を正面から受けることが多いと思う。

この女教師の行動、教師の基礎も、信念も、理想もなにもないように、

見える。

そう思われて、いいのか。

あなたが、あなたよりも、もっともっと輝かしい将来のある、

ひとりの少年を、殺したのだ。

おのれも、死んだ気になって、

あるいは、尼にでもなる覚悟で、

出てきて、少年に、その両親に、

あやまって欲しい。

もし、あなたが教師、ならば、

もし、あらたが人間、ならば。

あなたにも、

再生の道は、

残されている。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

篠永美代子と内藤博夫

今回の事件の主犯(?)は3年生の担任教諭とされていますが、既に、氏名と顔写真はNETで見れます。

「篠永美代子」と言います。

http://miketonpei.net/archives/3557

しかし、本来の主犯は、万引き犯の名前を間違って入力した「内藤博夫」ではないか?と言われています。
内藤は1年時の担当だった、と言う話です。

http://chika-kaidan.blog.so-net.ne.jp/2016-03-10

Re: 篠永美代子と内藤博夫

情報コメントありがとうございました。
第三者調査委員会が、なかなか立ち上がらず、くずぶっているようですね。
学校側に責任がある、と明確に認めていても、まだ隠さないとならない
問題点があるのでしょう、、、これまでの発表が、手ぬる過ぎる内容だった、
ということかもしれません。
この国の教育はどうなっているのでしょう。右向きでもなく、左向きでもない、
ただ未来向きの、教育のありかたを推進するする動きは、ないものでしょうか。
教育問題は大きすぎて、私には分かりません。

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる