2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/12/31

サマゴーンの家の鍵を受け取る。

朝の9時半、という引渡しの約束時間だったが、

少し遅らせて、相手に余裕を与えて、10時に出かけてみたが、

寄付をするという団体からのトラックは、まだ、来ていなかった。


案の上、だめかぁ、と半ば予想してはいたものの、

正直、嫌になってきた。


今朝は、娘さんが手伝いに来ていた。


とにかくベッド他の大物を、家の外に出すこと、

寄付先団体の車は、今、こちらに向かっている、ということ、

そういう状況で、あとはこちらに任せて良いか、

と言い出した。


とんでもない。

どこの団体かも分からない相手が、

いつ来るかも分からない状態で、

その交渉もこちらに振ってくるなど、言語同断、

無責任極まりない話なので、

団体のトラックが昼までに来るというのであれば、

最後まで、責任をもって家の中のもの片付けてくれるように、

もう「頼む」のではなく「指示」して、

(オーナーはこちらなのである)

ゴイと、ランカムヘン通りの北の端にあるロータスとホームプロへ、

掃除道具などを買いに出かけた。

相手がどたばたしているので、引き払う時の清掃は、

きっとしないで出て行くだろう、

と思ったからである。


買い物をし、ホームプロのフード・コートでランチ。

最近、タイ飯のランチ、というとカオ・パット・ムー

(豚肉入りチャーハン)を食べることが多い。

タイのソース、ナンプラーがやっと味わえるようになった、

初めての料理である。


昼間でには寄付先団体の車が来る、

と言っていたので、ランチの後、またまた時間を置いて、

2時にサマゴーンに戻ってみると、

果たして、トラックは来ていない。

家の中から大半の荷物は出してあり、

ベッドも駐車スペースのところまで、運んでいた。


なんでも、トラックは、他の家へ先に引き取りに行ってしまい、

こちらは次になってしまった、のだと言う。

今日中には来る、と言う。

もう、元オーナーは、このままにして、逃げ出したいそぶりアリアリ。


ラチがあかないので、最後まで責任を持って、

と再び言って、

もういちど買い物に出る。

ラムカムヘン北端の、ビッグCに行き、

スウェンソンでアイスクリームを食べ、

フット・マットを4個ほど買って、

4時に戻る。


元オーナーと、その娘は、自分たちの乗用車の後ろに、

植木などを積みこんでいるところだった。

寄付先団体のトラックはまだ来ていない!


僕とゴイは車の中で、待つことにした。

しばらくすると、元オーナーが、

寄付団体のトラックは、今日、来れそうもない、

だから、ベッドを含めてすべての物を、屋外に出して、

明日寄付団体に、来て、黙って持って行ってもらうようにする、

それしか今日はできない、

と言う。


さすがに、僕も、それ以外に方法は無さそうだ、

ということで同意。

ただし、屋外に大物を出して、町の決まりに反したりしないか、

隣の住人に文句を言われたりしないか、

確認した。

隣に家主には、断っていくから大丈夫、だと言うので、

すべてを塀の外に出したところで、

住宅の鍵を受け取った。


ガランとして住宅が、やっとゴイのものになった。

やれやれ、やっとここまで来た、

という感じ。。。

ホッとする間もなく、時間も夕刻を押してきているので、

ゴイが、室内の掃除を始める。

少しでも、前の住人の臭いや影を消しておきたい、

のだとか。


外では、まだ、元オーナーが片付け物をしていた。


その時、寄付団体のトラックがやってきた。

今日は来れない、と言っていたのに。。。


なにはともあれ、屋外に出していたベッドその他の大物家具を、

すべて積み込み、

朝からのイライラなど何も無かったように、

トラックは去っていった。


そして、元オーナー母娘も。


僕とゴイも、

1時間ほど、掃除をして、

バンカピのコンドに戻ったのだった。


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。