2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/02/15

国際競争力


日本から米国その他、海外への留学生が減ってしまっている、

米国では留学生の3分の2が中国人だ、

というような話を聞いています。

日本人の、若い世代の草食度の高さ、覇気のなさには、

将来が危ぶまれるばかりですが、

少なくてもスポーツ界では、まだ海外で活躍しなければ、

という気概が生きているようです。


先週の松山選手のフェニックス・オープンの優勝に続くかのように、

今週は、岩田選手が、ペブル・ビーチで、3日目2位につけて

明日、フィル・ミケルソンと最終日、最終組でプレーしようとしています。


岩田選手にとっては、なにもかもが初めての経験でしょうが、

壊れることなく、最後まで粘って欲しい、

と祈るばかりです。

明日は、午前3時から実況中継がタイのTVで見れますので、

今晩は早く寝て、観戦に備えようと思います。


国際競争力、といえば、日本の経済界にも、

さして目新しいイノベーション企業も見当たらず、

今日の大企業の好況も、

黒田異次元緩和の恩恵を受けているだけ、

という状態に見えます。


シャープを救う、という力も覇気も日本の経済界には無く、

台湾の企業に身請けされるのを、手をこまねいて見ているだけ、

あとで「日本の貴重な技術が海外に流れた」などと嘆かないことを

祈るのみです。


黒田金融政策のみで、稼がせてもらった利益なのだから、

黒田総裁が望む賃金上昇ぐらい、やって見せてほしい、

と思うのは、空しいくらい、肩透かしで、

相も変わらず「社内留保」で、

橋は、叩いてこわれるまで、叩き続けるだけ、結局渡らない、

みたいな、

企業のトップが自閉しているように感じます。


それでも、若い人のなかに、「国際派」が散見して、

頼もしい、と感じることもあります。


今年のダボス会議、地味な開催で終わってしまった感がありますが、

(各国の首脳、オバマも安倍首相もメルケル首相も不参加)、

若い日本の国際派がいたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
立命館大学の久乗亜由美さん(21)だ。

昨年、世界で1万8千人の応募者から予選を勝ち抜き、

人材サービス大手アデコ(スイス)で1カ月にわたり最高経営責任者

(CEO)と働くインターンを体験した。

ダボスでは同社や経営大学院のインシアードなどがまとめた

「世界人材競争力指数」の発表会に参加した。

 久乗さんは「国境を越える人材」について学者や経営者を相手に

堂々と討論。

15歳で自分の意志でカナダに留学し、香港でも学んだ経験から

「心地よい場所から出ることが重要」という。

立派さに感心しつつ耳が痛かったのはなぜだろう。

       (日経新聞から)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心地よい場所から出ることが重要」、


若い日本人にとって、

思いもかけない言葉、

だと受け止められないだろうか。


心地よい場所から、出る必要が、どうしてあるの?

という声が聞こえてきます。


その心地よい場所とやらが、

自分たちが軽侮する、先の世代が築き上げてくれた世界であり、

さらに高めようとする努力無ければ、

砂上の楼閣にすぎない、もろいものだとは、

知ろうともしない、態度。


日本は、中国か、韓国の支配下に、

いつの日か、近い将来、

落ちるのではないか、

そんな怖れを感じます。

少なくても、

ゴルフの世界では、

もうそうなっています。

2015年のプレジデンツ・カップ、

アジアで初めての開催が、

日本ではなく、韓国で行われて、

なんの不思議も感じない、

古い人類のぼくからみれば、

信じがたい世界に、

すでに入ってりるらしい。












^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる