2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2015/07/04

優しくない社会、日本。


いつから、こんな日本になったのか。

現在の日本のオピニオン・リーダー層は、団塊の次世代の人たちであろう。

どうも、この人たちは、被害妄想の強い人たちに思えてしまう。

きっと、団塊世代が、現役でいたころに、つらい経験をしたのだろうか。

とにかく、自分たちより前の世代に対して、

日本の経済発展の中で、

あたかも甘い汁をすって、ただで、その恩恵を受けた世代だ、

とでも言っているようだ。

団塊世代からいうと、社会にでて、なにが始まったかというと、

「低成長時代」、「頑張っても、ポストはないよ」、「国際競争の激化」、

などなどの課題を背負って、生き抜いてきた、という感が強い。

上の世代の、縁の下で、日本の成長を伸ばしてきた、という思いはあっても、

上の世代をうらやんだり、ねたんだり、おとしめよう、などと思ったことはない。

ところが、次世代の人たちは、真逆のようである。

やたら、「世代間格差」をうたい文句にする。。。

今日も、日経新聞のウェブ・サイトで、

世代と税負担、あなたの場合は

という記事をみた。

現役世代と、高齢者との税負担の差を、試算して示している。

高齢者が、優遇されている、世代間格差だ、と叫んでいるのだ。


こういう記事にはうんざりする。

高齢者が、税制上、優遇されて、良いではないか。

この先、収入を増やすことができるわけではない世代である。

現役世代は、努力しだいで、いかように収入を増やせるし、

エネルギー、未来、昇進、成功、名誉などなど、

沢山の宝を保有している世代なのだ。

それなのに、なぜ、高齢者に優しくなれないのだろう。

現役からリタイヤし、少ないけれども年金をもらい、

ささやかで、おだやかな老後を送りたい、

という思いを、実現するのが、

成長する日本の夢ではなかったのか。

高齢者をいじめる下の世代は、自分たちが高齢者になったとき、

どんな社会になりたいと、描いているのだろう。


上記の記事が、アナクロ的におかしいのは、

比較対象として挙げている 例が、

Case1 年金だけ(妻扶養)、Case2 年金+給与(妻扶養)で、

それぞれの収入が200万、300万、400万の税を試算している。

そもそも、200万、300万、400万の人たちが、税の優遇を受けて当然ではないか。

年金と給与をもらっているひとは、

年金だけでは暮らせず、いまだに働いているのである。

現役世代の200万、300万、400万の人たちの税の試算は、行っていない。

そもそも年金、年金と、ただでもらっているように言うが、

その中から、きちんと税金は払っているのだ。

税金に関しては、現役ではないか。

それでも、「世代間格差」という。

「世代間格差」が独り歩きしている感じである。


最近の流行り言葉に「おもてなしの日本」とかがある。

高齢者に優しくなくて、

なにが「おもてなし」の心だ、

という気がする。



今日も、タンヤ・ゴルフはスポーツ・デイでした。

後半の9ホールは、73歳のタイ人と、40代のイタリア人と

一緒に回りました。

タイ人のお孫さんの娘は、大学で日本語を学んで、

いまは日本企業に勤めているとか。


20150703golf1
今日も、ゴルフ日和。


20150703golf2
気持ちよく、スタートです。


20150703golf3
Bの3番ホール、315ヤード、パー4。
僕の第一打が、グリーンバンカー近くまで飛びました。


20150703golf7
今度は妻ゴイのロングショット。
Bの8番ホール、赤テイから、506ヤード、パー5。
第一打が、残り200ヤードの杭を越えています。


20150703golf5
そこから、3ウッドを放ったところ。



20150703golf6
ナイスショットで、ほぼグリーンの脇まで運びました。



快適な、

一日でした。


感謝。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 数が増え過ぎると目立つのでは・・・

 難しい話は判りませんが見栄えのする若者に比べて醜いとまでは言いませんが地味な服装を好む老人の数が増え過ぎると目立つので叩かれやすいのではないでしょうか?昔は「今の若者は・・・」って言ってきたのが今は「今の年寄りは・・・」って言われるのは我々がまだ恵まれている証拠でと思っていればいいのでは?
 全ての諸悪の根源は責任など全くなしで自由に振舞えそして金太郎飴が大好きな大本営発表がどんどんできるお役人の責任なんですよ。自ら手を下しての殺人以外は責任なしですから!年金だってこうなるのは制度を作った当初から判っていたことです。あの頃は日本の人口が増え過ぎてきて困るってのた廻っていたようですね。
 それにしてもいろいろと障害はあるでしょうが年金で海外へ出ればいくらでも余生を” 青春真っ只中の気分 ”で暮らせると思うのに少ない年金でも税金は間違いなく毟り取られる国で体にも大変きつい気候なのに如何して皆さんは暮らしているのでしょうか?言葉は判らなくてもお金が話してくれるんですが・・・。買い物でもスーパーに行って欲しいモノを籠に入れてレジに行けば誤魔化されることなく買い物はできますよね。奇人、変人の部類にいるらしい私からすれば理解できません。
 サマゴーンの涼風さん、人生を謳歌しましょうよ。

Re:  数が増え過ぎると目立つのでは・・・

トマックスさん、
国の舵を取る役人の、質と力が極端に墜ちて、こんな国の状態になったと思うのですが、責任を取ろうとする責任感というものが、完全に欠如しているのが、また役人で、せめて「公務員改革」をしてタガを締めなおすことが必要だと思うのですが、これをできる政治家が、一人も出てこない、という状況が、日本の無力化を現しているような気がします。
もう、「現役」世代ではないそうですから、トマックスさんがおっしゃるように、われわれの人生を謳歌しましょう!

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる