2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/04/23

「ポセイドン」 B級映画。 「セウォル号」 C級船員。

 

韓国の豪華旅客船セウォル号の沈没が、

毎日報道をにぎわしています。


妻のゴイに、

大型船舶の転覆がいかに凄まじいものであるか、

映画で見せようと、

昔観た「ポセイドン・アドベンチャー」をインターネットで

探しましたが、みつかりませんでした。


代わりに、リメイクだという「ポセイドン」をみてみました。

リメイクではありません。


着想だけ、オリジナルからはい拝借していますが、
 
シナリオはまったく別物です。


もちろん、ストーリーはオリジナルのほうが、

はるかに優れていますが、、

まぁ、こちらも迫力はあります。





**


それにしても、セウォル号の船長、他船舶職乗員、ひどいです。

現在のところ、乗客乗員476人(乗員29人)中、

死亡確認150人、行方不明152人。

幸いな生存者は174名ですが、

船舶職乗員(上級船員のことだと思います)は、

16名、全員救助されている、という。

乗客をほったらかしにしておいて、

(というより、逃げないで、その場にいて、という

誤った指示を与えたまま、、、)

自分たちは、逃亡する、という前代未聞の下劣さ。


特に船長は確信犯で、救助ン隊員の問い、

「乗客ですか、船員ですか」に対して、

「乗客」と答え、

救助者名簿にも「一般人」と記入した。


タイでは、バスの運転手が事故を起こしたりすると、

転覆したバスをそのままに、逃亡してしまう、

という話を聞きますが、

この船長、このバス運転手と同レベルです。


こっそり、逃げおおせたい、願ったのでしょう。


難所の操舵を、未経験の3級航海士にさせていた

他の上級乗員たちの責任も重い。


一か月前にも、急激な操舵操作があり、危険な目にあっていた、

という話を聞いてからは、

船舶職乗員、全員、責任感や義務、

というものをまったく身に付けていない輩、ということだと思った。

C級以下です。


船舶職になる以前の、基本の倫理観の問題である。




この悲惨な状況下で、デマを飛ばしたり、

私が潜水してあなたのお子さんを助けてあげる、

などと詐欺を働こうとする輩がいる国民のレベル。


他国ながら、情けなさがいっぱいになってしまいました。


(その国に、敗けてばかりいる、わが国の状況は、

どうなんだ、

という気も、起きてきてしまいます)






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

元船乗り・・・

コリヤコリヤの身の毛もよだつ非情な本当に恐ろしい海難事故は船員の常務が皆無の乗組員そして船舶運航のシステムが全くの出鱈目、その上船舶検査もなかったのではと思われます。日本で船歴をほぼ終えた船を改装して積み荷、乗客数を相当数増す、そんな芸当は日本では認められない。コリヤコリヤならではの特異な事故でしょうね。極東の端の蟷螂が恨で大統領を先頭に歴史を捏造してマスコミも一緒になって日本を責めまくると言うか悪口雑言を繰り返して喚き散らしていますがこの事故を契機として普通の国になって欲しいものです。
経済的には弱電気などはサムスンに大負けしている我が国ですがスマホでの大勝ちも先が見えてますから総合的には負けないのでは?と思っています。日本も沈黙は美徳なんて粋がっているタマネギ省が真面目に仕事をしてくれなければこれからが危いのでは?

Re: 元船乗り・・・

トマックスさん、

船乗りさんから見たら、今回の事故には煮えくり返るようような思いがあるのではないでしょうか。
信じがたいことが次から次へと暴露されます。
命も、法も、安っぽく扱われている、発展途上国だということを、国民全員が再認識することから、やり直さなければならないのでしょうか。間違った遺体を家族に引き渡したことが、すでに3件あったそうです。やりきれません。

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる