2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/05/10

俳句とあそぶ法 : マディソン郡の橋

金曜日は、読書の日でした。

妻のゴイは、「マディソン郡の橋」(英語)、

僕は、「俳句とあそぶ法」を読了。


20140510book1




これまで、俳句入門、というカテゴリーに属する本は、

何冊か読んでいますが、

(入門書を読むだけで、作句できないでいます)、

これは一番印象に残る本になりそうです。

歳時記をそばにおきたくなりました。


20140510book2
江國滋。


いろいろ学びましたが、字づらの研究で、

「かな俳句」の、心地よさが理解できました。

愁眉の一句は、

をりとりてはらりとおもきすすきかな  蛇笏

でしょうか。

上の、色紙揮毫も、かな俳句ですね。


また、久保田万太郎に、ちょっと興味を引かれました。

あまり評判の良い作家ではなく、

主に人間性に問題がある、ように言われている人だと

思うのですが、

俳句がすごいらしい。

石川啄木が、歌はすごいが、人間性は卑小で嫌いだ、

という人が多いのですが、

久保田万太郎も、そうなのかかもしれない、

と。

とにかく、さらりと、すごい俳句を作ってしまう。

俳句は、浮かんでくるものだ、と。


湯豆腐やいのちのはてのうすあかり


など。





さて、ゴイの方は、「マディソン郡の橋」を、

3日で読み上げました。

昨夜は、最終章にはいってから、ずっと泣きながら

読んでいました。


僕は、この本を、ベスト・セラーだったころ、

日本語で読みました。

ずいぶん、感動した記憶があります。

主人公、ロバート・キンケイドの、

ストイックな生き方、ものの考え方が新鮮でした。


頃は、バブルの最高潮のとき、

ジュリアナのお立ち台ダンスが話題だったころで、

こんなストイックな恋愛物語が売れたわけが

わかりませんでしたが。


ゴイにそんなに良い本だったら、

フェイスブックで、友達に紹介したら、

と言ってみました。


英語で文章を書く、練習もさせたかったので。


彼女が、本の中で、もっとも深淵なことばとして、

次のフレーズを取り上げていました。


"In a universe of ambiguity, this kind of

certainty comes only once, and never again,

no matter how many lifetimes you live."



作者のウォーラーが一番得意がって言いそうな言葉です。

わかってるじゃ、ないか、

と思いました。


世界的なベストセラーになって、

クリント・イーストウッドも心動かされ、

制作・監督・主演で、映画を撮りました。

相手はメリル・ストリープ。

アカデミー賞の作品賞と、主演女優賞のノミネートに

なりましたが、受賞は逃しています。


いままで、この映画は見ていませんでいた。


先のフレーズが映画ではどう扱われているか、

見てみたくて、

今回インターネットで探して、

ゴイと一緒に観ました。



映画:「マディソン郡の橋」


あの言葉そのままのセリフはなくて、

こんな風に、なっていたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Do you think that what happened with us just happens to anyone?

What we feel for each other?

We're hardly...

...hardly two separate people now.

And...

...some people search all their life for this and never find it.

Others don't even think it exists.


But you never think...

...you never think love like this is going to happen to you.

But now that you have it...?

Well, now l want to keep it forever.

l want to love you the way l do now for the rest of my life, but...


l'll only say this once.

l've never said it before.

But this kind of certainty comes just once in a lifetime.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こうして、

妻と一緒に、学びながら、

時間を過ごす、

ってのも、

いいものですね。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる