2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2015/11/25

木更津、リフォーム完了。



20日、無事、成田に到着。

タイ航空は、満員でした。

飛行機の機内サービスは、やはり、いまいち、だったかな。


顕著なのは、僕が乗るとまず注文したくなるアルコールのサービスがなかった、こと。

意図的に、乗客に飲み物の注文を出す機会を避けていることがわかります。


今までの、普通の航空会社のイメージでは、

離陸後まずは飲み物のサービスにくる、

そのとき、ジュースとか、酒飲みは、軽くビールとかカクテルを頼むのだけれど、

それが全くなくて、いきなり朝食の提供に入るのであった。


食事と同時に、今までの他航空会社では、飲み物の注文を聞くのだが、

タイ航空では、それもなし、

食事トレイに付いている小さなジュース、だけで食事を済ますことになる。


食事が終わるころになって、初めて、飲み物の好みを聞きにくるのだが、

手にもっているのはコーヒー、紅茶で、アルコールは無し。


僕は、あえて、ビールを頼みました。

もちろん、持ってきてくれましたが、

まわりをみると、あまりアルコールを頼んでいるひとは見あたりませんでした。

航空会社に協力しているのでしょうか。




成田に着いて、入国管理、

妻のゴイにとっては、初めての、(永住者などの)再入国でのエントリーです。

ちょっと時間がかかりましたが、なんら問題なく、パス。

ビザは必要なく、在留カードでの初めての入国です。

やはり、ちょっと感激していました。



タイ航空、委託荷物が、出てくるまで、時間がかりました。

1時間ちかく待たされました。

僕は、バンコクでチェックインする時間が結構早かったのですが、

きっとファースト・イン、ラースト・アウトなのでしょうか。

エコノミー・クラスなんですが、

ファースト・イン、ファースト・アウトにして欲しいですね。

なんとなく、サービス悪いなぁ、というイメージを持ってしまいました。


さて、日本到着の翌日の21日、

さっそく木更津のリフォームの完了度合を確認に行きました。


午後一番に着くと、まだ倉の外壁を仕上げる左官やさんが入っていました。

内装は、ほぼ完了。

出来具合は、思った以上でした。

細かくは話を入念に詰めることができなかった部分も、

こちらの思惑を十分想像して、好みにマッチした選択をしてくれていました。

いろいろ、細かい、追加注文もしたので、

最終的な請求額が、ちょっと怖いのですが・・・。 ^O^


しかし、いよいよこれから、木更津の家に住むことができる、

という思いはかなり興奮させてくれます。

なにしろ、6月に購入してから、お風呂がなかったりしましたので、

泊まっても、一日止まり、

一週間に、2度、3度と外房の大網から、内房の木更津へ、

焼く90分のドライブをし続けてきたのです。


まず、その苦労からの解放があります。


そして、木更津の家に、住み「混む」ことによって、

自分にあった、住まいになるように、少しづつの変化を加えていく、

その楽しみがあります。

中古住宅なので、大まかなリフォームは終わりましたが、

細かい点の補修には、事欠きません。


少しづつ、休みなく、やっていきます。


まず、最初の関心は、囲炉裏の使い方でした。

古民家といっても、実際は「古民家風」ということであって、

田舎の、大農家の家とはちがって、

囲炉裏もこじんまりとしたものです。

また、囲炉裏をどのように使うか、薪も使うとすると、

その調達をどうするか、何にもまして、

うまく薪を燃やせるか、煙はどの程度ならどうなのか、

などなど難問となりそうです。

そこで、さしあたりは、

囲炉裏が切ってある場所に、大きな火鉢を入れて、

燃料も、炭火中心とすることにしてみました。


20151124irori1
遠くから見ると、こんな風です。

20151124irori2
火鉢も結構大きいので、炭をそこそこ入れると、十分な火力があって、
魚を焼いたり、鍋物をかけたりすることは出来そうです。
自然の火に、妻のゴイも楽しそう。

20151124irori3
僕としては、熱燗を間に、古い友人と、昔話に花を咲かせたい、
ちう気分でしょうか。


23日は、TVを購入しました。

27日に、ケーブル会社の導入があるので、

その前にTVを用意しておかなければならないことになっていました。


パナソニックの40型、録画1テラバイト、1300時間、というのを買いました。

そんなに録画はしないと思うのですが、、、〆て、14万円。

3軒目の家で、こうした生活の基礎製品はそれぞれの家に、備え付けなければなりません。


ケーブル会社からは、TVと、インターネットと、宅電を購入します。

携帯電話があるから、宅電は不要か、とも考えましたが、

いまでも、0120のフリーダイアルは、携帯電話からかけられない場合が多く、

自宅電話が必要になる場合がありそうなので、

月額1000円なので、申し込むことにしました。


27日の金曜日は、午前中にTVの搬入と接続、

午後はケーブル会社のTVチューナーとインターネットの導入が

重なってあります。

これで、やっと、木更津でもインターネットができるので、

安心です。



今日は、LEDの電灯や、バスタオル、お風呂のたらい、

水汲み、椅子、脱衣かご、

電気ポット、都市ガス・コンロ、トイレ用品、フロアマット、

スリッパ、トラッシュ・ボックス、タオル掛けスタンド、

などなどの小物を買い出しました。


そして、さっそく、お風呂に入ってみました。

ゴイは日本のお風呂が大好きなので、

棲む家の、お風呂の具合は大変に重要です。

幸い、合格点でした。

大網の家のものよりは、小さいのですが、

小さい分、風呂場室内の保温も好い加減で、

ゆっくりくつろげます。

小さいといっても、二人一緒にはいれるだけの十分なサイズなので、

満足しています。^O^


引退し、年金生活なのに、生活の幅はまだまだ広がって、

いろんなものを買わなければなりません。


たくさん物を買い、外食し、その分税金も払う、

お国からみたら、愛すべき高齢消費者ではないでしょうか。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

TGは良くなかったですね。。。
たまたまだとは思うのですが、
こういう風に変わったのかもしれませんね。

久々に来年TGへのるので不安になりました。


あと、家は真冬と真夏が大丈夫かなぁと考えました。

真冬は囲炉裏でなんとかなりそーですが
真夏はどうですかね?
なんとなく、エアコンをつけても冷えなそうです。

 風邪には気を付けてください。

 リフォーム完了でいよいよ入居、おめでとうございます。老婆心ですがアルミサッシなしで囲炉裏などの暖房の家での初めての冬の生活、南国育ちの奥さんにはちょっとキツイのではと思います。どうぞ暖かい衣類を買ってあげてください。失礼なコメント御免なさい。
 風邪などを引いても日本の薬はタイのに比べると効き目が薄いような気がします。

冷房エアコン無しの生活

4keさん、

> あと、家は真冬と真夏が大丈夫かなぁと考えました。
> 真冬は囲炉裏でなんとかなりそーですが
> 真夏はどうですかね?
> なんとなく、エアコンをつけても冷えなそうです。

真冬は、心配しています。
囲炉裏では、もちろん足りません。
囲炉裏は、単に、ちょっと料理をしたりの、お楽しみだけで、
暖をとる仕組みとは考えていませんので、ふつうの石油ストーブを
使用する予定でいます。

真夏の方は、なにも準備はなく、心配もしていません。
驚かれると思いますが、実は、バンコクの家も、エアコンは付けていないのです。
もっとも暑い、4月になると、さすがに寝室にエアコン付けようか、という考えに
なったりしますが、4月もすぐに過ぎてしまうと、もうエアコン要らないなぁ、
となってしまいます。基本的に、エアコン冷房が嫌いなのです、身体に悪い、と
考えてしまいます。タイでコンドミニアムを借りて住んでいたとき、もちろん
エアコン付いてましたが、ほとんど使いませんでした。

この木更津の家、リフォームに来た大工さんに言わせると、古い家の造りで、
夏涼しく、冬暖かい家だよ、と話していました。それをちょっと信じてみたい
気持ちでいます。

冬に挑戦

トマックスさん、

温かなメッセージ、ありがとうございました。
ようやく、入居できる環境が整いました。
6月購入後、5か月経ちましたが、かなりのリフォームでしたから、
まぁ、順調に行った、と考えるべきなのかなぁ、という気持ちになっています。

> 老婆心ですがアルミサッシなしで囲炉裏などの暖房の家での初めての冬の生活、南国育ちの奥さんにはちょっとキツイのではと思います。どうぞ暖かい衣類を買ってあげてください。

囲炉裏は単なるお楽しみで、暖を取る方法は、一般的な石油ストーブにします。
妻のゴイにとっては、それでも十分とは言えないでしょうから、おっしゃるような
温かな衣類で身をぐるぐる巻きにして、冬を乗り越えることになりそうです。

ただ、リフォームに入った大工さんが、古民家を見て、夏涼しく、冬温かな家だよ、
100年は持つよ、と言っていました。その言葉が本当かどうか、どの程度本当か、
経験していきます。
とにかく、引っ越しても、まだまだ忙しい日々が続きそうです。

驚きました!(笑)

タイではエアコンなかったんですねー!
それでも、大丈夫なら、問題なさそうですね。
しかも、夏は涼しく冬は暖かいですし。

良かったです。安心しました。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる