2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/06/23

US女子オープン、ミッシェル・ウィー優勝

今日は、早朝の2時から3時間、

TVの前に釘づけになっていました。

US女子オープンの最終日、

ミッシェル・ウィー選手にとって、歴史的な勝負の一日を

TV観戦することができました。


実は、その前の時間から、PGA男子のトレベラーズ選手権の

放送をみていたので、

昨夜から一睡もせずに、TVを見続けていたことになり、

寝不足きわまりない日となってしまいました。


しかし、思いっきり、面白い試合でした。

最終日に、ワールドNo.1のステイシー・ルイスが、

パインハーストで8バーディを奪う(4ボギー)という快進撃で、

首位に1打差まで詰め寄ったのです。


なんといっても、「その瞬間」は、ダブル・ボギーで一打差に

なった後の、17番、22フィートのパットを、

「テーブル・トップ・パッティング・スタンス」で沈めたシーンでした。

「今までのゴルフ人生で最高のパットだった」と語っています。



いくつかのシーンの写真を、インターネットから拾って、

貼り付けておきます。

下記は、優勝後のインタビューの抜粋です。

言葉は、メジャーに優勝した誰もが述べる言葉と

同じです。

「信じられない、最高に幸せ、親にも、支えてくれたコーチ・スタッフにも、

友人にも感謝する、トロフィーに名を刻めて最高に光栄」

といったものですが、

ミシェル・ウィー選手からでると、その重さが違うように感じます。

12歳から世に認められるようになって、今24歳ですから、

人生の半分を、すでに公式なゴルフの世界で生きてきて、

最大級の期待に囲まれながら、紆余曲折の長い道のりのあと、

ついに、ついに手に入れた最高の勝利なのですから、

十年に一度の、非常に質の高い、スポーツ・ドラマを見ている

気がしました。


20140622wie1


20140622wie2
17番、22フィートのパットを入れて、バーディを取った瞬間。
生涯で最高のパットと語る。

20140622wie3
18番、優勝を決めた瞬間。


優勝後のインタビューの抜粋です。

最後のパラグラフにある、

「くじけそうになったときも、正直あるけれど、

自分のゴルフへの思い、いつかは強い選手になって、

一年に2勝はあげる選手になって、

いつ日かはメジャーのチャンピオンになれる、

というゴルフへの信念は、良い時も悪い時も、

かって失ったことはない、

そして自分を取り巻く、親、友人、コーチ、レッドベター、スタッフ、エージェント、

全員が私を信じることを止めず、

私を常に前に前に押し続けてくれた、

信じられないくらい」

という言葉は、深い感謝の気持ちが出ていて、

いいですね。



“I can’t even think straight,” as Wie opened up her press conference. “I’m so happy right now. I’m just unbelievably happy. I’m so honored to be part -- to have my name on the trophy. Just so grateful for everything. I’m just really happy. I’m really thankful, just everything, feeling every single emotion I can right now.

With her double bogey on 16, Wie’s lead was cut to just one shot with two holes to play. But the six-year Tour member never faltered and responded with a monster 22-foot birdie putt to extend the lead back to two shots. She called it a putt of a lifetime.

“And I think that was one of the best putts I’ve ever hit in my life,” said Wie. “It was really fast. It was a double breaker. It definitely felt like Solheim when I made the putt. That kind of emotion, that kind of pressure. I just, I think, I’ll think of that putt as one of the best putts I’ve ever hit in my entire life.”

“It was crazy,” said Wie. “I mean, like I said before, this week came into a full circle. I walked on Sunday with Rickie and Martin. I wanted so badly to be in that position, just to kind of have a leisurely walk up to 18 and make a par to win kind of thing. And I feel so lucky. Just seeing everyone root for me and just felt so special. Just knowing that my parents were there. Just knowing that my friends were there. It felt so special. I kind of wish I could do it over and over again, it’s just so much fun.”

Through the ups and downs of her entire career, Michelle Wie has never lost faith. Faith in that she could be a constant contender on Tour, faith that she would win more than twice in a season and faith that she would at some point become a major champion. She credited her support system on Sunday for believing in her every step of the way, during the good and bad times.

“Obviously there are moments of doubt in there,” said Wie. “But obviously I had so many people surrounding me, my family, my friends, my coaches, Dave Leadbetter, everyone, my agency, IMG, they never lost faith in me, that’s what pushed me forward. It’s amazing.”



いくつかのビデオも貼り付けます。









2009年、LPGAトーナメント、初勝利の時。
この時の喜びようもなつかしい。



現在のクラブ・セッティング。






ゴルフ・チャネルで、「テーブル・トップ・パッティング・スタンス」を
説明しているところ。
腰に負担は全然かからないのだそうです。
脚で支えるているのだ、ということで、以前のスタイルの方が、
腰への負担は大きいそうです。



ゴルフ・チャネルのニュース番組で、一日の総集編。


今日は、一日、

寝不足の解消、

体調の管理に気をくばりました。


明日は、パイン・ゴルフで、

友人主催のトーナメントに参加します。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる