2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/02/12

ゴイは、大相撲のファンです。




妻のゴイは、日本はいろんなスポーツが盛んでいいなぁ、

と言います。

最近だけをとっても、

ラグビーのワールドカップの日本代表、五郎丸、

フィギュアスケートの羽生結弦、ワールドグランプリの圧倒的な演技、

テニスの錦織圭選手の健闘、

スキージャンプ、高梨沙羅選手の8連勝、

などなど、

毎週のように、日本人が世界のレベルで活躍しており、

それをTVで楽しむことができる。

それを喜んでいます。


そういうワールドクラスのスポーツの他に、

ゴイは大相撲が大好きです。

ごひいきの力士は、琴奨菊と稀勢の里です。

「琴バウアー」の仕切りパーフォーマンスと、

いかにも侍らしい「吊り上がった」眼、日本人では一番強そうな、

この二人が自然に好きになる当たり、

日本人と共通のセンスを持っていると言えますか。

ちなみに、ぼくの影響を受けているわけではありません。

ぼくは、稀勢の里はとっくの昔にあいそをつかしていますし、

最近は、優勝とか、横綱になる、とか期待させる力士ではなく、

いかにもお相撲さんらしければいい、というレベルの低さで、

ひいきの力士を選んでいます。

そんなので、その力士の名前を覚えるのも支障があって、

ある日、ゴイと一緒に相撲をみていて、その力士の名前が

思い出せないでいると、「宝富士」でしょ、とゴイ。

「あなたの好きなお相撲は『宝くじ』だ、と覚えたのよ」


なにはともあれ、初場所は、琴奨菊が10年ぶりという、

日本人力士による「優勝」を達成しました。

優勝者が10年間の出なかった、というのは、結果として、

過去4代の横綱が、朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜と、

外人力士(それもすべてモンゴル人)ということに表れてきます。


次の春場所では、琴奨菊に、「横綱」の期待がかかって、

久しぶりに興奮する場所になりそうです。


さて、もう一人の稀勢の里はどうでしょうか。

横綱を期待するより、まずは、優勝を目指さなければなりません。

相撲評論家の舞の海が、「なぜ稀勢の里は優勝できないか」

ということを書いていました。

はっきり覚えていないのですが、

・ メンタルが弱い

・ 歩幅が狭い (こんな指摘は聞いたことがなくて、面白い)

もっとも大事な点は、

・(勝ち方が)その日その日で違うからだ。力だけで動き回り、

気がついたら相手が倒れていただけ。だから、なぜ勝ったのか、

なぜ負けたのかをはっきりと検証できない。

失敗を次の勝利に生かせないから、同じことを繰り返す。

と書いています。


心技体、とそろって優勝も横綱も勝ち取れるものでしょうが、

稀勢の里の場合、「体」は大きな怪我もなく、申し分なし、

上の2点め、3点めは、心構えも含んだ「技」の領域で、

ここを大幅に磨きあげれば、

「技体」の強さ、その自信で、メンタルの弱さをもカバーできる、

ということでしょうか。


横綱がすべてモンゴル人で、日本の国技として、情けない、

という思いは、いまのぼくにはありません。

国技、という考え方が、古いので、

スポーツとして考えれば、いまや相撲はグローバル・スポーツで、

たんに日本人である、という理由で、強くなるはずもありません。


これも舞の海さんの講演から学んだことを、ふたつ。

一つは、相撲は、発祥がモンゴルで、東進して韓国経由で

日本に伝わった。西進したものは現在トルコなどにも伝えられている。

というもの。

そうならば、現在、3横綱がすべてモンゴル人ということは、

相撲がお里帰り、したようなものかな。


もうひとつ。

朝青龍の父親が、

息子から「どういう心構えですもうをとったらいいか」

と訊かれて、

「お母さんを殺した犯人だと思って闘え」

と答えたそうです。


甘くなった日本人が、かなうわけがない、

なにも相撲の世界だけの話では、

なさそうです。









^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる