2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/01/23

65~69歳の就業率が急上昇

1月21日の日経の記事です。


団塊の世代の退職に関連して、

「2007年問題」とか「2012年問題」、

と言われていたようです。

前者は、団塊世代の47年生まれが60歳になるとき、

後者は、それが65歳になるとき、です。


それぞれ、大量の退職者が出て、労働人口の激減が

危惧されていた問題ですが、

ふたをあけてみると、それが単なる杞憂で、

多くの人々が、まだまだ働きたい、という意欲が

旺盛であることが証明、されてきました。

団塊の世代が、その年齢の達すると、

その年齢の就業率が上昇する図がよくわかります。


65~69歳の就業率が急上昇、団塊世代まだまだ働く
2013012165sai


厚労省の調査では、

調査時点で働いている60~64歳の人で

「65~69歳になっても仕事をしたい」と答えたのは全体の56.7%で、

「70歳以降も仕事をしたい」と考えているのは全体が28.7%。

だそうです。

ということは、上の図が、まだまだ伸びるということですね。


仕事をする理由は、

「生活費のため」というのが最も多いのですが、

「健康のため」「今の仕事が好き」「社会とのつながり」なども

結構な比率をしめます。


僕は、これはすばらしいことだ、と思います。

自分は、55歳で、2005年に早期退職しましたが、

そのときは、50代で辞めて、したいことが明確にあって、

退職条件がそろっていたので実行しました。


もし、新しいことをやりたい、ということがなく、

収入のことが優先していれば、

早期退職はしなかったでしょう。

仕事を続ける、

ということは念頭にありましたから。。。


高齢者が仕事をし続けたい、

70歳を過ぎても、30%の人が、

その能力も、体力もある、

と考えていて、実現していきそうなことは、

すばらしいことでは、ないでしょうか。


それが、少子高齢化で、いろいろ言われている問題を、

ソフトランデングさせる一助になることは、

明白だと思います。


少子高齢化の、経済的な問題は、怖れるに足らずで、

高齢者と女性の就労率を、高めれば、解決できる、

と思うのですが、

どうでしょうか。


むしろ、問題は、こうした高齢者の就業率が高まると、

若年層の仕事を奪う、

という後ろ向きな意見がでてくることです。


団塊の世代や、高齢者が、若者の仕事を奪っている、

という議論は、ナンセンスで、

若者を甘やかす、若者迎合の意見にすいぎないでしょう。


真剣働きたい、

努力もし、知識と将来の成長意志も強い、

というような若者がいたら、

企業は、まちがいなく、若者を採用するでしょう。


しかし、実際には、そんな若者が非常に少ない、

というのが実態ではないのかなぁ。


大卒、56万人。

就職 20万人、36%。

進学  8万人。

アルバイト 2万人。

なにもせず 10万人。


求人があっても、就職しない。

まだ、大企業志望である。


世の中、激しく変化しているのに、

日本の若者が、のほほんと、取り残されてしまっている、

そんな絵が、浮かんでくるんですが・・・。


若者よ、ハングリーであれ、

とはステーブ・ジョブズの言葉です。


何かと言えば、バッシングされる日本の団塊世代、

ハングリー精神は、

衰えていない、

という、今日の日経に記事、でした。





^O^








ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 働ける・・・。

 働けるうちは、健康なら社会との繋がりを保つ為にも働くのは良い事だと思います。
 今の若者はと一絡げには言えませんが満たされて育っているので本当にハングリーそのもので育った私からは理解できません。
 甥が2人フリーターをしていますが親がいるのでその件に関しては話は出来ませんがそう裕福な家庭でもないので収入は多いい方がいいと思うのですが・・・。自分の十年後の、未来の計画がないのでしょうか?希望がないみたいです。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる