2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/01/05

門扉の一回目の塗りを終了。

今日は、木曜日で、ゴイのクラスの無い日。

一日中、家のことが出来る、数少ない日である。


午前中早くに、バンカピからサマゴーンに行き、

まずは、門扉の塗装作業。

昨夜の雨で、錆びだ吹き出てしまっている箇所が

ちらほら。

布でからぶきをしなければならない。


もう、近所の専門家のアドバイス通りに塗りを行う気は、

無くしている。

素人の仕上がりでいいから、

とにかく今より見栄えが良くなればOKだ、

という方針に切り替え。

というより、

最初からその気だったのだが、

善意から出たアドバイスに従いすぎて、

回り道をしてしまった、

ということになる。


とにかく、2時間で、一回めを塗り上げた。


2度塗りをする予定である。


午後1時に、

ウチャイさんから紹介された、ワークマンのダムさんと初会談。

こちらで改装したい場所と、その改装点を簡単に説明。

トイレ室へのドア、

キッチンへ出るドアを変更しなければならない点が難易度が高いようだ。

また、屋外キッチンを覆う屋根についても、配慮点が多い。

また、リビング以外の二部屋は、オリギナルのままなのだが、

どうやら木材の床で、長年の床からの湿気の影響で、

相当痛んでいるらしい。

これは、変更する予定になかったのだが、

タイル張りに換えようと決心する。


なるべく簡単に済まそう、とおもっていた改装プランが、

次第次第に大きくなっていく。。。

よくあるパターンではあるけれど。


そのあとの午後には、

ナワミンのブーンターウォンに行って、

トイレ室の床タイル、

そして屋外キッチンの床タイルを、

2時間かけて選定、発注した。


一日中、家の改装で明け暮れることになった。

夕食は、

近くのイサーン食堂で、

美味しくビールが飲めました。


感謝。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる