2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/04/24

憂きこと多しこの頃

ネオ・タイ・スキでシンハー・ビールを飲みながら、

考えた。


つれづれなるままに もの思えば

  憂きこと多し この頃なるかな


・ オバマ訪日のTPP合意ならず

TPP合意で、株や為替に弾みがつくかと期待していたが、

オバマ大統領訪日での絶好の舞台でも、TPP合意ならず。

岩盤抵抗の強靭さを示すことになっただけ。

アベノミクスの第3の矢は、有名無実、という予測が強まって

しまった。

規制緩和、構造改革、行政改革(公務員改革、教育改革)など、

アベノミクスの本丸が、空っぽである。


・渡辺喜美代表 8億円 DHCより借用

猪瀬都知事に次いで、お前もか!

というより、お前もだな! という感じ。

行政改革に政治生命をかけている、清廉潔白が取り柄の政治家、

と思い、多少のエキセントリックなパーフォーマンスも、

片目をつぶって応援してきたのに、

なんという体たらく。


・ 小保方氏 反論姿勢 くずさず

指導研究者が「有力な仮説」とうたう。

「仮説」であるかぎり「科学的発見」ではない。

科学的に証明しなければ、「何度も見た」というのは

戯言に過ぎない。

昔、論より証拠、今、証拠より論の時代なのか。

研究者としての「倫理に欠ける」とまで糾弾されながら

必死に自説にしがみついているのは、欲のせいさろう。

「なにかある」、というのは上の「仮説」説で明らかだが、

証明する前に、特許を申請し、権利を確保して、

論文をでっち上げて、名声を得たい、そして金も得たい、

という腹が、見え透いている。

韓国の研究者レベルと変わらずだ。

日本の研究者界、どうしてこんな甘ちゃんを放置しておくのか。

博士号を与えた早稲田よ、恥を知れ。


・ 韓国旅客船沈没 

その後の対応でも、驚くようなことばかり。

遺族への遺体の引き渡し、3件も間違いだったと。

また、

機関士、救助された後、病院にて自殺を図る、とか。

それほどの思いなら、なぜ、乗客を救助しなかったのだ。


橋本市長「愛人2、3人住まわせて、新しい船場にして」と発言

この人、落ち目に、ダメ押し。

大阪の盛り上げるために、アイデアのつもり発言。

大阪の経営者、富裕人、芦屋や西宮(兵庫)に住まないで、

大阪にお金落として、というための「策」だ。

発想が「貧」で、表現に「品」も無い。

以前の、米軍に、日本の風俗店使ってさっぱりして、

発言同様。

なんともまあ。この人、ほんとに下衆の極みなんだなぁ。



憂きことばかりで、

ごめんなさい。

(今日は、毒を吐きました)


こんなことばかり書いていると、気が滅入りますので、

止めます!


明日は、明るい話題になりますように。


明日という字は、明るい日、と書くのね、、、。

なつかしい。









^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

娑婆の事は娑婆に

色々と憂うことがあるようですが ”娑婆の事は娑婆に任せて。” 衣食住満ち足りて経済的に何も心配のないリタイアの生活を楽しみませんか?昔から病は気からと言われていますから!
 私も昔はいろいろと世の中のことを心配していましたが当事者でもない私が憂えても如何にもならないし「勝手にしやがれ。」と思うようにしたら気が楽になりました。
 (失礼なコメント、如何か平にご容赦を!)

Re: 娑婆の事は娑婆に

トマックスさん、
いつもコメントありがとうございます。


> 色々と憂うことがあるようですが ”娑婆の事は娑婆に任せて。” 衣食住満ち足りて経済的に何も心配のないリタイアの生活を楽しみませんか?昔から病は気からと言われていますから!

本当に、自分にできることはなんにもないので、心配ごとをあげつらっても、仕様がないことはわかっているのですが。なかなか完全リタイヤの気分になれないのは、将来ある妻のゴイにとっては、多少とも良い世の中になってほしい、という思いがあり、また、株や為替に少しばかりお金を積んでいるので、世の中うまく回ってほしい、と思ってしまうからかと思います。

憂える、といっても、それが原因で「病い」になるほど、深刻になっているわけではありません。
書いて、うさをはらしている、という面があります。
なんとなく、いつもでもそんかことばかり言って、格好悪いなぁ、と思いつつ。。。

いつか、「極楽トンボ」になる日が、やってくるのは確実です。
その日まで、ときどきしょうがないことを書きますが、片目をつぶっていてください。
^O^


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる