2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/07/05

結婚ビザ更新、マルチ・リエントリー申請


1か月前に、結婚ビザの更新を申請し、

水曜日は、その受取に行ってきました。


朝の8時15分に家を出て、

チェーンワタナのイミグレーションに着いたのは、

9時10分。


申請時には、妻のゴイの同道が必須でしたが、

今回の受領は、僕のパスポートなので、

必要ないだろうと一人で行ってきました。

(彼女は、大学のキャンパスに行く日だったのです)


予想通り、インフォメーションで順番札をもらうとき、

示されたのは、申請時のコーナーではなく、

ただ受領するためだけの、窓口でした。


ここで30分くらい。


結婚ビザの、2014年までの滞在許可日を確認して、

次は、マルチ・リエントリーの申請へ。


ここには20人くらいの人が、僕の前に居ました。

ここの処理も、約50分で完了。

3800バーツの支払。


なんだか、イミグレーションの作業、すごく効率的になり、

処理が速くなったような気がするのですが・・・。


明るい気分になれました。


イミグレーション・オフィスが入っている建物の、

1階の巨大なロビー・スペースで、

「2020年のタイランド」、

という展示があり、覗いてみました。


いろんな観点から、将来のタイが説明されてるようでしたが、

表記がタイ語なので、よく分かりません。


中に、電車・地下鉄の将来プランのコーナーがあり、

注意してみました。


僕の住む、サマゴーンまで、便利な電車の路線計画がある、

と聞いていました。


先日、バンコク・ポストのウェブ版で、

地下鉄オレンジ・ラインの、

ラチャダーからミンブリまでの実施計画が

認定されたというニュースを読みました。


下の、写真のようです。


20130705oline1
全体像、です。


20130705oline2
右寄りに、青いラインとオレンジのラインが、
タイ文化センターのところで、交わっています。


20130705oline3
そのオレンジ・ラインがミンブリまで来るのですが、
この沿線の駅のなかに、「サマゴーン」があります。


オレンジ・ラインの終点がミンブリ駅で、

そこからピンク・ラインに接続していて、

ピンク・ラインは、ラム・イントラ線です。

この線の先には、

イミグレーションのある、

チェーンワタナ駅があります。


いつ完成するのか、分かりませんが、

(2020年のタイランドという展示会なので、

その時までに出来上がることを期待します)

そうなれば、将来は、イミグレーションまで、

車で行かなくても済みそうです。


歳をとると、車の運転も嫌になってくるでしょうから、

急がなくてもいいので、

計画通り、工事が完成してくれると、

嬉しいですね。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる