2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2015/12/04

カインズホームでこたつを買う。炭作り練習。


冬支度、ちゃくちゃく。

今日は、カインズホームで二人用の小さなこたつを買いました。

実は、僕が、腰が悪くて、座卓に長い間座っていられないのです。

リビング・ルームに椅子がいります。

この家で、リビング・ルームは、囲炉裏のある部屋となります。

二人で食事をしたり、

僕がパソコン置いて作業したりできる大きさで十分。

部屋の感じにマッチしたものを探していると、

思いっきり、安っぽいこたつになりました。



20151203kotatsu1
結構、良いでしょ。


20151203homeware1
妻のゴイは、この田舎っぽいもんぺにちゃんちゃんこ、
大好きです。
フェースブックやらで、友人に写真を送って、自慢してるようです。


ところで、前のブログで「炭作り」を趣味にしようか、

なんていたずらに書いてみましたが、

そのあとインターネットで「簡単な炭作り」で調べてみました。

さまざまな方法があるようです。

すべては理解できませんでしたが、とにかく簡単第一で、

いろいろやってみることにしました。

この間、太田山公園の安宅家を訪れ、

囲炉裏でたき火して煙はでるのは当たり前で、気にすることはない、

という話を聞いて、自分の家でも、大丈夫だろう、

もう気にしない、という気持ちを強くしました。


それで、土間の囲炉裏で、焚火をして、

細い木を入れて、炭の試し作りをしてみました。


20151204sumi1
家の垣根の枝払いをしたときに出た木々を、ゴミに出さずに
取ってありました。
それを燃やします。


20151204sumi2
葉っぱの部分を放り込むと案の定、すごい煙です。
ゴイが喜んで、こんな写真をたくさん撮りました。

20151204sumi3
煙が目に染みる。
部屋中、煙りだらけ。
毎日はもちろんできません。
一週間に一度くらいなら、虫よけに良いかも。
この後、火が通った枝を、炭の消壺の要領で、
蓋のある壺にいれて、密閉、空気を遮断。
これで終わりです。

20151204sumi4
試しに、細い枝しか燃やさなかったので、
作品はこんなものでした。

20151204sumi5
煙も出ず、良い燃え具合でした。
木の種類によって、持ちの良い炭とか、硬い炭とかの
違いがでるのだろうと、想像しています。


炭作りは、大網の庭でもっと煙を気にせずに、

大きな枝をつかって作ったほうが、

よさそうです。

この週末に、作ってみます。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる