2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2016/01/26

「青い山脈」、そして「続・青い山脈」


今日、TVで「原節子」の30分番組があった。

亡くなったのは、昨年9月5日だから、何か特別な日ではないのに、

彼女の女優としての一生を振り返るコメンタリー番組だった。

英国の、映画監督が選ぶ映画ベストテンでは、

1位 東京物語

2位 2001年宇宙の旅

3位 市民ケーン

という。

映画監督が選ぶ史上最高の映画トップ10


どんなタイミングでのTV番組だったかは不明なのだが、

ぼくにとっては、偶然のグッド・タイミング。

というのは、つい昨日のお昼、

1949年作(ぼくの生まれた年)、「青い山脈」と「続・青い山脈」を

立て続けに、4時間、観たばかりだったのだ。

(長さに驚ろいた、正・続、2時間ずつ)

石坂洋二郎原作の、例の「変しい、変しい、私の変人様」という誤字だらけで

有名なラブレターが出てくる映画で、

話では何度も聞いていたが、

観るのは初めだった。

スローペースな映画に、ゆったりと時間が流れるままにまかせて

原節子、杉葉子、池部良、小暮美千代、若山セツ子などの演技を、

味わった。

主題歌、

若くあかるい歌声に 雪崩は消える花も咲く 

青い山脈 雪割桜 ・・・・・

という歌が、自転車で駆ける若人たちの画面とともに流れると、

ムネがざわざわした。


戦後の価値観が大きく動揺していた時代の悲喜劇だけれど、

いつの時代でも、

未来派と後ろ向き派がいる、

人間在りように変わりはないなぁ、

という思い。


上記のTV番組で、

今はロスアンジェルスに住んでいる杉葉子さんが、

インタビューに出演していた。

88歳。

元気でした。

すばらしい。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる