2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/06/20

ギリシャに引き分け。タイ「節度ある汚職」が良い?


今日は、休養日で(給料日ではありません)、

一日、家でくつろいで過ごす日です。

おととい、モール・バンカピに食材などの買い物に行ったので、

ショッピングに出かける必要もありません。

少し、気温の高い日でした。

日中、午後1時で、35.7度Cでしたから、少し暑いですね。


さて、今朝も、5時から、

ワールド・カップのギリシャ戦を見ました。

残念ながら、引き分けで終わってしまいました。

ギリシャのエースが前半38分で退場したあと、

11人対10人という、圧倒的に有利な立場になったわけで、

これで引き分けでは、敗戦と同じくらいのダメージでは

ないでしょうか。

日本のワールド・カップ戦には、2つのジンクスがあった

そうです。

背番号1と、背番号10に関するジンクスです。

日本代表の背番号『1』と『10』にまつわるジンクス 日本はGL突破できるのか?

1.「正ゴール・キーパー」が付ける背番号が1番ですが、
 
 これまで、ワールド・カップ本番では「正GK」1番は出場の

 機会が無かった、とうものです。

 今大会で、川島GKが背番号1で出場しましたので、

 このジンクスは破られました。

2.背番号10(エース番号)を付けた選手が選抜メンバーで

 出場すると、グループ・リーグを勝ち抜けない、

 というものです。

 今大会の10番は香川選手なのですが、彼はコートジボワール戦で

 選抜出場しました。そして、敗戦。

 ギリシャ戦では選抜から外れましたが、この試合は引き分け。

 首の皮一枚、残っている状態ですが、

 こちらのジンクスはどうなることでしょうか?


今日の試合は、ギリシャが選手数10人となり、

防御中心に戦術を変更したのが、

日本には逆に裏目となった、という見方をする

評論家もいるようですが、

物言えば、唇寒し、の感が強く、

なんのことはない、この試合も、期待した日本のゲームが

出来ていない、

というか、

「パスが下手」、「トラップが下手」、「キープ力が弱い」と、

数年前に日本チームが言われたまんまじゃないか、

とか、

勝つ!という執念が全然感じられない試合ぶりだった、

とか、

一般の視聴者は感じたのではないでしょうか。

ぼくは、あまりサッカーに親しみを感じない人間なので、

(野球のファンです)

そう、思ってしまうのでしょうか。


コロンビア戦、見たい、という気持ちを起こさせて

くれると良いのですが・・・。



さて、今日は、一日家にいたので、バンコク・ポストの

ネット版も眺めてみました。

先日から、ブログ記事に取り上げている、

ボラナイ記者が、論説文を書いています。

先回の記事は、今のタイで一番の「核心問題」はなにか、

と問うて、「汚職の撲滅」である、と書いていたので、

なるほどと思い、

記憶にとどめていました。
 
今日の記事は、その続編というものでしょうか。

Thailand needs 'organised' corruption

タイには「節度ある汚職」が必要、

というのです。

前にも、書きましたが、この記者は、レトリックに溺れる癖があって、

気の利いたことが言えれば、満足する、という傾向があります。

(そう、ぼくが思っているだけ、個人的感想です)

今回も、「Organized Corruption」という、誰も使ったことのない

言葉に、面白味を感じて書いているのかもしれません。

あるいは、前回、「汚職の撲滅」などと書いて、

周囲から、そんな実現不可能なことを言って、夢見てるのか、

とでも言われて、現実に戻ってみせたのか。


20140620corruption
上の記事の中の図です。

こういう書き出しです。

投資家は、国内であれ海外であれ、汚職について知っている。

それは経済活動の自然な延長である。(エ~ッ、これはぼくの声)

それは避けることはできない。(カンタンニ、アキラメルノネ)

しかし、なんとか遣り繰りはつけられる。 (ホォ~?)

投資家は、節度のない汚職ではなく、節度ある汚職を好むのである。

投資家は、誰に払わなければいけないか、知りたがるし、

支払えば、その約束が実行されれば満足する。

これが、節度ある汚職、である。

キーポイントは、支払う相手は、ひとつであり、支払いは一回で

あることだ。

しかし、タイでは、支払いは延々と続く、支払い相手も、次々に現れる、、、、

よく深く、切りがないないのである、これが「節度なき汚職」のことである。。。

とまぁ、

こんな調子の意見なのです。

タイの汚職の深さは、理解するけれども、

汚職に、良い汚職とか悪い汚職、などということを

言い出したとたん、論旨は破綻するだろうと思っています。


プラユット司令官のもとで、

タイ航空の取締役会の役員たちが、辞職しています。

Five board members quit THAI, Prajin stays

MCOTでも、取締役たちが辞任しています。

MCOT union seeks end to graft



今日目についた、記事を上にあげましたが、

先日は、

ロッタリーの、100バーツとか200バーツでの販売を禁止、

(政府発行の額面は40バーツとか)

などもありました。


これらは、背景に不正な取引、というものがあり、

そういう不正を一掃しようという、行動なのだと思います。


(ニューヨーク市で、凶悪犯罪撲滅作戦を展開し、

ニューヨークを再生させた、

ジュリアーノ市長の「割れ窓作戦」などを思い出しました。

とにかく、小さな犯罪から徹底して行わなければ、ならないのです)


今、夕食ができましたので、

ここで、終わります。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる