2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/11/21

ゴイのインターンシップ始まる



本来は11月1日から開始予定だった

妻ゴイのインターンシップですが、

大学からの正式文書が会社側に出されていなくて、

(本来なら8月中に回答すべきだった文書です)

会社側の受け入れが、18日からしか出来ない、

ということになってしまっていました。


大学の担当教官の怠慢だったのですが、

この被害にあったのは、ゴイだけでなく、

他の学生にもあったにもかかわらず、

その後の大学側の対応も、はかばかしいものはなく、

最悪の場合、受け入れ会社側からの拒否に合うかもしれない、

と気をもませてくれました。


インターンシップに行く会社は、

ラップラオにある、装飾用電灯などを製造・販売・輸出する

会社で、

サマゴーンの家から514番のバス一本で行ける、という

通いやすさからゴイが自分で探してきたところです。


ラッシュ・アワーでも30分から40分くらいで行ける、

というところを選んだのは、

今まで、ラムカムヘンの北からドゥーシットまで、

1時間半から2時間もかけて通ってきた、辛さから、

せめてインターンシット期間の最後の3ヶ月は、

近いところへ通いたい、と念願したのでしょう。


今まで、この遠距離を3年以上、通い続けた根性にも

感心しましたが、

自分でインターンシップの会社を、すいすい見つけたきた

手際の良さにも感心しました。


実は、ゴルフ仲間を通して、適当な会社を探してやらなければ、

いけないかなぁ、と心の準備をしていたのです。

それは、無用の心配でした。


遠距離を通い続けることも、

長い期間持つはずがない、と思っていたので、

1年生のとき、近くにアパートを一室、

月5000バーツで借りて、住み始めたのでしたが、

遠くても、毎日、僕のいる家に帰る方が良い、

ということで、

そのアパートの6か月後の更新をキャンセルしたものです。



さて、その第一日め、

疲れた顔で、会社からの宿題の本を抱えて帰ってきました。


インターンシップ学生の世話をしてくれる会社側のスタッフが、

マネジャー、主任クラス、そしてワーカーレベルの3人である。


実際の行った作業は、テレフォン・オペレーターと、

注文書(らしきもの)の集計など、、、。


顧客からの電話を、担当者につなげるオペレーター業務は、

会社の担当部門の名前、社員の名前、新しいことばかりで、

大変だった、とか。


また資料の集計なども、定まった形式のない紙の山で、

どこを見ればいいのか、

ワーカーレベルのインターンシップ学生教育係りに

訊いてばかりしなければならず、

その担当者の態度が、投げやり風で、分かりにくく、

時間がかかると怒り出すとかで、

かなりげんなりして帰ってきました。


その日に会社から勉強しなさい、と持たされた本は、

輸出入に関するビジネス本で、専門用語が解説されて

います。


夕食後、

そのビジネス書を勉強するの、手伝って、

と言われたのですが、

僕は、輸出入関連の専門知識はゼロであり、

風邪気味だったので、

一眠りしてしまったのですが、

10時ころ目覚めると、

ゴイは、そのビジネス書を半分以上、すでに読んでいて、

今日、頭を痛めた文書は、L/Cというものだった、

その1枚のページの、

どこに、どんな情報が書かれているか、

この本ではっきりわかった、

これなら明日の作業は、簡単、簡単、

と、ようやく問題を解決できたような気分になっていました。


第二日め。

昨日の電話取り次ぎの仕事はなく、

各種データをもとに、新しい文書を作る作業を

教わった、と。


会社は、輸出を主要な業務としているので、

社内文書は、英語だそうです。


社員のなかには、それほど英語が得意ではない人も多そうで、

その点、自分にとっては楽だと感じる。


しかし、新しく作成する文書、というのが、

エクセル・ベースのもので、

あちこちに計算が組み込まれていて、

ベーシックなエクセルしか知らない自分には、

作成した結果が正しいのか、どうか、

なかなか分かりにくい。。。


そいうことで、今日は、自分でエクセル解説書と、

速タイピング練習帳を買ってきました。


文書の最終版は、何枚かコピーが取れるタイプライターで

作成するので、ラピッド・タイピングが出来ると、

便利なんだ、と。

これは自分で、考えて、決めたことなのでしょう。



3日め。

今日はグッド・ニュースが2つ、と喜んで帰ってきました。

「仕事はどう?」

と訊くと、楽しい、という答え。


第一のグッド・ニュースは、会社からサラリーが出る、

と言われたこと。

XXX銀行に口座を開いて、明日持っていくことになった。

二つ目は、

今日、作成した文書と、とっ多作業行動が「完璧だった」と

言われたとのこと。


サラリーの件は、

上に記したように学校側の文書が無かったため、

いままで会話に上ったことが無く、

サラリー無し、と理解していたとのこと。


友人たちは、ホテルや、空港の販売会社にインターンップに

出ていて、サラリーが出る、ということです。


自分たちももらえる、とうことで、

一緒にインターンシップに行っているレックという友人は

大喜び、していたそうです。


もちろん、ゴイにとっても嬉しいことで、

きっとミニマム・ウェイジの一日300バーツだろう、

などと、すでにそろばんをはじいていました。


いずれにしろ、

インターンシップ、

新しい経験の3ヶ月、

順調に始まってくれて、

安心しました。


がんばれ!

ゴールは近いぞ!









^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる