2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2014/06/13

プラユット軍政への期待

今日は、13日の金曜日ですが、

ドライバー(レガシーXシャフト)が馴染めない、

という問題を、どうしても解決に向けて前進させたくて、

急遽パイン・ゴルフに行くことにしました。

来週は、バンパコンのリバーサイド・ゴルフ場に行くので、

使い慣れておきたい、

と思っているのです。


20140613golf1
セットアップ。


20140613golf2
これは、うまく打てたようです。


20140613golf2
こちらは、身体が起きている分、右に出てしまったかな?


20140613golf4
フェアウェイで、得意の5番ウッドでしょうか。

結論を言うと、

今日のゴルフは目標達成ならず、

でした。

ちゃんと打てたときは、飛距離も申し分ないのですが、

(レガシーブラック、Sシャフトと比較しています)、

安定しないのです。

池に入れたりで、ボールを無くすほどには大きく左右に

ブレないのですが、

50%の確率で、ラフに行ってしまいます。

もう少し、ドライバーの精度をあげて、

楽なゴルフをしたいと願っているのです。


今日、途中でジョインしたタイ人プレーヤー、

偶然にも、来週、同じ日のほぼ同じ時間帯に、

バンパコンのリバーサイドに行くという人でした。


45年前に、日本に留学し、大学を卒業した方で、

奥さんは日本人、

僕に日本語で話しかけてきました。

彼は、リバーサイド・ゴルフの常連さんで、

一週間に一度、行くそうです。

ゴルフ場に行けば、安いクーポン券が手に入るよ、

今月締切だけど、

と教えてくれました。


来週、一緒になると、うれしいですね。



さて、最近は、

軍政についての状況をつぶさには追っていません。

クーデター当初は、プラユット司令官がどういう人物なのか、

という興味があり、

クーデターによって、タイの現在および将来にわたる、

より公正な施策が実施される可能性はあるのか、

あるいは単なるタクシン派根絶の動きで終わるのか、

感触を得たい、という気持ちがありました。


クーデター後、もう3週間が過ぎたわけですが、

まだ言論の自由の抑制や、反クーデター・デモの戒厳があるものの、

夜間外出禁止を解除する地域が、

観光や経済促進の観点から、どんどん拡大していたり、

コメ買取制度の結果で苦しむ農民を電光石火の素早さで

救ったり、

経済成長にむけた様々な施策の検討に、官民共同で着手するように

したりなど、

もし、政権支持率のアンケートを取ったら、80%を越える高支持率を

得ること間違いなさそうに、見えます。

(タイのマスコミ、大学の研究機関、どうしてお得意の、

世論調査をしないのでしょうか)

詳しく追っていないので、軍政が取っている施策、

網羅できないのですが、

さっと昨日のバンコク・ポストなどを見るだけでも、

次のようなことがあげられます。

順不同、硬軟からめた施策が目白押し、です。


・NCPO(軍政)が、すべてのタイ人がワールド・カップを無料のTVで
 見れるようにした。ポピュリズムですね。

・ エネルギー計画委員会がディーゼル価格の値下げを決定。

・ 経済発展のために、前政権の鉄道複線化や高速鉄道計画を
  継続する決定。

・ その他、前政権の掲げたメガ・プロジェクトについても、公正な
  評価を実施し、経済発展に寄与するものは積極的に遂行する姿勢。

・ しかし、その中の、水害対策プロジェクトは、その内容の杜撰さから
  既決定事項を白紙に戻す指示。

・ コメ買取制度は、そのままの継続は明確に否定した上で、
  コスト増加や借金に苦しむ農家への代替支援策を検討中。

・ SME(中小事業者)への支援対策委員会を始めとする、
 経済促進のための各種委員会の設置。

・ 一方で、タイ航空会社が実施していた、高級幹部の無料優待などの
  特権を廃止する命令。

さて、こうした、360度の全方位で、改革や見直し改善を図ろうと

しているのですが、

その中で、もっとも核心をつくことはなんなのでしょうか。

これこそ、タイの国力を真に高め、豊かにし、他のアジア列国に

対しても、誇れる国にするための核心は、何か。

「西洋流のデモクラシーの実現」、でしょうか。

それでは、ないでしょう。

第一は、タイは、国王を元首とする民主主義なので、

はなっから米国などが意識している民主主義の国とは

異なっているのです。

憲法では、主権は国民にある、としながら、

元首である国王が、それを実現する、とあります。

(ぼくの頭では国民主権 ✖= 国王元首なのですが、

憲法論者の解釈は、もっと精緻な理屈が存在するのでしょう。)

国王は何人によっても不可侵で、不敬罪によって守られます。

そして、軍隊は、国王の軍隊です。

また、その国王を支える19名のメンバーからなる枢密院という

組織が実力を持っています。

さらに、民主主義の国に見られる政治の2院制ですが、

タイの上院は、半数のみが選挙で選ばれるのです。

タイの民主主義は、特徴があって、

ほとんどのタイ人は、国王支持ですから、

この民主主義で良し、としているわけです。

しかし、この民主主義でも破綻し、国政が無機能に陥り、

未来のタイが危うくなるとなれば、

クーデターが起こして、軍が、国王にために、動きます。


これを見て、外国から杓子定規な、

「クーデターは駄目だ」、

「デモクラシーに戻れ」、

と叫ぶのは、ある意味、

情けないほど、外交的にタイの内情を知ら居ない素人発言に

聞こえてしまいます。

さて、核心がデモクラシーでないとするならば、

それは何なのでしょうか。


この頃、注目して読んでいる」バンコク・ポストの論説員、

ボラナイ・ワァニージャカ氏の見方によれば、

どうやらそれは、「汚職の撲滅」です。

commentary
Who is going to check the general?

Writer: Voranai Vanijaka

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「経済を推進」することは「汚職を推進」することだ。

この2者は手に手を取り合って動く。

タイでは、汚職は単に「問題」なのではない。

それは「風土病」である。

という書き出しで始まる記事は、

タイ商工会議所の推定で、開発プロジェクトの30%は汚職予算だといい、

他の意見では、それは50%にも上るよ、ともいう、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と紹介しています。

汚職といえばタクシン、というのは無知な人で、

民主党であれ、プア・タイ党であれ、

すべての政治家が、甘い汁の巣を求めて群れ、

高級官僚から(下級官僚まで)、警察まで(これも上から下まで)、

(たぶん、軍隊も)

汚職・袖の下に縁のない人間はいない、というのがタイの実情でしょう。


それでは、汚職を防ぐ、「チェック・アンド・バランス」の仕組みは無いのか、

といえば、

これは、どの政権の時代にも、「汚職撲滅」を掲げて、

規律・法律は「存在」している。

しかし、それは、有名無実、誰も鼻もひっかけない、汚れっ放しの仕組みに

堕してしまう、

というのが現実のようです。


プロジェクトや予算の管理、公務員の服務規程など、

「透明性」や「チェック・アンド・バランス」の仕組みを作るだけでは

だめで、

そこに真の「精神」を盛り込められるかどうか、

これこそが、「リフォームの核心」である、

と、そんな気がするのでした。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。