2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/01/02

正月2日、再度、IKEAに行く。

20120102sun1
正月2日の朝日の模様。
久しぶりに雲の勝った朝だった。
それでもお日様は雲のうしろにしっかりと。


20120102sun2
西洋では、天使のテーブルの脚、というそうな。
放射線状の美しい光のたば。
幸せを今日も運んでくれそうだ。




正月1日が日曜日だったので、今日は振り替え休日。

調べると、IKEAもブーンターウォンも開店している。


そこで、キッチン用品など見るために、再度バンナーIKEAに行く。

前の初回は、暮れの29日、木曜日、ということもあったのだろうか、

人出も多くは無く、

こんなもんかな、サイズは大きいけれども人気度は、

ホームプロと同程度のようだ、

と思ったものでした。


ところが、それは僕の早合点。

今日は、なんと、ひとひとヒトヒト。

駐車場も満杯。


その人気ぶりに驚いた。



20120102ikea1
この屋外付けキッチンを見て、考えが大きく変わった。
これまでは、当然ながら室内キッチンを前提に、
いろんなものを見てきたのだが、
タイでは、屋外キッチンも可、なのだった。
買った家は、30年前の、サマゴーンの建売だったであろう
初期のままで、拡張しておらず、狭いのである。
その狭さを活かした生活をしよう、とこころに決めている。
しかし、「屋外の台所」は考えてもみなかった。
この製品を見て、初めてその可能性に気づかされた。
目からウロコ、の思いであった。



20120102ikea2
UDDEN,どうやらヨーロッパ製品のようだ。
IKEAだから、基本はヨーロッパ製品なのだと思う。
8500バーツ。


20120102ikea3
丈夫そうで、
なおかつ機能美がある、と思う。


20120102ikea4
この引き出しを、となりに付けて。
6800バーツ。



20120102ikea5
壁にカップ・ボード(1800バーツ)を取り付ければ、
ワン・セット、17,100バーツ。



20120102ikea7
小物アクセサリーは、あちこちから見繕えば良い。
これなど、水切り網が、折りたたみになっているアイデアもの。



20120102ikea8
カーペット・じゅうたん、も、いろいろ見てみました。


20120102ikea9
2メーターX2メーター。


20120102ikea10
2メータX3メーター・


20120102ikea11
てごろな値段で、質も安心、のようです。



こういうわけで、今日の手ごたえは、かなり良いものあった。


買うとなると、赤色タグ付きは、在庫もあり、

顧客は番号を控えて、

倉庫に行って、その番号の商品をキャリアーに乗せ、

キャッシャーに行って、支払いをする。


黄色いタグは、在庫の無いもので、スタッフに相談する、

という手順になっているらしい。


かなり時間がたっていたのと、

スタッフに相談する、

と言っても、

顧客が多すぎて、肝心の手の空いたスタッフが居ない。



実際の注文は、次回にしよう、ということで、

3時に、IKEAを後にする。


今日は、バンナーにあるブーンターウオンにも寄ってみようと

決めていた。


ところが、そのブーンターウォン着いて、

驚いた。


顧客がいなくて、店も半開き、のような状態なのであった。

これは、完全にIKEAに顧客を奪われてしまったのではないか、

と思わせた。

規模も、ナワミンの3分の1もなく、

あまり見ないで帰ってきた。



バンカピのホームプロで、

塗装ペンキ用の、ペンキ、紙やすり、はけ、を買う。


また、スコップ、ノコギリ、クワなど、庭いじりの道具も購入。


こうして、

今日一日、

新しい家に関するなにやらで、

終わってしまった。


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。