2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/02/19

『立ちあがる東京』 サイデンステッカー 読む



『立ちあがる東京』は、

関東大震災、そして戦争による廃墟から、

いかに東京が復興していくか、

大正末から、昭和の終わりまでを、描いた本である。

実は、大正時代、というものをより知りたいと思っていて、

そのためには、この本の前著『東京 下町 山の手 1867-1923』

という本を先に読む方が良かったのだが、

手元にないので、逆読みになってしまった。


本著の基本的スタンスは、文化の流れとして

下町 浅草 江戸の中心 ~ 山の手 銀座・丸の内 西洋化の中心

中心が西へ西へと移っていくこと、

今では、かって東京市外だった新宿までその中心が移動する、

「西高東低」の動きを歴史観の基礎としている。

そして、失われてしまった江戸の面影、江戸の文化を、望郷する。

西洋人らしく、広いスパンで東京の町の変遷をとらえ、

描写は細部にわたり緻密。


スポーツの栄枯盛衰もトピックとしてあり、

相撲人気の上昇下降や、野球の勃興など、書かれている。


野球は、明治の時代に、正岡子規が自らプレーして遊んだと、

読んだことがあるので、ずいぶん古くから国民の間に、

普及していったスポーツだが、

プロ野球を始める動きが本格的になったのは、

昭和9年、18歳の沢村栄治が、

ベーブ・ルース、ルー・ゲーリックの米国オールスター軍相手に、

1対0で敗れたものの、9三振を奪う大活躍をして、

国民的英雄になってからだという。

この年に読売ジャイアンツが結成され、プロ野球が始まる。

昭和11年には、プロ野球リーグ発足し、

日本一決定戦も行われる。

この本を読んでいるとき、偶然にも、この日本一決定戦、

ならびに、沢村栄治の実像が映った映像が発見されていた、

ということを知って、喜んだ。

この動画をみると、

ダイナミックで、且つ流れるような力強いフォームは、

ぼくの世代の人間なら、元阪神の村山実投手を、思うだろうか。


沢村栄治は、3度召集されている。

1度め、その強靭な肩を手りゅう弾を投げる機械として酷使され、

帰還したときは、壊れた身体でオーバースローでは投球できなかった。

それでも巨人軍に復帰し、サイドスロー投手として復活。

2度目の召集では、もう身体はボロボロになって帰国、

巨人軍でより負担の少ないアンダースロー投手として

再起を図ったが、もうプロの選手の身体ではなく、

1944年シーズン開始前に、巨人軍解雇。

3度目の召集で、フィリピン沖で、乗っていた船が米軍に

撃沈され、戦死。

27歳。
  
壮絶な生涯である。

伝説のエース沢村栄治投手の映像が初めて見付かりました。
NHKのクローズアップ現代(2015年6月11日放送)



あの戦争のこと、悲劇の多さに目をつぶってしまって、

学ぶべきことを正しく学ばないでしまうことは慎まなければ

ならない。

気になっていることなのだが、どうしようかと思っている。

ひとつは、有名人の終戦日記を集めてみることから

始めてみようか、と、

終戦のその日の記述、玉音放送を聞いたとき、

何を感じ、何を考えたか、

それを集めて、読んで、考えてみたい。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる