2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2014/04/01

いよいよ第2コーナー、夏に向けて


4月1日になりました。


今朝、庭の手入れの一環で、除草剤をまきました。

昨日に引き続いて、天気が良かったので。

明日からの天気予報をみると、雨の怖れがあり、

今日を逃すと、あとがなかったのです。

除草剤は、雨が降ると、効果がなくなってしまいます。


二日後には、タイに戻りますので。



20140401tree1
我が家の前庭の雪柳。
裏庭にもありますが、全然手入れなしで、
毎年美しく咲いてくれます。


20140401tree2
ボケも結構、自己主張してます、か?



20140401tree3
いま、心配なのは、この方。
カナメモチ、という名だと思います。
今の時季には、華麗な色の葉に覆われているはずだと
思っていたのですが。。。虫にやられたような気配が
ありまして・・・。
枝の先には、新芽が育っていそうでもあり、
梅雨を過ぎてどうなるか、回復を願っています。




今月は、タイに戻ったあと、ソンクランのお祭りです。


去年は、妻ゴイの田舎に、ソンクランのタイミングでは

行かなかったので、

今年は戻ってくるように強く勧められています。

ゴイは、帰郷時のおみやげなども、

この日本訪問中に、仕入れているようです。


まぁ、お菓子とかなんとか、そういうものですが。。。


日本にいる間、株とか為替FXは、

ほとんど休止していたのですが、

小旅行やゴルフに明け暮れている間、落ち着いていたマーケットも、

この月曜日あたりから、大きく動き始めていたようです。


ドル円でいうと、102円20銭から30銭で変動していたのが、

昨日見ると、103円の大台に乗り、30銭から50銭と動いています。


101円台で仕込むチャンスがあったのですが、

他のことで忙しく、購入機会を逃してしまいました。


まぁ、ドル円が高くなれば、日本株が上昇し、

株を整理するチャンスとなりますので、

なんとか、このまま、105円台まで伸びないものかと、

期待しています。

(期待すると、大体、外れます)


日経平均、まだ1万5000円に届いていないので、

こんな状態で4月に入って、

大丈夫なのかなぁ、と。。。


ウクライナ危機は、僕が予想したより、マーケットへの影響は

微々たるものでしかなく、

あれは何だったのか、という想いです。


ロシア軍も、ウクライナ国境辺から勢力を減少される動向を

みせて、米国が歓迎するなど、

これ以上の経済制裁がなければ、このままなし崩しに平穏化し、

やがて、ロシアも元のさやに納まることになりそうです。


ウクライナ危機は、忘れて、マーケットを見つめるとすると、

以前に思ったように、

今年は、手控えの年かな、と・・・、

そうだとすると、しばらく静観して、

夏まで待とう、

ということになりそうです。



違う面で、私生活を充実させることを考えようか、と。


妻のゴイも、4月11日に、大学課程修了の証書をもらうことに

なっています。


いわゆる、卒業セレモニーは来年です。


今年から、ランカムヘン大学で、「会計・経理」を学ぼうと

考えているところです。


オープン大学(日本でいえば、通信大学?)なので、

キャンパスに行くことはあまり必要ではないのですが、

「会計・経理」科目は、通信だけでは、なかなか難しいそうなので、

ランカムヘン大学近辺にある、「塾」に通って学ぶ期間は

勘定にいれておこう、としています。


住まいのあるサマゴーンからは、通うに便利だ、ということで

ランカムヘン大学に決めたのでした。


とにかく、大学卒の証書を得たい、という第一の目的は

達成できたので、

将来、職に就くことあれば有利であろう、という

「会計・経理」の勉強は、

あまり肩肘張ってやり遂げよう、と思わなくていいよ、と

アドバイスしています。


いすれにしろ、

僕との間に、将来、なにかが起こったときに、

すこしでも「安心できる自分」というものを作ることを

二人で話あっています。


将来なんて、誰にもわからないので。

いくら、日々努力したり、

自然に絆を深めるような心がけをしても、

なにが起こるかは、

神ぞ知る、

というか、神様さえ、わからない、

と言いたいくらいです。

(神様を真剣に信じたことは、まだ、ありません)


日本人妻との結婚、離婚で、いやというほどの

辛酸をなめましたので・・・。


はじめは「おしどり夫婦」と見られ、

会社の上司からは、

夫婦円満で、

2男1女の、理想的な家庭だな、

とさえ言われたことがあったのですが・・・。


よく、タイ人女性と結婚した日本人男性の雑談として、

(日本人夫が高齢、タイ人妻が妙齢、の場合は特に)

文化も歴史も年齢も違い、言葉ろくに通じない関係では、

相互理解なんか、できっこないよ、

こっちが思っているように、相手を管理していかなきゃ、

(相手はどうせバカで、金で縁をつなげているだけだろうから)

やっていけないね、

という話を聞いたり、読んだり、します。


永遠のタブー、高齢男子を、若い女性が慕う、なんてことは

ありえない、

ということにつながっているかもしれません。


僕について言えば、

どうなって行くことやら、わかりません、

というだけです。


しかし、日本人を妻に持っていた時と、今を比べると、


・はるかに会話は多くなっている。

(日本人同士の場合、文化・歴史・年齢・言語の関係で、

言わずとわかる、だろうという思い上がりがあって、

終いに大きなしっぺ返しをくらいました。

始めから、違っている、ことを理解しあって、

その溝を埋めるように、いつも会話をする、ということのほうが

いかに大切かが、わかりました。

といっても、基本に、相手が日本・日本人に興味を持ち、

好意を持っている、こちら側もタイ・タイ文化に興味を持ち、

相手に好意と敬意をもっている、ことが必要だと思います。

特に、最後の、敬意をもつ、というところはポイントではないか、

と。)


・経験が豊富になっているし、もうこれが最後の・・・と

覚悟している。

ひとことで言えば、オトナになっているので、

若者よりは、はるかに良い関係を維持できる能力が育っている。



・なるようにしか、ならないさ、

それが人生。

という最後の覚悟はできている。


いまのところ、なんだかうまく運んでいます、

と自分では思っていますが、

さて、どうでしょうか。








^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる