2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/03/30

シンガポールでHSBC口座開設って、どうでしょう。


日本一時帰国も、あと2日で、バンコクヘ戻ります。

日本は、まだ寒い、としかいいようがないのですが、

バンコクはきっと、

猛暑が始まっているころでしょうか。


日本では、心配していた桜も、だいぶ観ることができました。

ブログで、京都旅行とその後、についての更新が

遅れているのですが、

千鳥が淵の満開の桜を観ました。


妻のゴイが、日本の桜を堪能している様をみて、

僕もうれしくなりました。


日本の家にいて、今回多かったセールス・コールは、

太陽光発電の住宅設備、です。

何件、何社からあったでしょうか。

電話販売、訪問販売、両方です。


このビジネス、あまり伸びているようには

見えないのですが、どうなんでしょう。


セールス・コールと言えば、

銀行から、株価が上がって、

今保有している投信の損失も大分減ってきました、

ここは乗り変え時ではないでしょうか、

新規に元気の良いファンドを買って、

損失を上回る結果を早く出してはどうでしょう、

というものです。


推奨してくれた投信は、ニッセイJ-REITと、

ニッセイ日本勝ち組ファンド、でした。


もちろん、毎月分配型で、販売手数料、維持費、

安くはないファンドです。

最近のパーフォーマンスは、良いもののようです。


予想された、セールス・コールでした。


今は、

USドルMMFで、円安に備えることと、

日本の投信としては、

セゾン・バンガード・グローバルバランス・ファンド、

日本のETFでTOPIX連動(1306)、

出来れば、海外ETFでバンガードのVTIを買おうと

決めています。

またFXで、USドル、豪ドルを、中期に持ってみようかと、

頭の体操気分で、考えています。

あと、日本株は、今もっている株を、

少しずつ入れ替えて、日本の株高のおすそ分けが

もらえればシメタもの、という欲が、ちょっと残って

います。^O^


上記の予算のために、

二つの銀行にあった定期預金をすべて解約しました。

かなりの部分は、

上記の中でも、よりリスクの少ない、

外貨MMFに振り向けるので、

心配はないだろうと、読んでいます。


少しずつ、実行していくだけが

残っています。


ひとつだけ、まだ良く分かっていない課題が

あります。

緊急度は、無い課題、です。


というのは、上記のように、

円安の時代にむけて、僕個人の円の価値保全の

行動をとってきたのですが、

いろいろ読んだりしているうちに、

いかにも日本から海外の「なにがしか」に

投資をしようとすると、けっして便利ではない、

また、

日本では、キャピタル・ゲインにも、

インカム・ゲインにも税金がしっかりついてくるので、

投資の手数料は1%かそれ以下のもので、

などと言っている身には、

いかにも日本の税金は高い、と感じられてきました。



最近の日本政府の(財務省の?)作戦のひとつは、

老齢者がもつ資産を、若年者に配分しよう、

ということであるようです。

これも、あまり、気に入らない。


それで、シンガポールに銀行口座を持って、

そこから資産保全活動をする、

というのはどうか、と思ってみたのです。


以前、確か、飯島さんが、

日本の資産家は、円をシンガポールに持ってきて、

こちらで資産運用をするのが、普通になっている、

という話をしてくれたように思います。


ただ、僕の場合は、

「資産家」さんが持ち込むお金のケタと、

考えが違うので、

どうかなぁ、

ちょぼちょぼなら、日本でやれば、

という気もします。。。


そもそも、シンガオールで銀行口座を、

パスポートだけで簡単に開設できるものやら・・・。

HSBC銀行のプレミア会員になれば、

結構簡単かもしれないのですが、

そのためには、

1500万円ほどの持ち込みが必要だ、

と理解しています。


僕の場合は、もっと小額で始めたい、

ということなのです。


このことを、すこし、時間をかけて

勉強してみるつもりで、

います。

なんだか、無駄なことかも、

しれないのですが、

ここまで来たので、もうちょっと。


海外ロングステイ、というより、

海外在住者として、

なにが可能で、

なにがベターか、

考えていきたいと思っています。





^O^




ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

住所の問題が・・・・・

バンコク郊外在住の知人情報では、今年のタイは久しぶりに、「本物の夏」になっていて、連日「ホッティスト」だそうです。
室内でも30度以上、屋外では40度以上の暑さだそうです。
先日、28日(?)には、エアコンがフル稼働で、タイの電力消費量が最高を記録したようです。(日本だと8月の高校野球開催時ですが)

管理人さんがバンコクに帰還される頃、4月5日(金)は、ミャンマーの天然ガス施設のメンテナンスの関係で、タイの電力使用が制限され、トヨタほか多くの工場が臨時休業して、タイの大停電に備えるようです。

しかし、タイの夏は昼間は暑くても、夜間は涼しいようで、日本特有の「熱帯夜」は無いようです。

HSBCシンガポールでの口座開設ですが、下記の映像にも出ていましたね(昨年5月放映)。

http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-13087.html

口座開設ツアー業者が林立しています。手数料は10万円前後のようです。業者が増えるわけですね。

http://www.sgp-banksupport.com/

確かに、シンガポールではキャピタルゲイン課税、インカムゲイン課税は免税のようですが・・・・・
日本居住者には適用が無いので、免税措置を受益するには、日本から住民票を抜かないといけませんね。

管理人さんのように、住民票は日本にあっても、年間180日以上、タイ王国に滞在している場合には、タイでも納税義務が発生しますが、どうなるんでしょうか?

また、キャピタルフライトが増加してるので、日本の税務当局は、日本人の海外資産の把握に躍起になっているとか?

海外での課税問題  Re: 住所の問題が・・・・・

飯島さん。
いつもコメントありがとうございます。
今年のタイは本気に暑いのですね。
覚悟して、戻ります。

> また、キャピタルフライトが増加してるので、日本の税務当局は、日本人の海外資産の把握に躍起になっているとか?
そうなんでしょうね。。。日本から送金などしたら、すぐ分かってしまいそうです。日本の銀行は、プライバシーを守らなくても良い、という不文律でもあるのでしょうか。海外送金は、政府に筒抜けだと聞いたような気がします。脱税をするつもりはありませんが、正当な個人としての権利で、節税できるものなら、節税したい、という気持ちです。老年者からあらゆる手段で(最近では相続税の変更とか、、、)お金を搾り取ろうとしている政府への、せめてもの対応のつもりなんですが。
まぁ、それほどの金額でもないので、目くじら立てているわけではありません。

> 管理人さんのように、住民票は日本にあっても、年間180日以上、タイ王国に滞在している場合には、タイでも納税義務が発生しますが、どうなるんでしょうか?

タイ政府にも、日本での所得に税金を払わないといけないんですか?
二重の所得税支払いは、耐えられませんが・・・。
以前に、日本の年金に、課税される、という話題が、ロングスタイヤーの間で
話されていましたが、今はあまり聞かなくなったと思います。
どうなったんでしょう。
タイ株をやって、利益が出たら、タイに納税する、ということならば
全然問題ないのですが。

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる