2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/06/16

「忘れるも良し」、大竹しのぶ。「歴史の終わり」、F・フクヤマ。


宵明けから、断続的に強い雨が降り、

午前中続いたので、昼前に止んだ時には、

家の前の道路が水に埋まっていました。

今年、2度目の大雨です。

明日は、ゴルフに行く日なので、

妻のゴイにタイの天気予報をみてもらうと、

火、水、木と雨だそうです。


まぁ、今日のような長雨にならないことを祈ります。


というわけで、今日は、一日のんびり家にいました。


忘れるも良し、「死ぬまで勉強」

大竹しのぶさんの、朝日エッセイです。

デビューの頃、好きな女優さんで、

その後、才気走るところが、嫌いになり、

このごろ、角が取れてきて、また好きになってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ある日、除光液の「液」の字が書けなくなった。

慌てて携帯電話で調べ、「あー、サンズイに夜だった」。

すると今度は「夜」と言う字が書けない。

これはさすがに脳の病気かもしれないと疑い、恐ろしくさえなってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰にも覚えのある、不安ですね。

最後は、こう、さらりと、結んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忘れていくことも良しとしよう。

また、新しいことを学んでいけばいいのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


はい、ありがとうございます。


このところ、タイの民主主義が、気になるところですが、

25年前に「歴史の終わり」を書いて、

「民主主義の勝利」を宣言した、フランシス・フクヤマさんが、

その後の「民主主義」の状況と世界について、

新しい本をまとめたようです。


民主主義は今も「歴史の終わり」=フランシス・フクヤマ氏


この25年間に、「選挙による民主主義」が行われる国は

3倍に増えた、

しかし、「民主主義」そのもの質は劣化したかもしれない、

それでもなお、

「民主主義」は将来の選択肢なのである。

ということでしょうか。


タイの「民主主義」への航路は、

まだまだ、先が長いようです。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

世界的な民主主義の後退

戦後生まれの日本人には、民主主義が最も優れた政治システムである、という信仰にも似た認識がありますが、それは、戦後の高度成長で1億総中流になり経済的に日本国民全体がそこそこ恵まれた状態になった、という背景が一番大きいのでしょう。

世界では、今、ヨーロッパ、アラブ、アジア、南北アメリカ・・・・至る所で、民主主義が後退しようとしています。

そんな中、唯一、民主主義とは無縁の中国だけが独裁国家としてピンピンし、覇権主義の下、領土拡張を図り、近隣国との軋轢が高まっています。

民主国家に戻ったかに見えたイラクでは、新宗教戦争が勃発し、世界経済の地雷原になろうとしています。

タイ国のクーデターは世界的には非難の的になっても、タイ国民の大多数が支持するというパラドックスになっています。

ポピュリズムに堕した民主主義を真っ当な民主主義に回復するには、タイ国の政治システムが優れているのかもしれません?

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/06/post-3297_1.php

Re: 世界的な民主主義の後退

飯島さん、
いつも示唆に富んだコメントありがとうございます。
戦後生まれの日本人にある、信仰にも似た民主主義への思い、というのは、
民主主義が最高の制度とは思わないが、今のところは最善の制度だと思う、
ということなのではないかと思います。
人間は完全ではないので、「最高の制度」というのは無いのではないかとも
思っているのですが・・・
民主主義に代わる何かがあるか、
それを人類としては模索し続けて欲しいものです。


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる