2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/04/24

日本に住むタイ人・ネットワーク


実は、今まで、日本に住んでいるタイ人のつながりについて、

あまり強い興味はもっていませんでした。

僕と、タイとの付き合い方は、

「タイに住む」ということがあらかじめ前提とされていたからです。


ところで、それが今、微妙に変化しつつあります。

いろいろ考えて、

少なくても、日本とタイ、半々の生活、

妻のゴイが馴染めば、日本が6割ー7割の生活でもいいのではないか、

と感じ始めているのです。


タイでの生活に障害ができたとか、

日本への郷愁が強まったのだとか、

そういうことではありません。


大きな要素の一つは、ゴイの立場で考えてみると、

というところにあります。


現実の生活を通して、より多くのことを学び、経験し、賢くなるためには、

タイでの生活を中心にするのと、

一時的にでも、日本での生活に中心をおいてみるのと、

どちらが豊かな実りを生むか、と考えたとき、

日本かなぁ、

という気になった、ということです。


明日から、安曇野の友人を訪問して、

そういうところを考えてみたい、と思っています。


自分が、そういう気になりつつある、

ということが、なんらかの方法で伝わったのでしょうか。


うれしいブログ読者からのコメントが届きました。

管理者のみ閲覧可能、というコメントだったので、

ほかの方は読めないし、内容公開も控えたほうが良いのでしょうが、、

一言でいうと、

タイに関して、僕よりも先輩にあたり、、

僕と同じように、年齢差結婚をされ、日本に住むようになって数年、

という方で、

実は、僕が住んでいる千葉にもタイ人が多いんだよ、

ということを教えてくださったのです。


僕は、全然、知りませんでした。

タイ人用の食材やさんまであるほどなのだ、とは。


この(たとえば)Mさんと、会話がしたくて、

ブログのコメントに添付されたメールアドレスにメールを出したのですが、

FC2のこの機能、なんだかうまく作動しているのか、

非常に不安です。


Mさん、もし、この本文を読まれましたら、

もう一度ご連絡いただけますか?

よろしくお願いいたします。


今回に日本帰国中に、

タイのゴルフ場で知り合った、Hさんの奥さまが経営する、

赤坂のタイ・レストランも訪問してみるつもりです。


少しづつ、日本に住むタイ人について、

知識と意識が増えていくことを、

望んでいるところです。


感謝。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。