2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/04/20

タイ産 日本種米が 品薄で・・・。

タイ産の日本米、いろいろ食べ比べた結果、

「はるか」というお米に決めていました。


その「はるか」が、モール・バンカピで見つからなく

なりました。

サマゴーン内の、ヴィラ・マーケットでも見当たり

ません。


それで、

パタナカンにあるマックス・バリューに行けばあるだろう、

と昨日出かけていきましたが、

なんと、ここにもありません。


モール・バンカピでは、他の日本米が一種ありましたが、

他の店では、日本米そのものが、無くなっていました。


お米が主食ですので、これでは困る、

ということで、今日、プロンポンのFujiスーパー

まで、買い出しに行ってきました。


さすが、ここには、日本米が沢山ありましたが、

「はるか」は2kgの袋だけです。


お米コーナーに、貼り出し、があり、

「タイ産 日本種米が品薄となっています。

安定供給に不備をきたしておりますが、よろしく

ご了解ください」

というメッセージです。


何が、起こっているのでしょうか。

日本米は、北部タイで生産されていると思いますが、

なにか異常気象でもあったのか・・・。


それとも、タイ政府のコメ買い上げ政策で異変が

起きている、とか・・・。


わかりません。


今日、Fujiスーパーの棚に沢山あったのは、

4種類ほどの「あきたこまち」米でした。


僕は、秋田の生まれなので、「あきたこまち」で

問題ないのですが、

この時期に大量にある、ってことは、

今まで不人気商品だった、ってことなのでしょうか。


タイでの「あきたこまち」は初めてなので、

その味、楽しみです。


Fujiスーパーで食料品、

プロンポンの古本屋さんで、本も買って、

「ラーメン停」でお昼を食べ、

タクシーで帰ってきました。


タクシーで、130バーツです。

行きは、バス+MRT+BTSと乗り継いで、

計55バーツかかりました。


妻のゴイと二人ですから、110バーツです。


タクシーとの差額、20バーツです。

かかる時間は3倍、違います。


その20バーツが惜しくて、

バス、電車でバンコク市内に行くことは

変わらないような気がしますが・・・。


しかし、タクシー料金、安いですね。

130バーツって、まぁ、390円でしょう?


日本では、初乗りで、700円ですから。。。


ゴルフさえしなければ、バンコクで車を持つ必要は

まったくないですね。


ゴルフをすると、行くときはタクシーを簡単に

捕まえられますが、

帰りのタクシーを呼ぶのに、

おそろしく時間がかかったりしますので、

自前の車は必要になってきます・・・。


タクシー代や電気代、公共料金は、安く感じます。

しかし、食料品の値段が、じりじりと上がっています。

タイ政府のバラマキ政策で、

物価が上昇しているのだと思います。


一方、タイ・バーツの対ドル価格が、16年ぶりに、

高いのだとか。


政府の財務省が、タイ中央銀行に、バーツ安に導く

対策をとるように、指示しているのですが、

中央銀行側が、応えていません。


それで、中央銀行総裁をクビにする意向だとか。。。

Kittiratt wants central bank chief replaced

バーツ安に導く、中央銀行の取れる策とは、

金利を下げることなのでしょうが、

そうすれば、ますますインフレ気味になるし、

すでにインフレだと思っている中央銀行としては、

難しい問題だと思います。。。


輸出は、好調なようなので、問題がなさそうですが。


Car production rises 34% Fri, 19 Apr 2013 00:00:00 +0700 :
Thailand's motor vehicle production and sales remained
robust in March, with production rising by 34.3%
year-on-year and vehicle shipments by 14.4%.



しかし、こうタイバーツが高いと、

観光で来る人は減少しますね。

特に、日本からの訪問者、

1万円が、

4000バーツもあった時代がついこの間で、

今は、2900バーツ、

となったら、

やはり激減するのではないか、

と心配します。


僕の場合も、

日本から持ち込んだ円を、

バーツに両替することは最近していません。


1年半前に、住宅を購入しようと持ち込んだお金があって、

実際に購入した物件が、中古で、300万バーツ、

多少の改装費を含めても350万バーツ程度で済んだので、

予算が半分ほど余って、

銀行に眠っています。


それは、

3年間ほどは、一切円を両替しなくても、

なんとかやっていけるのではないか、

というふうに思う金額です。


その間に、

タイ・バーツのミニ暴落でもあってくれれば良いな、

なんて、不謹慎なことを・・・。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

歴史に残る悪政

タイの北部、チェンライ地方では日本と近い気候から多くの日本米が生産されていましたが、インラック・タクシン傀儡政権の選挙対策用ばら撒き政策のコメ抵当スキーム(高値買い上げ制度)により、生産が激減しています。

コメ抵当スキームでは、コメの「質」に関係なく、「量」だけが計算対象になるので、これまで日本米など高品質米を生産していた農家が手間のかかる日本米の生産を止めて、低品質のコメ生産に転作しているのです。

日本米だけでなく、タイの高品質米であるホームマリー(ジャスミン米)のような手間暇かかるコメの生産から、低品質のコメ生産へ転作する農家が続出しています。

インラック政権のばら撒き政策の中では史上最悪の政策として歴史に残る悪政でしょう。

高値で買い上げたコメの処分(棄てるしか無さそうです?)、コメの品質の低下、制度が末端の農家に行きわたらず、大規模農家や大手コメ業者の懐に、政治家への賄賂、タイのコメ輸出の激減、タイの財政への致命的な打撃・・・・・

チェンマイ在住で、ゴルフを楽しみながら、世界の時事情報を分析してくれる方のブログに詳細に書かれていますので参考にされて下さい。

このままでは、タイ国内でタイ産日本米を購入できなくなるのは時間の問題であり、日本からの輸入米を買うしか方策が無くなり、バンコク在住の日本人社会ではパニックになる可能性があります。

http://uccih.exblog.jp/18500403/

http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=1898

Re: 歴史に残る悪政

飯島さん、
コメント、ありがとうございました。

やはり、インラック政権のコメ買い上げ政策の余波、だったんですね。
かなり、深刻な問題で、日本人が日本米を入手できなくなる、という
問題にとどまらない大問題ですね。
このポピュリズム政策も実際の農民にお金が回っているわかではない、
本当に悪政だとすると、なぜアピシット民主党はこれを取り上げ、
インラック政権を糾弾しないのでしょう?
間に入ってお金をくすねているのが、民主党側の人間でもある、
ということなのでしょうか。
困ったタイの問題ですね。本当に、国家、国民のために行動する
政治グループというのは、育たないものでしょうか。

それにしても、紹介していただいたブログの方、
すごい方ですね。あの情報力、分析力は、どこから来るのでしょう。
感心しきり、でした。


悪政はいつまで続くのか?

>本当に悪政だとすると、なぜアピシット民主党はこれを取り上げ、
インラック政権を糾弾しないのでしょう?間に入ってお金をくすねているのが、民主党側の人間でもある、 ということなのでしょうか。

違います。

野党であるアピシット民主党側は再三にわたり、コメ抵当スキームの廃止を求めています。
下記ブログに書いてある通りです。

http://uccih.exblog.jp/14435092/

民主党だけでなく、学者や大学から、憲法裁判所にコメ抵当スキームの差し止め請求が出されています。

インラック政権も、タイ国の財政に与えるダメージが大き過ぎることや、買い取ったコメの置き場所に困り(政権側は、コメの倉庫を隠しています)、当該制度を中止したい意向になってきたようですが、農家側の反発を恐れて中止に踏み切れないでいます。

同じばら撒き政策であったマイカー減税は時限措置で昨年12月末で終了しましたが、コメ抵当スキームは期限が無く、タイ国の財政悪化を促進しています。

そんな中、2007年から参政権5年停止処分を受けていたタクシンの妹であるヤオパワーが補選に当選し、国政に復帰してきました。

本来なら、インラックではなく、ヤオパワーがタクシンの後釜に座る予定でしたが、5年間の参政権停止処分のために、止むなく、末妹のインラックを担ぎ出した経緯があります。

年内にもインラックからヤオパワーへの首相職の委譲が見られるかもしれません?

http://www.newsclip.be/news/2013422_037806.html


pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる