2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2015/03/29

ゴルフ、基本に返って。


結局、この1か月迷路に嵌って右往左往していたゴルフ・クラブの選択は、

基本に返って、アイアン・セットはミズノ MP37に落ち着きました。

このMP37は、タイに来る前ですから、7,8年前に、ヤフー・オークションで購入したものです。

当時の雑誌に、使いやすいマッスル・バック ランキングという特集があって、

このMP37が一番人気だったことを記憶しています。

今日、ネットで調べてみると、MP33とMP37を比べている記事がいくつかあって、

MP37はMP33に対して上級者の要求をいれて作った製品だとか、

MP33より難しいクラブだ、

という意見もあるようですが、

簡単にわかる違いは、

・MP37の方が、ロフトが立っている(I5で、MP33は28度、MP37は27度)、

・MP37の方が低重心、

であるようで、詳しい性能の比較は、アベレージ・ゴルファーには意味がないように思います。

僕が持っているMP37のシャフトはX100で、ネット・オークションで指定して買いました。

(日本にも1セット持っていて、これもX100です)

今回、気になったのは、もうX100は使えないかな、

使わない方が良いのかな、

ということでした。


しかし、試行錯誤した結果、このクラブの方が、

ラフに入った時のも、打てて、ある程度、距離が得られるということ、

ミスショットが、左や右に大曲することはないこと、

距離を得ようと思わなければ、平均して安定した結果が期待できること、

ということでした。

今の理想は、7Iで150ヤードです。


実際には番手で距離を言うのは、合理的ではなくて、

ロフト35度のアイアンで、150ヤード、という言い方の方が良いのでしょう。

というのは、ブリジストンのViq CLでは、7番のロフトが31度、

僕がひそかに易しいクラブ、と狙っているミズノ JPX825は32度で、

当然、距離がでるようになっています。


この一か月の間、行っていたのは、もちろん、クラブの選択だけではなくて、

基本に返って、

年齢を経てきたときのスイングの見直し、

特別な注意点、

なにか良いドリルはないか、などなど、

ネットでビデオを探したりしていました。


なかで、「桑田泉のクォーター理論」というのが面白いと思い、

練習ドリルに取り入れてみました。

スイング2というドリルで、

バックスイングで背中を90度回し、ダウンは足だけ45度戻す、

というのがあります。

リズムは、「背中」 (間) 「あし」 と (言って)打ちます。


これを練習していると、

妻のゴイが、

「あなたの背中は、90度になってない」

と言います。

今まで、肩を90度回す、ということに疑問を持ったことがなく、

いつも90度は回っている、

と自分自身、信じていました。

言われたので、鏡で確認すると、

そうなんです、

90度、どころか、60度くらいしか、回っていない。

腕で、クラブを飛行線後ろ180度に動かしている、

だけなのです。

これは、ショッキングな発見でした。

考えてみると、車を運転するときなど、後ろを振り返るのが、

ずーっと、キツク感じていたのです。

身体が、ますます硬くなっているなぁ、とわかっていたのです。

それが、ゴルフに出ているとは、ウカツにも気がついていませんでした。


それからは、『肩(背中)を90度』、(ドライバーは100度)、

がテーマになりました。


以前にゴルフ・ダイジェストで読んだ、

藤田寛之選手の、「30ヤードが基本」、という記事を思い出したりしました。

・体重移動せず、腰から上を回す、クラブは常に正面

・練習は、胸の前で手をクロスさせて、下半身を動かさずに上体を回す

・背骨を軸に、腰から上だけを回す

・背骨の角度を保つことが重要

・手先を使わず身体の回転だけで打つ

(ボールが左に出たら右肩が前に出ている、

右に出たら、左サイドが伸び上っている、

基本は回転だから、インサイド・インである)

この練習法との共通性も感じます。

(藤田寛之選手、昨年から原因不明の肩の痛みに苦しんでいる

ようですね、ものをつかもうと肩を上げただけで、痛みが走るほど・・・。

一日も早く、回復することを願っています)


今のテーマは、『肩(背中)を90度』。

このためには、今、何気に行っている、

「ベタ足」でバックスイングしていることから、

昔は普通だった、「左かかとを少し上げる」、

ということに戻ってても良い、

という練習をしようとしています。


次は、『力むことなく、クラブ・ヘッドの重さを感じながら打つ』。


そして、『体重をクラブヘッドに乗せる』こと、

(これが、実はどういうことなのか、まだ実感で理解してないのですが)。


いつまでも、やることが多くて、楽しみです。


僕は、自分がまだ中級者であることを自覚しています。

とにかく、まともにクラブに当てることだけで、精一杯で、

フックを打ったり、スライス打ったり、

(ドローとかフェードとかは言いません)

まだまだコントロールできません。

それで、言うところの、

球筋をイメージして、セットアップする、

ということができないのです。


いつかはできるようになるでしょうか。。。


とにかく、

まだまだ、

試行錯誤、

迷路に入ったまま、

ゴルフ・ライフは続くのでしょう。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる