2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/05/02

もう、5月・・・。

一年、一年、

時の流れが、早まっていくようにかんじるのは、

僕だけではないようですが、

そんな貴重な時間も、

体調を崩すと、回復まで、

(こちらのほうは)時間を要し、地団太踏みたい気になります。


もう、5月になってしまいました。


先週の月曜日ころから「熱」があって、

37度から38度という猛暑のなかもあって、

おとなしく、家で静養することに決めていました。


まとめて、経済書でも読もうという計画で、

家にこもることにしたのですが、

手に取った本が、

・ハーバードの「世界を動かす授業」 
 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
 リチャード・ヴィートー

・危機を超えて すべてがわかる「世界大不況」講義
 伊藤元重

・これがデフレだ 歴史に学ぶ知恵
 吉野俊彦

・資本主義はなぜ自壊したのか 「日本再生への提言」
 中谷巌

・スッキリ! 日本経済入門 現代社会を読み解く15の法則
 岩田規久男


・デフレノ恐怖
 R・ブートル  高橋重宣 監訳


などの本を、読み飛ばしていくうちに、暗~い気持ちになり、

頭が痛きなってしまいました。


若林栄四さんの「不連続の日本経済」によると、

明治以来の日本の資本主義、120年強、

デフルは3回、計19年しかない。

資本主義の常態は、インフレ、なのだ、という。

日本ではハイパー・インフレは、

一度も起きたことがなく、これからも起きないだろう。

(そもそも、ハイパー・インフレは、戦争とかの国家的突発事故の

ときのみ、起こる危険性はあり、とみている)


日本の不況は、バブル崩壊の1990年から継続している

わけですが、

不況=デフレではなく、

1995年、先進諸国で、戦後初めて、物価上昇がマイナスに転じた、

そこから始まる、と考えると、

すでにデフレ18年なのです。


資本主義体制をとっている限り、デフレは殺さなければならない

悪病なのだ、と考えなければならない。


それが、日本では、政治家、財務省、日銀、経済学者、

エコノミストなど、「デフレ絶対悪」を、とってこなかった。


そのために、金融緩和の真似事をし、財政出動し、

構造改革に縁に手をかけても、

焦点が、間違っているから、

いつまでたっても、閉塞感から抜け座せず、

「明日の生活が今日よりは良くなる」という希望が

砕かれ散ったままの常態が、

継続しているようです。


日本では、富はゼロ・サム・ゲームで、

高齢者は、経済成長時代に蓄えることが出来たのだから、

デフレの時代の若者に、富を移転せよ、

という声が高らかに鳴り響く。

なんだか、後ろ向き、内向きの話ばっかりになります。


リフレ派の主張のように、

デフレ予想からゆるやかなインフレ予想に、

国民のマインドを変化させることが、

肝要なのです。

それは、


今日よりも明日が、

給料もあがり、生活が好転する、

という期待です。


景気は、気分の景色、なのですから・・・。


僕たちの世代は、戦後生まれですから、

子ども時代は、まぁ、みんな貧しい生活を、

なんらかの形で経験している世代です。


しかし、今日よりは、明日が良い日になる、

という気持ちは、あったのだと思います。


バブル崩壊後、

不況が続くと、

これまでの日本経済を支えていた、

終身雇用、年功序列、系列、長期戦略重視、

などすべてが否定されていきます。


しかし、

年功序列について言えば、

若いころは給与は低くても、

教育や住宅購入などの生活費用が重なるころを、

会社がきちんと見ていて、支援してくれるのだ、

というシステムです。


社員は、そこに安心感、信頼感を置き、

今目の前の日々の、作業に、

社畜とさえ呼ばれながら、働いたのです。


それが、今では、安心感、信頼感は、

どこにも存在せず、

企業に寄るな、国に寄るな、

すべて自己責任の世界なのだ、

という。


日本には、個人主義は、成熟していません。

基本的には、共生主義の民族だと思います。


一対一の、勝負になったら、日本人は、いまでも弱いのです。


韓国に席巻されているゴルフ界をみても、

あれほどの期待をもった浅田真央選手の、

大試合で大差で負けてしまうキム・ヨナとの闘いを見ても、

個人の力となると、

日本人の精神力は、闘争には、強くないのだと思わざるを得ません・・・。



バブルの処理を誤って、

日本中、大混乱に陥り、

日本の繁栄を築いてきたすべての仕組みが、

一夜にして、悪事の元凶のようになり、

日本システムが瓦解しましたが、

それに代わるグローバル主義システムは、

日本人には消化などできるはずの、ないもの。


すでに、日本人は、海外に打って出る、などという

熱意を失っていましたから。。。


日本人の驕慢さが、日本は、もう外国から学ぶものは

なにもない、と思っていたのでしょう。



しかし、まぁ、デフレ関係の本を読んでいても、

頭が痛くなるだけで、

身体の調子がわるくなるだけなので、

止めました。


僕は、

ベビーブーマーの時代に生まれましたから、

その世代の精神で、

人生の最後まで全うできれば、それで良い、と思います。


労働して、

お金を稼いで、

少し資産を作り、

定年後は、その資産を運用して、

人生の黄金期である老後を全う、する。


心は、常に、前向きで。


今回のアベノミクス効果で、

日本人みんなが、明日は明るい、

という気持ちになってくれることを、

願うのみです。












^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング


pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずは体調が戻ったようで良かったですね。扇風機の風で又やられないように若しエアコンがない(まさか・・・とおもいますが?)のでしたら寝室につけて寝苦しい時は文明の利器で爽やかな心地よい眠りをどうぞ。私は一人でしたら日中はあまりつけませんが寝る時は迷わず常時回しています。
それにしても読書の量が凄いですね。船頭多くして船は山へなんて事態にならないようにとも思いますが、でもやはりマネーゲームには理論付をして納得することが大事なんでしょうか?私は今一人なので大昔買った聖書を毎日を楽しんでいます。いろいろと理解できないことは放って、ただ字を追って。
若い時は体で稼いで歳がいけばお金に稼いで貰わねばですが自分の簡単な理屈で、感で働いて貰っています。が、長ぁー
い目で見るのでまだ損が確定したことはない、当たり前ですよね。
阿部のミックスで上手い具合に全てが動き、坂道を転げ落ちている日本がいい方へ方向転換できるといいですね。

Re: No title

トマックスさん、

> 扇風機の風で又やられないように若しエアコンがない(まさか・・・とおもいますが?)のでしたら寝室につけて寝苦しい時は文明の利器で爽やかな心地よい眠りをどうぞ。
その「まさか」なんです。
中古住宅を買って、付いていた古いエア・コンは捨ててしまいました。
エア・コンが必要なのは1年のうちの何日かだと思っていて、まだ買う気になっていないのでした。。。
やはり、必要かなぁ、とも思い始めていますが、基本的にエア・コンが嫌いなんですね。


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。