2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/05/25

庭師、チャンス氏のアドバイス


こういう話があります。


チャンス氏は、ある大富豪の邸宅で庭師として働いていました。

中年になるまでほとんど豪邸の外に出ることも無く、

部屋でTVをみることと庭いじりが彼の趣味でした。

やがて、その大富豪が亡くなって、チャンス氏は外の世界に

出ることになるのですが、途端にリムジンにはねられ、

その車のオーナーの家に治療のために運びこまれます。

そのオーナーは、大統領のアドバイザーも務める

ビジネスマンです。

あるとき大統領がビジネスマンの館を訪れたとき、

たまたま病み上がりのチャンス氏がいました。

アメリカの経済は低迷し、多くの一流企業の業績は悪化し、

株式市場は暴落状態でした。

悩む大統領から、なんとチャンス氏は助言を求められた

のだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チャンス氏は尻込みした。

頭の中は真っ白になり、重苦しい空気を感じた。

彼はカーペットを見つめていたが、決心したように、

「庭では・・・」と話始め、こう続けたのである。

「季節は巡ります。

春が過ぎ夏が来ますが、やがて秋になり冬がやって

きます。

そしてまた春が巡り夏がやってきます。

根が切られてしまわない限り、

またすべてがうまく回っていくのです。


彼はおそるおそる目をあげた。

満足そうに笑みをうかべた大統領の顔がそこにあった。


「チャンスさん、こんなに勇気づけられる話は

長い間聞いたことはありませんでした。

自然も社会も同じなのだということを忘れていました。

自然と同様に、我々の経済システムも長期的には

安定的で合理的なのだから怖がってばかりいては

いけないのですね。

避けられない自然の季節は平気で迎えるのに、

経済の季節には動揺するなんてなんと愚かなこと

でしょう」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(J・C・ボーゲル「インデックス・ファンドの時代」から)


小さくは、

つい先日日本株で起きた、

上昇気流にいた株価が大暴落しても、

ちょっとした必要な調整なのだよ、

と安らかにそれをみるようになれる、

良いアドバイスになると思います。


しかし、僕は、もっと大きな意味を、

このエピソードから受け取りました。


きっと昨日の安倍総理のスピーチが

頭に残っていたからでしょう。


僕は、アベノミクスが始まって4か月、

世界を驚かす日銀の施策から始まり、

様々な面で、久しく無かった、

日本の前向きな面が出てきて、

まさに起死回生の状況が生まれつつある、

と感じています。


あとは、この状況に、実体経済がどう応えて

いくかが残された課題です。


昔なら、僕は、心配気味になることなんて、

なかったでしょう。

経済一流、政治は二流(三流?)と言われていた

昔なら、

こんなに政治が良い環境を作ってくれたら、

もうほとんど果実は手中にあるようなもの、

と感じたでしょう。


ところが、

この20年の日本の企業の動きを見るに、

優れた経営者の枯渇、

社員モチベーションの低下、

外国に学ばない傲慢さ、

などなど、

勝手ながら、

自分が生きてきた時代に比べて、

どうしようにないほど、力不足になった、

と思ってしまいがちだったのです。


しかし、考えてみれば、

日本人という根が切られてしまったでしょうか?

そんなことはない。

根は、そんなに簡単に切って捨てられるほど、

浅く、細く、か弱いものではない


と直観的に、感じたのです。


季節は、巡るのです。

もっと楽観主義になりましょう。


安倍首相はスピーチで、

「私の役目とは、

日本を、

この(「桜よ」という)歌にふさわしい、

未来を向いて、もう一度力強く歩いていける国に

していくということです」

と宣言しています。


揶揄することなく、

それが実現することを信じて、

応援していきたいものです。


自分が出来ることと言えば、

回りの人に「大丈夫だよ」と伝えることだけしか

ないかもしれないのですが、

そういう積極、楽観という思いは、

案外、ひろく伝わっていくものかも

しれません。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

世界は変わらない

 私も庭師の言葉には大賛成です。世界も人間の体も変わりません。でも上っ面を見つめて儲けようとしている人らには大きく変わっているんでは?ましてや金太郎飴に囃されてバスに乗り遅れまいと言われるままに株や投信を買っている人らには・・・。皮肉ではないんですが私は相変わらず日本の坂道を転げるスピードは多少は緩んでももう反転して上ることはないと思います。タックス・イーターのパラサイト集団と官僚のやることは全然変わってません。例えば農業にしても中国は南米に広大な土地を買って作った農産物を中国へ持ち帰る大きな桟橋まで造ったそうですが日本では相変わらず食料自給率は4割のままでバラ撒きの方向はそう変わってませんから。弱電気も井戸の中の蛙のままで新製品を作るのではない既存の路線の多少の軌道修正だけみたいですから。
 アベノミックスで皆さんがお腹を壊すことなくまた儲かった会社が給料は上げなくても税金をまともに納めてくれることを祈ってます。
 この白から黒へ代わって起きた大変化も1,2年で結果は出るでしょうから!

Re: 世界は変わらない

トマックスさん、

>  アベノミックスで皆さんがお腹を壊すことなくまた儲かった会社が給料は上げなくても税金をまともに納めてくれることを祈ってます。

私は素朴に、儲かった会社は、給料を上げて欲しいと思います。
税金をまともに収めるのは当たり前で、祈るほどのことではないのでは?

>  この白から黒へ代わって起きた大変化も1,2年で結果は出るでしょうから!

バーナンキの緩和策は、もう5年も続いていて、ようやく効果が表れようと
していますね。
インフレターゲット2%は2年後、と言ってますので、
1年で効果を判断するのは、早すぎると思います。
アンチ・アベノミクス派の人は、結果を早急にもとめる
傾向にあるようです。


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる