2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/01/29

またまたダム氏のいい加減な工事に悩まされる

今日も、一日、ゴイとともに、

サマゴーン現場にいる。


追加のペンキを買ったり、蛍光灯を買ったり。


午後遅くになって、彼らが日本式バスタブ、SAKURAを取り付けた。

排水してみると、なんと、排水溝への出口へ流れないのである。

排水出口は、右端にあるのだが、現在はタイル・フロアの真ん中の

部分が一番低くなっている。


最初に、トイレ室のタイル貼りが終わったとき、

確か僕は水を流してみたのだが、

その時は、気が付かなかった。


その時は、右隅に流れていたように、思うのだ。

考えられるのは、重い日本式バス・タブSAKURAを置いたとき、

床がへこんでしまった、ということか。

(あとで、工事のなり直しをゴン氏が行って、見たのは、

ダム氏のタイル貼りのいい加減さ、だった)

いずれにしても、このままでは、使用に耐えかねるので、

この修復をゴン氏と相談。


ダム氏は、キッチンの排水管と、バスタブの排水管を、

途中から一本にしようとして、

段差の違いを計算していないことを工事の後で発見し、

バスタブの排水路へのつなぎをあきらめる、

という不手際をすでに行っている。

それで、最悪の手段、バスタブの排水も、

普通のトイレ室の排水口へ、たれながす、という状態を

引き起こしていた。


ゴン氏に頼んだのは、再度、バスタブの排水を直接排水溝へつなげる、

という方法。

3000バーツの、独立した別途工事になってしまった。


これで、なんとか恰好のつく解決だ取れそうだった。


しかし、痛いのは、また工事完了が延びてしまうこと。

今月末に引っ越す、ということを、

今の大目標にしている。


ベッド・ルームの作業がすべて終わったので、

荷物を運べるようになった。

それで、夜、2度、

バンカピの部屋から、段ボールの箱を運んだ。


さあ、

秒読みだ。

いやいや、

まだ安心できない?





pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる