2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/08/28

トンブリで、変圧器を手に入れる。


最近のバンコクは、夕方に一降りあって、

深夜のまた、一雨がある、という日が続いています。

一昨日の深夜には、かなりの大雨で、家の前の道路が冠水していました。


昨日、27日、タイに戻って来てから初めて、バンコク市内に出た。

まずは、日本円をバーツに交換。

今週は、ウクライナ危機が緩和されたのと、

米国の経済指標が、ポジティブな数値の連続で、

ドル高・円安傾向が激しく(ドル円、104円台)、

円をバーツに交換するのは少し待ちたい気持ちなのですが、

まぁまぁという気持ちで、20万円ほど、交換。

1万円で3060バーツでした。

すこし待っても、3100バーツくらいになる程度に円高の程度の

ような気がします。

差が40バーツなら、20万変えても、800バーツの違いなので、

待ってもしょうがないか、と。


スーパーリッチで交換のあと、セントラル・ワールドに行き、

「歌あんどん」で、ランチ。

いつもの鍋焼きうどんを食べましたが、

なんだか天ぷらの海老は細々しいし、

豚の肉片も、小指の爪ほどのものがふた切れのみ、

値段は記憶していないけれど、

中身はずいぶん、やせてしまったなぁ、

という感じをうけました。

こんなだったら、リピート注文する気にはならないので、

この変化は確かだと思います。


なんだか、みみっちい思いをさせられるな、という気分。


さて、今日は、目的があります。

日本から持ってきた「魚焼き器」を、タイで使えるようにする、

「変圧器」を求めて来たのです。

日本の電気製品は、100Vとか110Vですが、

タイは200Vです。

「変圧」しないと、機器が破損してしまいます。

変圧器は売っているのですが、対応するワットが、

数百ワットと少量のものが大半です。

電気かみそりとか、ドライヤーとかまでなら、

500ワット以下で、変圧器も800バーツほどで、

ホームプロ等で入手できます。

ところが、1000ワット以上になると、とたんに品薄になり、

取扱い店も減って、

ホームプロでは、2000ワット対応機が5000バーツ以上も

してしまいます。

その「魚焼き器」は1000ワットなので、中間の大きさが

必要なのです。


トンブリの、バン・モー・プラザに行けば、あるよ!

ということがわかり、

妻のゴイに行ってもらうことにしました。


セントラル・ワールドで別れ、

僕はプロンポンへ行って、古本屋で時間をつぶしていることに

しました。

1時間もしないうちに、ゴイから連絡がはいり、

これからプロンポンに向かう、という。


それから1時間、ちょっと時間がかかりすぎか、

と感じていたら、やってきて、その理由がわかりました。

1000ワット対応の変圧器、みかけはさほどではないのですが、

重いのなんのって、

これをぶら下げて歩くのは、大変だということが分りました。

手と、腰が痛くなったと、ぼやくことしきり、

です。

しかし、彼女の、望みの品が手に入ったわけで、

なんとか痛みもがまんできる、と言ったところでしょうか。


さっそく、FUJIスーパーで「さんま」を買って、

今朝、変圧器を通した「魚焼き器」で焼いてみました。


結果は上々です。

焼き茄子の出来具合も、ふんわかと、おいしくできました。

大満足ですね。


20140828transformer1
大きさはこの程度ですが、
鉄と銅の塊で、重~いです。


20140828tranformer2
こんな感じです。
とにかく、使い易いのが最大の魅力でしょう。
安心して、焼き上がりを待てます。


今日、レストランで、読売新聞を手に取りました。

コラムの「編集手帳」。

ネットの読売新聞では、この「編集手帳」を載せなくなって

久しくなります。

各新聞のコラムの中で、この「編集手帳」氏が、

もっとも教養とセンスの持ち主だと、見なしています。

その日、貝原益軒の命日だったそうで。。。


20140828yomiuri1


「老後は若きときより、月日の早きこと、10倍なれば・・・」

考えさせられます。

一日を10日とする、、、

といっても、

一日にゴルフを10ラインドできないし・・・。

ファイト!




^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 裏があるようです。

 タイの物価には裏があるのではと偶に思います。タイ人の友達に紹介して貰って買った物凄い優れもののフィルターが5つの清水器は市場価格の3割でした。で、交換用のフィルターなんですがホーム・プロで売っている値段とその知人に購入して来て貰うのではやはり差がメッチャあります。ホームプロでの1本半分の価格で5本買ってきてくれます。
 タイでサンマが焼けるって一軒家ならではですね。羨ましい!

Re:  裏があるようです。

トマックスさん、

すぐれもの製品が、市場価格の3割、ですか。良いつてをお持ちですね。


>  タイでサンマが焼けるって一軒家ならではですね。羨ましい!
煙の出ない「焼き器」ですので、コンドでも使えると思えますが・・・。
とにかく何でも焼ける、「焼きいも」もできるので、これも日本の
すぐれものだと思っています。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる