2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/08/24

サントリー・ホールで「運命」を聴く。



体重を測ると、なんと73kgもありました。

思い当たる節があります。

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動なし。。。

そこで、ダイエットのために、シーナカリン・ドライビング・レンジに行き、

汗をながしてきました。

今日は、後付で、8月16日(土)の、サントリー・ホールヘいった経験を

記録しておきたいと思います。


チケットを予約したのは、日本に出発する前で、

1か月以上前でした。

こうした公演に行った経験では、すべて夕方からの開演でした。

それで、午後おそくに家を出ればいいものと、

朝食が終わってから、買い物をし、

ランチの前に、手付かずだった垣根の伐採を、目立つところだけでもと、

始めました。

結構手間取って2時間、なんとか終える気になって、

家に入ったのがもう12時になろうとする時間。

さて最後に確認で、サントリー・ホールのチケットの受け取り方を、

ネットで調べると、

なんと、開演時間は、14時となっているではありませんか!

夏休みの特別講演なので、昼の公演なのです。


千葉郊外の家から、六本木まで、ふつう2時間では行けません。

途中からの演奏でも、しかたがない、出かけよう、

と即断し、

ランチの準備をしていた妻のゴイに、速攻で出発するむね

伝えました。

男の僕は、準備に時間はかかりませんが、驚いたことに

ゴイの準備もすばやいもので、

家を車で出たのは12時12分。

駅の駐車場に車を置いて、乗車券を買ったのが12時20分。

特急が来ればいいなぁ、と願いましたが、

千葉行しか来ません。

とにかく来た電車に乗ったのが12時25分で、

蘇我で乗り換えることにしました。


蘇我からは、12時50分の京葉線快速東京行と、

13時01分発、東京行特急があります。

駅員室まで行って、どちらが早く東京につくかと訊くと、

4分違いですが、快速の方が、早い、とのこと。

京葉線のホームにもどると、すでに発車まじかで、

飛び乗るようにして乗り込みました。

幸い、席も取れて、東京駅まで41分、

予定通りに、13時31分に、東京到着です。


すぐに、東京駅を表にでて、タクシーを拾います。

「溜池のサントリー・ホールまで」

というと、

「えっ」

と言われたので、心配しながら、

「サントリー・ホールまで」

と簡単に言い直しました。

皇居方面に真っ直ぐ進みましたので、

どうやら、場所をよく知っている運転手さんのようでした。


そして、本当に幸いなことに、夏休みの土曜日なので、

道路はスカスカです。

渋滞一切なく、あっという間に、サントリーホールに着いたのが、

13時45分です。


チケット窓口で、予約していた券を受け取り、

会場内へ。

時間が10分あったので、とにかく腹こしらえが必要と、

ロビーの飲食コーナーで、

サンドウィッチと、ジュース、コーヒーを流し込んで、

2階の席に着いたのが、14時1分前!


なんと、奇跡的に公演に間に合ったのです!

とにかく、それだけで満足な気持ちになってしまった僕でしたが、

ゴイも初めてみる演奏会場や、

オーケストラ面々の行動、

演奏それ自体、

予想以上に良かったようで、

大満足のコンサート初体験となりました。


20140816concert1
予約するのが遅かったので、取れた席は、
2階LC席でした。LCとはレフトサイド、(A)(B) Cという意味です。

20140816concert2
こんな感じです。

20140816concert3
まぁまぁ、良い席だったと思います。

演目は、

シューベルトの「未完成」、

ベートーベンの「運命」、

そしてドボルザークの「新世界から」、

という僕たち向きのポピュラーな楽曲です。

(もちろん、僕が、そういう内容を選らんだのではありますが)

「運命」はお馴染みちゅうのお馴染みで、

「新世界から」の第2楽章は、生で聴くとさらに細部まで

こころに響くものがあって、ホロリとしてしまいました。


今度日本に来るときもまた来たい、

ということになり、

公演目録を調べ、9月には予約しないといけないね、

という話をしました。

どうやら、2階LBの席が、一番良さそうだ、

というように見えます。


公演が終わると、小雨が降っていました。

昼食をとっていなかったので、

サントリーホールのちかくのイタリアン・レストランで、

パスタ、ビール、ジュースの軽食をとりました。


店を出ると、雨もほぼ上がっていたので、

六本木駅まで歩いてみよう、ということに。


実は、ここは、僕が30年以上勤務した会社の本社が

ある土地なのです。

初めて知りましたが、その本社の跡地、

すでに売却されていたのですが、

もう更地になって次の建築が始まっていました。

そういえば、後ろにあった六本木プリンスホテルも、

同様に地続きの更地になっていて、

よほど大きなビルに変身するような様子です。

ああ、もうほとんど面影もないない・・・と思いながら、

歩いていたのですが、

なんと「赤ちょうちん」だけは、今も健在のようで、

昔の姿のまま、佇んでいたのでした。


六本木駅まで歩いて、

イタリアン・レストランではデザートを食べていないから、

アイスクリームでも食べよう、

ということになり、

TV番組で見たことのある、

六本木駅から歩いて3分、YELO,

というお店を探してみると、

20140816yelo1
なんとすごい行列のできるお店、なのでした。
きっと1時間以上、待たされるのでしょう。

あきらめて、六本木ヒルズまで歩き、

ここでも人通りに驚かされて、

クリープ・アイスクリームを食べて、

帰ってきました。


明日は、タイに戻りますが、

最後の一日、

最高の形で、

終了です!





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる