2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2015/11/07

ゴルフから今日も教わる我に欠けたるもの


月、水、金のゴルフ予定日、

今日金曜日も皆勤のためタンヤ・ゴルフへ。

20151106golf1
Aコース1番ホール。

20151106golf2
今日も、
18ホール、

20151106golf3
よろしく!

ゴルフを趣味として、よかったなぁ、

と思う時と、

ああ、なんでこんな被虐的なスポーツ、続けているんだろう、

と恨めしく思う気持ちが、

いつもいつも同居しています。


平たく言えば、

僕が平均85ストロークで打ち終わるとして、

ドライバーからアイアン、パターまで含めてですが、

自分がこう打ちたいと思った通り打てた割合は、

多分1割にも満たない数字になります。

殆どが、あ~っ、お~っ、だめだぁ~っ、XXXっ、死ね~、

などというショットが9割をしめるわけです。

そうしながら、まぁ、85で上がれたり、

時には80を切ったりするのは、

ラッキーとアンラッキーは公平にやってくるので、

思いがけずの好結果がもたらされるからでしょう。


プレー中は、決して精神的に健康な状態で終始していない

ことは確かなのです。


それでは、なぜ、ゴルフをするか、

と言えば、

やはり、面白いから、としか言えないのですが。

健康のため、というのは、いつも優しいパートナーとしての

アイデアです。

今日あった、だからゴルフがやめられなくなる良いことと言えば、

20151106golf4
Bコース5番ホール。321ヤード、パー4。
ドローで打ち出されたドライバーショットは、
ティーグランドからみると、右からフェアウェイの真ん中に向かって飛んでいきました。
ボールは、
ガードバンカーの右に3本のココナツの木がある斜面の下、
グリーンまで40ヤードのところに留まっていました。
280ヤード飛んでいた、ということでしょうか。

20151106golf5
Bコース8番ホール。548ヤード、パー5。
330ヤード付近にフェアウェイを横切るクリークと、
左右に池が配された、第一打がある程度距離を出さないと、
2打目が難しいホールとなります。
僕の打ったボールは今日一番で、
左奥にグリーンまで200ヤードを示す青杭がありますが、
その手前50ヤード付近まで飛んでいました。
風が強かったわけではないのに、
298ヤード飛んでいたことになる?
とにかく、このホールでの今までの最長不倒距離でした。


やはり、ゴルフはドライバーが上手に打てると、楽しいものです。


しかし、ここからが、試練の始まりなのです。

禍福はあざなえる縄の如し。

B5はスコア・カードを見ると、ダブル・ボギーで終わっています。

2打をSWで、ダフッてチョロ、3打め同じくSWで、今度はシャンク!

4オンしましたが、そこから2パットで、ダボで終了。。。

これで自虐にならなければ、人間ではありません。。。


そして、B8では、第2打をスプーンで打って、

まずまずの当たり、

フェアウェイ・バンカー越えてグリーンまで50ヤードのラフ。

近寄ってみるとかなり深いラフで、

おそるおそる打った第3打は、案の定、グリーンまで届かず、

4オン、1パットで、

今日一番のティーショットにも拘わらず、終わってみればただのパー。

こんな失敗が目立つBコースは、後半のプレーだったのですが、

なんとかブチギレせずに終えたのは、

前半のプレーで、すでに学ぶことがあったからです。

というのは、

Aコース、1番から3番まで、連続パー。

絶好調のスタートです。

(こういうときは、すでに注意!注意!の警戒信号が出ている、

ということなのですが、本人は自覚できません)

4番523ヤード、パー5は、ほぼ直角に右ドッグレッグする、

課題の多いホールです。

ぼくは、ここのティーショットには、過去の実績で自信があって、

今日も、正面に見えるカート道を右に、大きく越えて、

セカンドショットのためには、ベストポジションを思われるところへ、

打ちました。

キャディさんからも、スワーイ・マークの声。

ところが、

フェアウェイに行ってみると、ボールが無い。

先に転がり過ぎたのかと思って、あちこち探しても見つからない。

なんと驚いたことに、なにかに当たって、キックバックしたのでしょう、

大きく戻った、右池の斜面のラフにボールがありました。

このアンラッキーさに、カッカとした頭は、

一発形勢逆転の考えとなり、つま先下がりのラフからなのに、

スプーンを取り出します。

最近、練習では、背中に軸の感じをおいて、上手く3番ウッドが

打てているのです。

斜面からでしたが、まぁまぁの当たりで、

キャディさんも、池越えのラフ、と言い、

池さえ越えたら残り150ヤードくらいで、

リカバリーに成功したと思いました。

ところが、行ってみると、またしてもボールが無い。。。

キャディさんは、あっけらかんと、あら届かなかったのね、

という表情。

そして、ラフにドロップして打った6番アイアンは、

左に引っかかって、また池。

そこからドロップして、SWで7オン、

ツーパットで上がってみればスコアは9、

4オーバーでです。

3番までの絶好調から、まさに天国から地獄をみる思い。

カッカとしながらも、今日は、身体の調子がいいのでしょう、

残りの5ホールは、パーが3個にボギーが2個、

前半トータルでは、6個のパーを取って、6オーバーで終了。

たらればを言えば、

4番をボギーで収めておけば、3オーバー、39で上がれたプレーでした。


昼休みにグリーン・カレーを食べながら、

ここでの教訓は、

とにかくアンラッキーな場面に遭遇したときにも、

自分を見失わないこと、

一発逆転の形勢回復を狙わないこと、

硬くなるのではなく、禅の精神で脱力すること、

ということでした。

とにかく、自分を忘れて、一つの考えに夢中になってはいけない、

ということ。

(以前にも、いろんな場面でーゴルフであるが他のケースであろうがー

なんどもこんな心境になったことはあるわけで、いつまでたっても

見に着かない悲しさを、どこかで感じながら、

それでも、いいさぁ、人間だもの、の精神でしょうか)


これが、後半9ホール、またまた禍福の縄にあやつられながら、

一日のプレーを終えたのでした。

スコアは、普通の、前半42、後半43の85。

妻のゴイは、前半49、後半45の94、

こちらもふつうのスコアでした。


そして、

考えてみれば、

ゴルフは奥深い

という思い。



20151106golfcoconuts
さて、ゴルフ場でみた、ココナッツの実です。


20151106coconuts
前に一度、裏庭の我が家のココナッツの木に花が咲いたと、
書いたことがありますが、
その花が実となって、ここまで成長しています。
この木は、苗木から育てましたので、初花で初の実です。
将来はゴルフ場の木のように、たくさんのココナッツが成るでしょうか。


20151106jackf1
可哀そうなのが、ジャック・フルーツの木。
こんな姿になってしまいました。
栄枯盛衰?


この夜は、米国の雇用統計発表の日でした。

ここでも、また、禍福はあざなえる縄のごとし、

という経験をすることになりましたが、

その話はまた、


ということで。




^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

趣味の世界。

 タイへ移住したらゴルフを始めようかなぁーと思っていたんですがこの暑い中で・・・・・結局思うだけでした。There's no accounting for taste.の英語の諺通り本当に”蓼食う虫も好き好き”なんでしょうね。
 でもゴルフは体を使うというか動かさざるを得ないんですから精神衛生上は如何かは知りませんが健康にはいいでしょうね。
 私の趣味の写真や読書にしても神さんからは理解しては貰えないようです。望遠レンズを付けて鳥さんというかカワセミ狙い、「あんな重いものをもって歩き回ってめったに撮れないのに何が楽しいんだろうと冷ややかな目で見られているようです。」
 神さんは本さえ全く読まないので結婚当初はまさかと思い驚愕でしたがまあ人生様々でいろんな楽しみがあるようで、私も神さんにはいろいろと教えて貰いました。

Re: 趣味の世界。

トマックスさん、

>  タイへ移住したらゴルフを始めようかなぁーと思っていたんですがこの暑い中で・・・・・結局思うだけでした。

暑い中、だらだら汗を流しながらゴルフをするのも、一興です。体重がどっと減るので、ダイエットには最適です。今からでも、どうですか?


>  私の趣味の写真や読書にしても神さんからは理解しては貰えないようです。望遠レンズを付けて鳥さんというかカワセミ狙い、「あんな重いものをもって歩き回ってめったに撮れないのに何が楽しいんだろうと冷ややかな目で見られているようです。」

野鳥の写真、奥が深そうですね。私に会社員時代、一時職場をともにした人に、浅見明博という、富士山とか野鳥の写真の本を出版している人がいました。その道では著名な一人かもしれないのですが、ご存じではありませんか?

>  神さんは本さえ全く読まないので結婚当初はまさかと思い驚愕でしたがまあ人生様々でいろんな楽しみがあるようで、私も神さんにはいろいろと教えて貰いました。

あはは、私も、会社の同僚で、大学出の女子社員がいたのですが、教科書以外の本は読んだことがない、と聞いて驚愕したことがあります。女子は、恐ろしい、としみじみ感じました。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる