2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/05/22

爆速ヤフーの人事評価システム

ネットサーフィンをしていたら、

週刊東洋経済(2013.5.11.号)の第2特集の、

「爆速ヤフーの突破力」という記事について、

コメントされているブログを読みました。

ヤフーは、なぜ15期連続増収増益の社長が退任し、「爆速」するのか?

興味を感じたのは、新しい人事評価システムです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人事評価もユニークです。詳細はわかりませんが、

バリュー評価という仕組みを導入し、

「課題解決」「爆速」「フォーカス」「ワイルド」

という4つのバリューに対しての到達度を評価する方法

とされています。これも半年間で導入という爆速です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容は分かりませんが、

ついこの間まで多くの日本企業で、

活性化のためにと称して導入され、失敗した、

形だけの「成果主義」とは違うようです。


ふと、思い出したのは、GEの革命です。

ジャック・ウェルチは、赤字で瀕死の状態のGEを

見事に蘇らせた経営の神様、と言われるのですが、

それは間違いで、

彼の凄いのは、GEが業績絶好調のとき、

(彼がCEOになったのは、1981年、

GEが世界で10番目に大きな市場価値を持った

会社でした)

あえて、全方位の改革を断行した、

慧眼、勇気、決断力、実行力なのでした。


ヤフーでは、

15年増収増益を達成してきた井上前社長が

会長に就任する、

というような中途半端なことはせず、

すべてを新社長にゆだねて身を引いたようで、

違う形で、

ジャック・ウェルチの慧眼を思わせます。


そして、ジャック・ウェルチは、

社員をGEのコア・コンピタンシー(競争力の源泉)に

することへの情熱に燃えた経営者だった。

彼は、GEの共通価値として、

率直さ、スピード、自己確信、

を植えつけ、たゆまなく成長し続ける、

人材の宝庫であるGEを夢見ます。


彼がたどりついた人事評価方法は、

「活性化カーブ」と名付けられ、

A(20%)、B(70%)、C(10%)

というグループに評価するシステムです。

Aは、リーダー・グループで、

すでに活性化されている、

Bは活性化すべき中間層で、成長が求められる、

Cは、クビを切られる10%です。

マネジャーは、毎年、10%の、

会社を去ってもらわねばならない社員を

選定しなけらばならない。

これは、かなり厳しい作業で、

30人のスタッフを抱えた一人のマネジャーの

場合、1年目、2年目は10%カット対象を

選べるけれども、

3年目には、そんなにパフォーマンスの悪いものも

いなくなり、しかし10%は選ばねばならない、

と難しくなり、

定年が決まっているものを指名したり、

酷いのはすでに退職した人間の名前を

使ったり、というところまで、追い込まれたりする、

とか。


ジャック・ウェルチすれば、それは社員に、

厳しいことだが、決して不幸を与えることではない、

なぜなら、その人が成長できないGEを去り、

他の組織で実力を発揮すれば良いのだ、

という、

彼の信念である、

人は自らの運命を支配する、

という考えに基づいているようです。


「率直さ、スピード、自己確信」と、

「課題解決」「爆速」「フォーカス」「ワイルド」

の間に、関連性はなさそうですが、

元になる信念は同様ではないでしょうか。


ワイルド、

というのは、

ケインズでさえ言っているアニマル・スピリット、

ということに共通していると思います。



こういう日本企業が、増えて欲しい、

とアベノミクスの第3の矢にからめて、

そう思います。


特に、

大企業の精神的革新が、必要とされている

のではないでしょうか。



今日も、日本株市場、快調で、4日連続上昇、

246円高で、1万5627円は、5年6か月振りの

高値とか。


ところが、僕自身の持ち株は、トータルでマイナス6万円でした。

聞けば、上がった株は749社で、下がった株の方が多くて

853社だった、とか。


トヨタとか、ソフトバンクも下がっており、

僕の持ち株としては、アン・ラッキーの日だった

ようです。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる