2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/01/03

門扉のペンキ塗り、開始。

今日は、朝からサマゴーンに出かけ、

門扉のペンキ塗りを開始した。

といっても、手順があって、いきなりペンキを塗りたくるわけではない。


20120103gate1
これが、その門扉である。
さびが出ていて、見苦しいので、
購入したらまずはここからきれいにしようと考えていた。



考えてみると、実際にペンキを塗った経験がないので、

インターネットで大まかなことを調べ、

あとはホームプロでペンキを買ったときに、アドバイスを受けた。


そして、決めた手順はこうである。

スチールなので、まず大きなサビをへらで落とす。

それから、荒い紙やすりでならし、細かい紙やすりでなめらかにする。

そのやすりの粉などをふきとって、それからペンキを塗る。

ペンキはスチールなので、油性ペンキである。

2度塗り、する予定である。


ということで、ゴイと一緒に、まずは錆び落としを始めた。

20分ほどで錆び落としは終わって、

紙やすりをかけ始めたところ、

近所の住民のオジサンが一人、自転車で通り過ぎた。


と、思ったら、自転車を降りて、近づいてくる。

そして、紙やすりはどんなのを使っているのか、訊いてきた。

ゴイが荒い方のを示すと、もっと大きい番号の方が良い、

と言う。


そして、そもそも、前のペンキは全部はがし落とした方が良い。

色違いのペンキを上塗りすると、下のペンキが溶けて、

汚くなる、というのだ。


そして、へらを手にとって、落とし方のコツなども

教えてくれるのだ。


同じ通りの、向こう3軒目の住人さんであった。

詳しいのは道理で、ペンキ職人だと言う。


自分を雇わないか、と言ったらしいが、

自分たちで塗ろう、と決めていたゴイは聞き流した。


それでも、彼の言ったことはまともらしくて、

紙やすりをかけるのは中断して、

へらで、前のペンキをそぎ落としを再開した。


これが、簡単ではないのである。

すぐに、ギブ・アップしようと思ったが、

彼が、いったん家に帰ってから、

また様子を覗きにきたりするので、

なかなか止めることができなくなって、

1時間以上も継続することになってしまった。


作業は、簡単だろう、と踏んでいて、

軍手などの準備もしていなかったので、

なんと気がつくと、親指の腹のところが、

裂けてしまっている。


僕だけではなく、ゴイもそうなのだ。

これは、まずい、ということで、

作業は中止。


始めてから、3時間近くたっていたが、

錆び落としを途中までやった扉は、

黒々とまだらになって、汚らしい。。。


そのまま、ランチに行く。

そして、ロータスで、軍手を探して、

ようやくガーデニングのコーナーで見つけ、

購入。



また家にもどって、作業を開始していると、

ウチャイさんの長女家族が、帰宅の様子で、

向かいからクラクションが聞こえた。


トイレ、キッチンなどの改修作業をしてくれる大工さんを、

ウチャイさんに紹介してもらうことになっていたので、

長女が寄ってきて、その大工さんの電話をしてくれる。

今、他の作業場に出ているので、

またこちらから連絡する、ということで、

電話番号を教えもらう。


笑いながら、我々二人の作業結果をみて、

こういう専門的な作業は、専門家の任せたほうが良いわよ、

という表情をみせて、

帰っていった。



しばらくすると、たぶん、娘さんから、

われわれの奮闘ぶりが報告されたのであろう、

ウチャイさんから電話がかかった。


サマゴーンに来ているのなら、

作業が終わったら、うちで夕食を食べていかないか、

というお誘いである。


初めてのことにとりかかり、くたびれていたので、

その言葉に甘えることにして、

今日は、これまで、

とした。




pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる